TOP
PROFILE
MUSIC TUNE
BBS
LINK

2004年09月29日

授業にコピーライトがあるか

昨日の「パリ・ルーブル美術館の秘密」のレビューエントリに対して、パリノルール blogさん (フランスネタ満載!) からトラックバックをもらったんですが、ニコラ・フィリベール監督が手がけたドキュメンタリー映画「ぼくの好きな先生」に出演したロペス先生が「授業にも著作権がある」ということで200万ユーロを要求して訴訟を起こしていたそうです。
http://fr.news.yahoo.com/040927/202/42j9f.html
結局、裁判所で棄却されてしまったようです・・実は「ぼくの好きな先生」はまだ観てないんですが、ちょっと楽しみになってきました。
今日WOWOWで放送ですよん♪

Posted by GAMMARAY at 10:04 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月28日

パリ・ルーヴル美術館の秘密

パリ・ルーヴル美術館の秘密 所蔵品数約35万点。
館内すべてを見て廻るのにゆうに一週間はかかるといわれる世界最大のルーヴル美術館を裏側で支える1200人のスタッフ達を描いたドキュメンタリー映画。
物語というか映画自体は非常に淡々と進む為、ドキュメンタリー作品にあまり慣れていない人にとってはただ眠たいだけの映画。
ただニコラ・フィリベール(「ぼくの好きな先生」)監督は、この作品を実に温かみを持って撮影したように思えた、何が面白いのか?って聞かれたら返答が難しいのだが、村上龍の「13才のハローワーク」を読んで面白いと思えたなら、世の中にはこんな仕事をしてる人たちもいるんですよってことで。

パリ・ルーヴル美術館の秘密

Posted by GAMMARAY at 22:33 | Comments (0) | TrackBack

VB.NET 2004 World Tour

え〜っと仕事に忙殺されて2次募集のメールが来るまですっかりと忘れてたんやけど、10月15日に「VB.NET 2004 World Tour」が笹塚のMSさんとこで開催されるんだった。
このVB.NET 2004 World Tour っちゅうのはMS本社のVB.NETチームと色々と会って話が出来るっちゅうイベントなわけで、参加対象がINETAとMSMVP限定な分なかなか面白そうなんやけど、ただ10月中旬に18:30〜の開始時間に合わせて仕事を抜けるなんてことが可能だろうか・・
ちょっと締め切りギリギリまで様子を見てみるしかないかなぁ。
あ、ちなみに当然のごとく通訳の方がつくそうです(^^;

Posted by GAMMARAY at 22:20 | Comments (2) | TrackBack

あ! KEANE来日!

12. 16(木) ZEPP TOKYOでKEANEの来日ライブがあるらしい!
ま〜〜〜〜じ〜〜〜〜かよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
めちゃめちゃ行きてぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
アジカンの武道館ライブは玉砕したけど、KEANEならまだ取れる可能性は高い・・気がちょっとする。

え〜っと東京公演チケット一般発売日は10月23日(土)ね。
今度こそ、リベンジ!!

追記
冷静に見たら木曜だった・・確かにこれならチケットは取れそうやけど・・行けるのか・・

Posted by GAMMARAY at 13:08 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月27日

Aspectのさざ波到来

mixiで貴重な情報をGET!
.NET用のAOP実装でRapier-Loom.Net1.2ってやつなんですが、中西さんのWikiで解説があってうれしいです!! 
いやぁ〜ほんと毎度毎度恐れ入りますです > せんぱ〜い。

あとメモ代わりにkoidoさんとこのBLOGから言葉だけ書いとこ。
・core concern
業務ロジックで本来やらなければならないこと(機能要求)
・crosscutting concern
システム側からソフトウェアが実現しなければならないこと(非機能要求)

豆蔵のオンライントレーニングが生きてればねぇ・・

Posted by GAMMARAY at 22:44 | Comments (2) | TrackBack

FAVOLITE BLOG入れ替え

右メニューに一覧で表示されるFavolite Blog Linkを入れ替えました。
といっても週間木村剛を削って、MS最高技術責任者 古川さんのBLOGとWindows担当スタッフの方のBLOGが新しく始まったMSN Spacesで公開されてたので追加、CDの発売情報が欲しいのでHMV Musicも追加、後は時の人、livedoor社長 堀江さんのBLOGを追加したくらいですけどね。

んで問題はこのlivedoor社長のBLOG最近のエントリへのコメント総数がなんと1270!トラックバックが117件と凄い数!!
あきらかに荒らしな奴らの書き込みもあるけど、こういったWeb上でしか何も言わない連中はほっといて、中には正論やら、反論やら、熱烈な支持的意見もありなかなか読み応えがある・・とは言えず、俺の嫌いなどこぞの巨大掲示板化しちゃってる・・まぁ良くも悪くも影響がでかかったからなぁ、一連の騒動は。
読み応えという点では古川さんのBLOGにはちょっと期待!
まだ書く内容を模索してる段階なようですが、豪腕で知られた古川さんのBLOGは自分も大いに期待しています(^^)
Windowsな生活はちょっと様子見ってことで。

他になんか面白いBLOGとかあったら教えてくださいな。

Posted by GAMMARAY at 12:54 | Comments (5) | TrackBack

2004年09月26日

やりたいことと現実

昨日大学時代の友人と電話してた時に、ちょうどテレビでTBSを辞めてアメフトの選手になった元アナウンサーのことが紹介されてたのだが、友人が言うにはそのアメフト選手は年収が1/3になったらしい・・ほぉ〜これは思い切ったなぁ〜って俺が言ったら、その友人も
「俺ももし今からサッカー選手になれるなら、Jリーグじゃなくても、アマレベルでもええから選手になれるなら年収が半分でも、1/3でもええから絶対にやる!」
って息巻いていた。
まぁ奴は今でも週2でサッカーをやってるようなサッカー大好きっ子やから、強ちハッタリでもなさそうだなぁ〜っと思ったりもする。
そういえば以前奴が将来フットサルコートの運営をやってみたいと言ってて、なら実際にどれくらい資金が掛かるのだろうということになって新宿のヴァージン・メガストア3Fのインターネットカフェで試算したことがある、場所はまぁ都心は無理だが田舎だと客が来ない、ただ大学の近くってのが良いかもってことになった気がする。
コートは2面で更衣室とシャワー室と事務室が入ったクラブハウス、それから10台ほどが入る駐車場という条件で東京西部、埼玉、神奈川あたりで路線価を調べたところ・・詳細は覚えてないがかなり難しいということになった気がする。
まぁ大手チェーンのフランチャイズって案もあるんやけど、ランニングコストもなかなかバカにならないわけで、今のフットサルブームが沈静化した場合、経営が立ち行かないって結論。
土日はフットサル、平日はテニスって棲み分け案もでたような(^^;
なんか身も蓋もないんやけど、その時はWebから予約したりするシステムは俺が.NETを使って格安で作るという話になったことは覚えている(^^;
う〜ん、もう随分前やからあまり数字を覚えてないんやけど、どうせなら記録に残しておけばよかった。
ただある程度まとまった資金があれば、奴なら本当にやりかねないなぁ・・とは今でも思う。
そういえば同じく大学時代の友人で某大手TV局を辞めてユーラシア大陸巡りをやったバカもいたっけ・・
本当にやりたいことのためには、多少の犠牲も厭わないってのは全然ありだと俺なんかは思うけど、現実は想像以上に厳しいんだろうなぁ・・そのアメフト選手も今はサブメンバーであるらしい。

かくいう自分が子供の頃の夢はパイロットだったんやけど、んじゃ今からエンジニアを捨ててパイロットになろうとは全く思わないしなぁ、だってそもそもモノ作りって好きだしさ。
いやほんと.NETとの出会いは俺にとって転機だったなぁ、ほんと仕事だけじゃなくていろんな意味で。

Posted by GAMMARAY at 22:42 | Comments (0) | TrackBack

ジャバのふれーむわーくの話

個人的な備忘録も兼ねてジャバ・ザ・ハットのオープンソースなフレームワークを掲載。
○ プレゼンテーション層
1. リクエスト駆動型
・Struts
・WebWork
2.イベント駆動型
・Tapestry
・JSF

○ DBアクセス層
1.O/Rマッピング
・Hibernate
・Torque
・JDO
2.JDBSアクセス
・Spring JDBC
・iBATIS

○軽量コンテナ (プログラム実行基盤)
・PicoContainer
・Spring
・Merlin (Avalon)
・HiveMind

○AOPフレームワーク
・AspectWerkz
・JAC
・JBoss AOP
・Spring AOP

○多機能フレームワーク
・Spring
・Seasar

ここにWebLogicやらWebSphereやらが入るんでっしゃろ?
ってかみょうちくりんな横文字だらけだぁ〜

Posted by GAMMARAY at 13:09 | Comments (4) | TrackBack

一時退場 イングランドで導入か

スポーツナビの記事によると、イングランドサッカー協会はラグビーや(多分アイスホッケーも)で採用されているシンピン処分 (一時退場) ルールをサッカー界にも導入しようと動いているらしい。

サッカーでは、試合中の悪質な反則に対する処分は警告と退場の二つ。シンビンはその中間的な「第3の処分」で、選手は一定の時間が経過した後、ピッチに戻ることができる。
FAに提案したイングランドの下部リーグは最近、退場処分が頻発。処分を3段階に増やすことで、試合の興趣をそがないようにと導入が考えられたようだ。

たしかにマンマークや攻撃や守備の仕組みがくずれることで一時的には混乱する可能性があるとは思うが、これはなんとも言えない・・ひょっとしたらただの休憩タイムになるかもしれないし。
でもあまりやり過ぎるとサッカーなのに9人 vs 8人なんて構図になったりするのかな?
ただ審判の側から見れば最初のイエローは割りと容易くだせても2枚目を出すのは結構躊躇う人も多く、これはペナルティ内での反則も一発PKなので やはり流してしまうことが多い。
でも2回目のイエローの代わりにシンピンカードなら割と思い切って出せそうだし、これは悪くはないかもしれないなぁ。
ちょっと面白そうなので、どこかの大きな大会でやってるとこをみたいもんだ(^^)


Posted by GAMMARAY at 12:38 | Comments (0) | TrackBack

Webサイトの価値

ITMedia Surveyで国内企業のWebサイトの価値ランキングが掲載されていた。
これによると1位はトヨタで985億円、2位はマイクロソフトで935億円、以下全日空空輸(859億円)、デル(846億円)、日本航空システム(634億円)という結果。
マイクロソフトの価値は情報価値が362億円で250社中トップ、売上価値は567億円ということで、これだけではよく分からないが情報価値ってのはセキュリティ情報やMSDNが大きく貢献しているのだろうか。

俺は以前からWebサイトに力を入れない企業は信用しないようにしてる、それは社会的信用もそうだが、それ以上に将来性を感じない・・今の社会では人はまず企業の正面玄関よりも先にWebの玄関から入ってくるわけで、これを怠るようでは所詮その会社の程度は知れているということ。
まぁこれは個人サイトも同じなので、あまり偉そうなことは言えんけど(^^;

その点弊社のWebサイトはひどい・・というか既に1年以上更新が止まっている現状には見てて辟易してしまう・・しかも一応IT企業だろうがよ。

Posted by GAMMARAY at 12:14 | Comments (2) | TrackBack

2004年09月25日

ヴィレッジ

ヴィレッジ シャマラン作品はおもしろい。
作品自体の内容がっていうのではなくて、同じ映画でも解釈の仕方や見方によって評価が真っ二つにわかれるところがだ。
このヴィレッジもその例に漏れずサイン以上に評価が分かれる映画かもしれない、はっきり言ってホラー的な要素は稚拙なのだが、ラブストーリー的な要素としは普通、今となってはやや使い古された感のあるラストのどんでん返しは、まぁ疑問は多々あれど悪くはないという評価かな。
とりあえず映画のどこかでさりげなく監督自らがカメオ出演するって遊びは今作も、結構分かりやすいけどね(^^)
ただ次回作では見終わった後にもう一度振り返って楽しめるようなストーリーが観たいってのと、あと怪物ものをしばらく止めたほうが・・

Posted by GAMMARAY at 11:18 | Comments (0) | TrackBack

FIFA100周年記念写真展

 FIFA100周年記念写真展今週23日に六本木ヒルズに行ったんやけど、そこで偶然やってたのがFIFA100周年記念写真展 - ペレが選んだ119名のトッププレーヤー -!!
これサッカーファンは絶対に観に行くことをお薦め〜だってもう古今東西の名プレーヤー達がいつもと違ったスタイルで写真に映ってるんもんやから、もうあたしゃ大ハシャギよ! (^^)

まずは宇宙最強軍団から、
「きたぁ〜ジダンだぁ〜」
「でたぁ〜フィーゴだぁ〜」
「おっお〜オーウェンだぁ〜」
「らっら〜ラウルだぁ〜」
「ぬぉ〜ロベルト・カルロスだぁ〜」
「ほんでもって〜ベッカムだぁ〜!!!!」

次はとにかく異名がつくほど凄い人から、
「Mrフェアープレー! リネカー!」
「神様!ペレー!」
「爆撃機!ゲルト・ミュラー」
「将軍!プラティニ」
「皇帝!ベッケン・バウアー」
「白いペレ!ジーコ!」
「怪物!ロナウド」
「問題児!エリック・カントナ!」
「サッカーの申し子!ディエゴ・マラドーナ!!!!」
「イタリアの至宝!フランコ・バレージ!」
「稀代のドリブラー!ジョージ・ベスト!」
「芸術クライフターン!ヨハン・クライフ!」
「サー& キャノンシュート! ボビー・チャールトン!」

(こうなったら覚えてるだけ総まくり)
「ライカールト、フリット、アンリ、エウゼビオ、ロッシ、プトラゲーニョ、ロマーリオ、マテウス、ビエリ、テュラム、デサイー、オコチャ、リヴァウド、ファルカン、ソクラテス、カフー、ブッフォン、クレスポ、パティストゥータ、ロペス、ロナウジーニョ、バッジォ、デルピエロ、あっ!」
公式サイトに全選手一覧が載ってました(^^;

う〜ん、この一覧を見てるだけでなんだかワクワクするなぁ〜ハジもストイチコフもいたし、シェフチェンコにルイス・エンリケも、ルイ・コスタにあ、カーンもね。

あ、そうそう忘れちゃいけない日本が誇る中田英寿も大きな写真がありましたよ〜ん。
やっぱりかっこいいねぇ〜。

にしても六本木ヒルズって面白い企画やるなぁ〜オリンピックの時も世界記録を展示してたしさ〜定期的にチェックしとこっと、俺の知らないところで、
「激闘阪神タイガース50年の軌跡!」
とか
「ランディ・バース世界を語る!」
なんて企画されちゃたまったもんじゃないしさ(^^;

なんかまた観に行きたくなってきたなぁ・・

あ、なんかが足りないって思ってたら、そうだよ! ファン・バステンが入ってないやん!?
おいおい、これは異議ありじゃね〜かペレさんよぉ〜
んん? そういえばガスコインもいないし、カニーヒアも、シュケルはいるがボパンはいないし、こら!
キーンはいるのにギグスがいないじゃね〜か!
まぁイギータやチラベルトは・・同じGKならシューマッハとかもいないのね・・クリンスマンはまぁええか、ルーニーもいつかはここに入るくらいの選手になってくれよぉ〜(^^)

ってこんなの文句言ってたらキリね〜よな、しかも神様に向かって(^^;

Posted by GAMMARAY at 01:32 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月24日

長い一日

今日はほんとに長い一日だった・・今は書かないけど、またいつか長い一日のことを書こうと思ってます。

どうやら長い一日だったのはプロ野球も同じだったようで、労使交渉の結果、経営側が来期からの新規参入を認めたことで選手会と和解、今週末のストは全面回避となったらしい。
結果的には選手会とファンの声に経営側が折れた形になるのだろうが、本当に力の前に屈することなく意思を貫いた選手らには素直に賛辞を贈りたい。


Posted by GAMMARAY at 00:39 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月22日

近い未来の映画ニュ〜ス!

PREMIER11月号から、
日本でも大々的にオーディションを行なったことで注目された「Memoirs of Geisha」のヒロイン役にチャン・ツィイー、先輩芸者にミシェル・ヨー、意地悪な先輩役にコン・リーって、それなら日本でオーディションなんてすんじゃね〜よ! しかも芸者とか言いながら日本人じゃないし!!
といってもヒロイン さゆりが慕う社長役に渡辺謙、パトロン役に役所広司、ライバル役に工藤夕貴というこれまた強力な配役になる模様。
この作品は当初スピルバーグ監督がメガホンを取る予定で、その時はブロードウェイの日本人ダンサーを抜擢する予定だったらしいが、ロブ・マーシャル監督に代わってから、国際的な知名度で選ばれたとか。
まぁ工藤夕貴ってところがなるほどね (ヒマラヤ杉に降る雪等)

それから大作が2本
H・G・ウェルズの古典的な名作「宇宙戦争」がスピルバーグとトム・クルーズのコンビでリメイクってのは既に報じられてるけど、この度、ジョン・ウー監督 (フェイスオフ、MI2)、チョウ・ユンファ (グリーン・デスティニー) で中国の大河小説「三国志」から赤壁の戦いを映画化するプロジェクトが進んでいるらしい。
製作費は中国映画史上最高額の40億円ってんだから凄まじい映画になりそうだけど、そもそも赤壁の戦いとなると3国の内どちらからの視点で描くかで内容は大きく異なる。
まぁなんとなく蜀の孔明あたりになるんだろうけど、以外に呉の周愉あたりを描いてもらえると面白い作品になるかもしれない。
ちなみに赤壁の戦いが何か分からないって人は一から三国志を読みましょう(^^;

それからソフィア・コッポラは悲劇の王妃マリー・アントワネットを映画化。
アントワネット役ははヴァージン・スーサイズのカースティン・ダンストらしい。

あれ? キャメロン・ディアスが婚約だって(T T)

Posted by GAMMARAY at 23:24 | Comments (2) | TrackBack

american idiot

 American Idiot職場の近くの新星堂でフライング購入したのはGREEN DAYの新譜「american idiot」!!
前作「WARING」以来実に4年ぶりってんだから、ほんと今まで何やってたねん。

評判では今作を最高傑作と評する向きもあるが、自分としてはまだそこまでの評価を下せるかどうか分からない、確かにパンク史上初の9分間にも及ぶパンクオペラ(?)なんて賛否が出ることは必至だろうし、ややポップさが影を薄めてはいるが、今作の完成度は高い。
タイトル (アホなアメリカ人の意) からしてアルバム全編にやや政治的な内容もあるが、ノリだけは徹底してGREEN DAY節なのが奴ららしい(^^)

Posted by GAMMARAY at 22:28 | Comments (1) | TrackBack

「戦国自衛隊」復活!

戦国自衛隊とは自衛隊一個小隊が何の因果か突然川中島決戦前の戦国時代にタイムスリップし武田信玄と雌雄を決するという角川映画全盛期に封切られたはちゃめちゃ映画なのだが、このほど主演に江口洋介、原作に福井晴敏を迎えてリメイクされるとのこと。

ただ内容は前作とは大きく変わるようで、今度は織田信長あたりらしいです。
しかも自衛隊の全面協力の下、90式戦車、攻撃ヘリAH−1Sなどが登場。エキストラも3000人を超えるスケールとなり、制作費はなんと破格の15億円!!
韓国映画に影響されてか最近の日本大作映画にはかなりの予算がつくようになったらしい。

ちなみに情報ソースはココ

Posted by GAMMARAY at 10:16 | Comments (6) | TrackBack

ねずみとバットマン!

そういえば何故か今になって思い出した!
フットサルが終わって新宿へ飲みに行く電車の中で隣に座ってた幽霊ちゃんが、なんのきっかけかは忘れたがいきなり「USJってお客さん入ってないんでしょ?」、「USJなんてつまんないよ」なんてことをのたまっていた。

そこで大人な俺がふと質問してみた、
「君はミッキーマウスの映画か漫画かアニメを観たことがあるのか?」と俺
「ない」と幽霊ちゃん
「ならなんで日頃なんの興味も無いのに、いきなりあのニセ東京エリアに入った途端にミッキー、ミッキーと騒ぐねん?」とまだ冷静な俺
「それは違うんですよ〜」と幽霊君
「どう考えたってネズミがうろちょろするよりもバットマンやスパイダーマンが走り回ってる方がおもろいやんけ!」とキレてきた俺
「そ〜んなの観たくないよ〜」とあくまで抵抗する幽霊野郎
「ただカワイイだけならトラッキ〜の方が全然カワイイやんけ!」とやけくそな俺
「そんなのかわいくもなんともないよ〜」と貞子幽霊
「なんやと、この北の国から北海道の分際で!」とリミッター解除な俺
(ちなみに彼は北の国からの出身)

これ以上書くと長くなるのだが、だんだんこっちの話が苛烈になってきたので途中同じメンバーの宮、松、両氏も参加し京王線でバトルとあいなったわけ。
なんか周りの乗客がクスクスと笑ってたような気もするが、ここは関西の名誉に掛けて負けられないのである!
んで結局最後は「そんなにねずみが観たければ、おれっちのばぁちゃん家の屋根裏にでも行ってきたらええねん、平和そうなねずみの家族がちゃぶ台囲んで、呑気に昆布茶すすっとるわぁ〜がぉ〜!」
ってことで終わった気がする・・

そういえばUSJにはスヌーピーがいるらしいと宮氏が行ってたが、本当なのだろうか・・いずれにせよトラッキ〜が一番であることに変わりはない。

今にして思うとなんと不毛な話だろう・・大人がする話じゃないよなぁ・・

追記
今、職場で隣のKちゃんにこのことを話しててふと気づいた・・USJにバットマンはいない。
バットマンはワーナーだし、USJはユニバーサルだし・・はっはっは・・
まぁコウモリとネズミはいなくても、クモはいるわけだし、ちょいと西宮まで足を運べばトラもいるしね。
がおっ!

Posted by GAMMARAY at 00:00 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月21日

新世代UKロック

音楽サイトBARKSで「新世代UKロック特集」をやってたのでちょっとうれしくなって書いてみる。
なんかBustedが入ってないけど、確かに今のUKシーンを突っ走ってる連中勢ぞろいって感じでんな〜俺としてはBustedを除けばやはりKEANEがずば抜けてると思ってるんけど、まぁTHE MUSICも完成度は高いとは思うが、ファーストがちょっと合わなかった。
まぁあくまでここで紹介されてる奴らの中で選べばってことやけどね、そりゃCOLDPLAY、museなんかが入ってくれば話はガラッと変わるけどさ。
あ〜そっかTHE DARKNESSも入ってないね・・ってか俺としては別に90年代後半がら今に掛けて特にUKロックが低迷してたとも思わんのやけど、一応Embraceとかもいたんだしさぁ〜ってダメ?
まぁその前がド派手過ぎたってことですかね。

あ、そうだ!もうじきGREEN DAYの新譜だ!
ってことはSUM41もかってかなんだよこのジャケはよぉ〜!

あぁ〜!!
Oasis / Definitely Maybe - The DVDも出るんだぁ〜誰か俺に買ってくれぇ〜!!!

おっとGood Charlotteも忘れちゃダメね(^^)

Posted by GAMMARAY at 23:21 | Comments (0) | TrackBack

懐古なんてまだ早い!

夜中になると9chでJ-POP CAFEという通販チックな番組がやってるんやけど、要するに90年代にヒットした邦楽をベスト版で販売するらしいのだが、これがまた懐かしいんだなぁ〜。
今もZIGGYの「GLORIA」、渡辺美里の「MyRevolusion」、プリンセス・プリンセスの「Daimond」、「M」。classの「夏の日の1993」、レベッカの「フレンズ」、槙原の「どんなときも」、TMの「GetWild」、リンドバーグの「今すぐkissMe」、KANの「愛は勝つ」などなど、ひやぁ〜まさに青春ど真ん中だぁ〜(^^;
そうなんだよなぁ〜人って若い頃に音楽が好きだったとしても年をとるにつれて、もう新しい音楽を追い求めることをやめて懐古的になっちゃうんだよなぁ、アルバムを買うのも青春時代に聞いたアーティストの新譜を買っていくだけって感じ。

その点では俺はまったく昔と変わってない、毎月ロッキングオンとBURRNは欠かさずチェックしてるし、WebでもBARKSは貴重な情報源、HMVやタワレコで視聴買い、ジャケ買いは当たり前、常に新しいロック野郎を発掘すべくマイナーからメジャーまで聴きまくるって感じ。
例えばバステッドやMcFlyなんて音楽的にはモロティーン狙いなんだろうけど、良いものは聴くというスタンスなので俺にとってはまったく関係ない。
今のところは全く兆候がないけど、俺ももっと年を重ねればいずれ他の人たちと同じように懐古的になってしまうのだろうか・・なんかそれってつまんね〜なぁ〜・・

ふと思ったけど平松絵理の「部屋とYシャツと私」って曲、これって関西だと「部屋とカッターシャツと私」になる気がするんやけど・・大人になって東京に来てから気付いたよ(^^;

Posted by GAMMARAY at 00:40 | Comments (6) | TrackBack

2004年09月20日

3球に球界の気迫を見た

今日は今期神宮最後の虎試合を観るべく、千駄ヶ谷へ。
途中新宿紀伊国屋で「XMLスキーマ詳解」を購入、ちなみに今月買った書籍は全て経費購入なんやけど、大丈夫かな(^^;
んで駅でアライグマと合流し、いざ神宮へ!
今回はストの関係上事前購入しなかったので当日券売り場を探して彷徨ってたら、時の人 古田選手が球場入りする現場に遭遇!! 試合中も阪神サイドから大きな古田コールが巻き起こってたし、いやはやこの人に対してはもう球団の壁なんてないんだなぁ〜それだけの重荷を背負ってるわけか・・。

ちなみに場所は一応レフト側ではあるが、ヤクルトファンのアライグマがあまり中心に行きたくということだったのでファールゾーンの端っこへ、まぁ勝ち負けが大勢に影響する試合でもないので、今回はちょっと控えめに応援することにした。
試合は藪と高井の投げあいだが、とにかく凄かったのが9回表の2アウト満塁での五十嵐 vs 矢野の対決!
なんと五十嵐は矢野を相手に日本最速タイのMAX158kmを3連投!!!
これにはさすがに俺もド肝を抜かれた・・なんか五十嵐がどうのというよりも、今の球界をとりまくゴタゴタに対する怒りともとれる気迫の3球だった・・正直あんなボールを投げられたら矢野はおろか、どんな選手でも打てないのではないだろうか。
結果は3-4で負けてしまったが、実に見応えのある試合だったのだ。

俺自身はスト支持派だが、やっぱり選手は野球をやってる時が一番映えるとつくづく思ったわ。
がんばれ選手会!

Posted by GAMMARAY at 23:49 | Comments (0) | TrackBack

フットサル in 八幡山

昨日は久しぶりにフットサル! 八幡山は前の会社のチームで一度やったことがあるんやけど、駅から結構歩くのがちょっとなぁ、周りも何もないし(^^;
メンバーの知り合いのチームとの練習試合だったわけやけど、2ヶ月半もやってないチームと毎週欠かさずやってるチームとでは動きが全然違うんだよなぁ・・まぁ問題はこの定期的にやれるかどうかなんやけど、今まではずっとマネジメントを自分がやってきたんやけど、今後は他のメンバーにもやってもらうようにしたいのだが、なんか難しい感じ。
ならばマネジメントをやったメンバーはコート代を免除されるということにしようと思う。
これくらいの恩恵がないとやってられないだろうし。

終わった後は西新宿で飲み。
なんか雑多に色んな話が出て、最初は相変わらずどうでも良いようなバカ話だったのだが、最後の方は割りと小難しい話が出てたり、ちょっとこのメンバーでは珍しい展開。

まぁ来る人あれば去る人ありってことか・・

Posted by GAMMARAY at 10:45 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月19日

アイ、ロボット

アイ、ロボット 当初思ってたよりもスケールが大きくてちょっと意外だった、一見ウォーゲームやターミネーターと同じパターンなのだが、ベースラインが破壊か統制かという点が異なっており、そこが面白かった。
にしてもウィル・スミスってのは論理的な生真面目キャラと対峙すると彼のファンキーさが浮きだってよく映える、こういうノリを持ったキャラは結構好き。
ただ2030年代でここまで科学が進むというのはちょっと無理がある気がするけど・・

Posted by GAMMARAY at 11:06 | Comments (0) | TrackBack

ハイ・フェデリティ

ハイ・フェデリティ とにかくテンポが良い映画。
ジョン・キューザーックが恋愛のことでやや偏執的に悩んでるところへ、マシンガンのようなジャック・ブラックのツッコミがあったり、様々な女優達の本音がぶつけられたかと思うと、またジョン・キューザックがこちらに向かって本音を語る。
舞台となる中古レコード店の面々は徹底的に音楽オタクで、この3人のオタク知識を聞いてるだけで楽しいし、3人の性格バランスは音楽好きを満足させるには絶妙だ。
この映画は音楽好きでも映画好きでなくていいから、とにかく多くの男性諸氏に観てもらいたいと思う、とにかくまぁ観てよ(^^;

Posted by GAMMARAY at 10:53 | Comments (3) | TrackBack

2004年09月18日

これぞブロードウェイ! - バーン・ザ・フロア -

ホテル・ビーナス 昨晩はXMLスキーマ検証とハイ・フェデリティを観てた為、寝るのが遅かったのだが、今日はなんとか昼前に起床して有楽町へ。
「アイロボット」を観に日劇PLEXに行ったんやけど、ここの映画館はめっちゃきれいでんなぁ〜規模も結構大きいし、場所が有楽町だけに客層も良いと すっかり気に入ってしまった!
ここ最近はあまりおもろいって映画に行ってなかったので、アイロボットは当たりかな。
やっぱウィル・スミスはノリが好きだ(^^)

映画は4時くらいに終わったのだが、次の予定まで時間があるのでそのまま最近オープンしたらしい丸の内オアゾへ。
中は結構混んでたけど、基本は丸ビルと大して変わらないなぁって印象、ただ巨大な丸善書店が入ってるので個人的にはオアゾの方がポイントが高いかも、あたしゃ必要以上に巨大な本屋は結構好きなんだな、梅田の紀伊国屋とかね(^^;
その後は丸ビルでしばし休憩して、「バーン・ザ・フロア」を観るため、そのまま東京国際フォーラムAホールへ向かう。
ってかこのAホールってのとにかくでけぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!! 厚生年金も大きかったけど、ここは更にデカイ!アートスフィアが可愛く思えたよ。
ちょっと急にチケットを取ったので場所は2Fなんやけど、開演と同時に2Fにもダンサー達がやってきた時はびっくり! それからはもう怒涛のダンス・エボリューションの数々にただただ魅入ってしまった。
とにかくこれこそがブロードウェイ! もうアメリカン・グラフィティやウェストサイドストーリーがまんまそこにあったり、マジ本場のR&B、そしてとにかくゴージャスなダンスミックスと最後はスタンディングオベーションで大満足!!
惜しむらくは、このバーン・ザ・フロアについては1Fで観たかった・・ってのもダンサー達が結構頻繁に舞台から降りてくるので間近で観たらすごかっただろうなぁ〜って思ったり。
う〜ん、NANTAの時にも書いたけどやっぱブロードウェイは凄い! ほんとに凄い!
語彙が貧弱やけど「凄い」としか書けんわヽ(^o^)丿

その後はスペイン・バーへ。
今、有楽町の高架下って面白いことなってるんやねぇ〜こんな雰囲気の良い店が次々と建ってるなんて、普通高架下つったら赤提灯ってイメージだったのに、いやはや面白いことを考えるもんだ。

なんか最後は一体なんの祝いなんだかよく分からなくなったけど、とにかく楽しい一日だったのだ(^u^)

Posted by GAMMARAY at 11:59 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月16日

アンケート結果!

先週Tech・Edで行なったINETAイベントに対するアンケートの集計結果がINETA MLに送られてきました。
私も出演したアジャイルライブは10点満点中の7.14点と言う結果でなかなかの評価を頂いたと思っています、本当にありがとうございます m(_ _)m
そのアンケートにあったご意見・ご感想の内でちょっとうれしかったコメントを一部抜粋

○アジャイルと実際の開発とのギャップを埋める要素(ヒント)をいくつか頂けたような気がします。
○業務でこんな開発がしたいです・・・。ウォーターフォールはもう嫌です・・・。
○気楽な雰囲気でアジャイルの内容をうまく伝えてもらえたと思う。
○高度な内容をおもしろおかしく進めていて、リファクタリングやXPにより興味を持つことができました。
○終始いい雰囲気で楽しかったです。アジャイルに取り組んでいる人の素直な意見もとても貴重でした。
○知らないことばかりで、非常に勉強になった。TDD等、帰ってから、いろいろ覚えてみたいと思う。
○その場で実際にどんどんコーディングしていく様子が軽快だった。進行もうまく、面白かった。
○速い!!プログラミング、良かった。
○ペアプログラミングの説明のほう楽しめました。
○ペアプロの実態がかいま見えました。やってみたいです。
○目からウロコな開発を見せていただきました。
○リファクタリングの話,非常に興味深かったです。月曜日から、出来る部分から取り入れていきたいです。

本当はもっとあるんですが、全ては書ききれません。
ただ他にも、

○もう少しわかりやすく説明してほしかった。とても速くて、感動した。ゆっくり話してほしい。
○もう少し時間がほしかった。
○仕込みがちょっと・・・。

という意見もありここは真摯に受け止めようと思っています。

ここでぶっちゃけトークなんですが、今回のライブイベントで本当に一番勉強させてもらったのは実は自分自身だと思ってま〜す(^^)
書籍はタダでもらえなかったけど、そんもんよりも遥かに多くの事を学べましたしね。

さ〜てと次、次!

Posted by GAMMARAY at 20:58 | Comments (6) | TrackBack

技術書籍マスター本領発揮!

今月に入って購入した技術書籍
.NETでのテスト駆動開発
C#によるXP開発体験記
XML Webサービス構築ガイド
詳解Webサービス構築
プログラミングXML
VisualStudio2005完全解説 (タダ)

他にもオライリーのXML SchemaXMLスキーマ書法も購入する必要がありそうで、また本だらけの生活(^^;
あ〜そうだ、70-320の英語対策本も到着するんだった。
それから大学から調達した資料の印刷物もあるのか。

う〜ん、正直3連休は土曜以外は読書日に当てたいような気がしないでもないけど、日曜も月曜も予定が入ってるんだよなぁ〜まぁ今の内からてんぱっててもしょうがないんやけどね(^^;
それと今日Javaチームと打ち合わせがあったんやけど、10月中から11月末、又は12月中までは休みがない!という認識だけは強烈に共有できました・・まぁあまりにも新しいもの尽くしだからなぁ。

Posted by GAMMARAY at 19:06 | Comments (2) | TrackBack

2004年09月15日

落日の時

あのオグリキャップを輩出し、名手 安藤勝己を世に出した笠松競馬場が閉鎖されることになったそうです・・自分にとっては笠松と言えば世代的にはオグリキャップというよりはライデンリーダーの方が印象が強いんですが、既に競馬からも遠ざかっているとは言え、なんとも寂しい限りですね。

同じく落日と言えば我が阪神タイガースの自力Vはもちろん、自力Aクラスすら消滅したそうです・・開幕前の自分の試算ではもうとっくに優勝しているはずだったのに、なんともおかしいですねぇ。
まぁとりあえず一場選手獲得はお願いしますよ〜!
あ〜〜!!
そう言えばこういう過去のエントリを思い出した。
http://cityriver.main.jp/Diary/archives/000178.html
もうとっくに一場選手のことを諦めていたのだが、めぐり巡ってなんかウチに来てくれそうな感じなんやけど、ほんまにサインもらえるのか??
あとで連絡しとこ(^^)

それから楽天もプロ野球参入を検討ですか。
まぁオリックスも近鉄もやる気がないんなら、さっさとフレッシュな面々にその座を譲りなはれ。
もうあんたらの時代は終わったねん。
そういえばプロ野球チーム誘致に愛媛の松山市が動いてるらしいけど、これっておもろいんちゃう!
四国に初のプロチームを!

Posted by GAMMARAY at 21:42 | Comments (0) | TrackBack

モチベーションギャップ

先週の特別講義に対するエントリについて同じサテライト生のkotaさん、chiekoさんから意見をもらったんですが、既に諦めムードになっているのがちょっと残念ではありますが、自分としてもやや強く書き過ぎたかと反省もしています。
確かにINETAに参加してから多くの尊敬できる方々とお会いすることで、会社のエンジニアらとの意識のあまりの違いに会社の全てに対して失望とも怒りともとれない感情が芽生えていたのは確かで、幽霊氏らにも最近会社のことについて攻撃的だと言われたりしてました。
ただサテライト校がはじまるにあたって会社では無理でも大学ではもっとモチベーションの高い交流がもてるのではと過剰な期待をしていたのも事実で、現状のサテライト校の閉塞感が失望にかわってきつつあり、結局会社に対してと同じことをやろうとしてる自分がいたりします・・ただまだkotaさんやchiekoさんのような現状を憂いている友人がいるだけまだ救いはあると思ってますが。

ということでまずは個々が出来る範囲内で理想のやり方を追求し、離合集散でやっていくことが私が思う最良の打開策かと思ってます。
なので今後は何かを呼びかけたりはしませんが、自分がやってる経過は逐次アナウンスしていこうと思ってますので、そこで意識を同じくする人が現れた時は声を掛けてください。
是非一緒にやっていきましょう(^^)

Posted by GAMMARAY at 11:18 | Comments (9) | TrackBack

2004年09月13日

エンタープライズ・ライブラリの情報ソース

Tech・Edで参加した「アプリケーションブロックによるアプリケーション構築」セッションで存在を知ったエンタープライズ・ライブラリについて情報を集めるべく、色々と探してみたんやけど結局見つからなかったのでう〜んとしばし悩んだ結果、”聞かぬは一生の恥”ということでセッションスピーカーでもあるアーキテクトエバンジェリストの荒井さん宛にメールを出させて頂いたんですが、そのメールの返信を頂きました!!
メアド自体は初日のParty時に頂いた名刺から分かったんですが、突然のメールにもとても丁寧に返信して頂いてとても感激しました! 本当にありがとうございました m(_ _)m

そして情報ソースですが、
Coming soon: “Enterprise Library” (patterns & practices)
Enterprise Library: Workspace Home
EDRA(Enterprise Deployment Reference Architecture)
の3つなんですが、最後のソースはshadowfaxアプリケーションで使用されているフレームワークの情報が公開されています。

とにかくこの情報ソースをちょくちょく追跡して正式リリースに備えようと思っています。

Posted by GAMMARAY at 21:07 | Comments (2) | TrackBack

2004年09月12日

ホテル・ビーナス

ホテル・ビーナス こういう人生群像的なスタイリッシュ映画って下北や東中野の単館でひっそりとやってたりすることが多いけど、なかなかロードショー公開では受け入れられないことが多く、まぁ過去にもスワロウテイルとかあるにはあったけど、やはり数は少ない。
なので邦画シーンに刺激を与えるという意味ではこの映画がロードショー公開され、そして大くの人に見てもらった意義は大きいかもしれない。
映画自体は製作陣が悲しいんだけど、どこかカッコいい生き方ってのを目一杯盛り込みましたって感じで現実離れし過ぎてるというか狙いすぎてる気もするが、それでもこの作品が持ってる雰囲気は好き。
今後もこういう映画を撮り続けていって欲しいと思う。

ホテル・ビーナス

Posted by GAMMARAY at 16:20 | Comments (0) | TrackBack

MUSA -武士-

MUSA  -武士-  要するに某国の姫を武士達が命を掛けて守るってな内容ではあるが、どうせ話の内容がコテコテなのだからどうせならもっとカッコよくというか劇的な死に様ってのを強調して描いても良かったんじゃないかなぁ。
同種の映画で里見八犬伝があるけど、あれってなかなか見事な死にっぷりだったと思うんやけど、MUSAについてはどうも煎餅をほおばりながら「ありゃ死んじゃったねぇ」とか言って普通に昆布茶をすすっていられそうなくらいに間延びしちゃってます。
それからチャンツイイーが地味だ・・LOVERSやグリーンデスティニーの後だと尚更・・これって韓国映画なんやけど、ちょっと使いどころを間違えてませんか?

MUSA -武士-

Posted by GAMMARAY at 12:20 | Comments (0) | TrackBack

mixi に招待して頂きました!

アジャイルライブをご一緒させて頂いた福井さんからソーシャルネットワークのmixiに誘って頂きました。
私は以前paperboy&coが開始したキヌガサというSNSに登録してたんですが、どうもSNSの中でのお友達ごっこって言うか表面だけの仮想の友人関係ってのに生理的な嫌悪を感じてキヌガサでは一切の活動を止めてしまったという経緯があります。
どうもでダメなんですよねぇ、表面上だけの友人関係って。

ただ今回誘って頂いたmixiは全く別物でした。
いや、正確にはmixiがどうのじゃなくて誘っていただいたのが福井さんというとても尊敬できる方であったことや、既に登録されている方もINETAで親しくさせてもらっている方々で実に楽しいんですよね!
状況が変わると、このSNSというのも一種のサークル活動のような雰囲気でこういうのは大好きなんですよ(^^)
なるほどどうやら最初はSNSに対するアプローチの方法が間違っていたってことだったんだなぁ・・
なんかしっかりとINETAのコミュニティとか出来てるし(^^)/

Posted by GAMMARAY at 11:50 | Comments (12) | TrackBack

2004年09月11日

ようはブランドじゃないの?

特別講義が終わった後はそのまま新宿へ。
とりあえず70-320試験対策に「XML Webサービス構築ガイド」を購入! 一応領収書をもらっておいたのだが、一体ウチの会社はどこまでの書籍なら経費で買ってくれるのだろうとちょっと考えた。
まぁ利用できるものは精々利用するとしよう、利用されてばかりじゃバカをみるしね。
それからiPodを観たいというので、ビックカメラのiPodコーナーへ行ったのだが、どうやらminiなるバージョンは品切れ状態らしい・・一応なんでiPodやねん?って聞いたらデザイン的なものであるらしい・・まぁデザインに拘るってのは分かるんやけど、実際にそんな何千曲も持ち歩いて聞くことなんてあるのだろうか? 俺の場合はまぁアルバムが200枚以上あるので全曲合わせて3000曲近くあるけど、こんな奴は稀有なほうだと思うんやけどなぁ・・なぜにMP3プレーヤーじゃだめなんだ? これなら精々百曲程度やし、結構カワイイデザインのモデルも色々とあるのになぁ・・ようはブランドじゃないのけ?
ふむ、まぁあたしゃ特にAV機器にはこだわらないほうなので、特に何が売れてもあまり興味はないけどね(^^;

それから3時頃に別の友人と合流し、そのまま本日公開のバイオハザード2へ!
今作は頭から飛ばしてます! だんだん話がゾンビからバイオ人間に変わってきてるけど、まぁ単純に楽しめたっちゃ楽しめた気がしますね。
ただこのパターンを次も続けたらダメ映画決定やけど・・

バイオハザード アポカリプス

Posted by GAMMARAY at 21:09 | Comments (0) | TrackBack

モチベーションを維持し続けるということ

今日は朝の9時に四ツ谷で同僚と待ち合わせ、そのまま東京サテライト校オフィスへ。
なんか特別講義があるよ〜ってな感じで当BLOGで告知したら、是非参加したいとのことだったので大学に許可をとり一緒に参加することになったというわけ。
ここに来るのも久しぶりで、すっかり何階にオフィスがあったか忘れてましたわ(^^;

んで特別講義やけど、結論から言えば今回の特別講義は残念なものだった・・。
いやこの書き方だと誤解を生むんやけど、決して一戸先生や@IT藤村さんの講義がつまらなかったということでは決してなくて、先生が話された文系科目への取り組みについては来年に期待が持てる内容で、特に双方向という講義形式を強く意識されていたことから、これはとても楽しみである。
それからなんといっても藤村さんの講義は面白かったというのはもちろんあるが、それ以上に現実に直面した気分だった・・もちろん@ITの自分戦略研究所は自分も欠かさず見ている為、既知の内容もあったが、それでも直接ライブで話を聞くと結構衝撃を受けるものである・・。
実は藤村さんには質問が1つしか出来なかったんやけど、本当はメモ用紙に5,6個の質問を書いてました、ただ時間がもうなかったので この質問は次の機会にでも・・

ってそう、俺が残念だったのはこの次の機会ってこと。
ここだから書くけど、今日特別講義に参加していたサテライト生は一体何人いたんだよ?
仕事とかじゃしょ〜がないけど、こういう特別講義には ほんと頼むから参加してくれ、もしここで藤村さんに「この学校で講義しても何もない」って思われたらもう2度と貴重な特別講義とかやってもらえなくなるでしょうが・・今回は興味が無い内容でも、これが縁で次はその人にとってど真ん中の講義をして頂けるかもしれないってところまで考えて今回の特別講義を受け止めて欲しかったってのが一点。

それから一戸先生にせよ、藤村さんにせよ対話型の講義ってのを望んでおられたし、MLでも以前から双方向型ってのを望む声が多かったにも関わらず、両講義とも質問をしてたのだがほとんど俺だけだったってこと。
もうさぁ、いい加減周りにいるのもある程度見知った友人ばかりなんやから、日本人独特の引っ込み思案ってのをとっぱらおうよ、せめてこういう機会だけはさぁ。
ただ一方的に講義を受けるんじゃなくて、自分達で作っていく講義ってのを真剣に考えないとまた前期と同じだよこれじゃ・・
ほんとに教えて欲しいんやけど、一体このサテライト校に何を望んで、どうしたいんだよ?
ちょっとがっかりしたので今日はゼミ等の話をせずに同僚と飯を食いに帰っちゃいました。

ってな内容を昼飯を食べながら一緒に参加した同僚に話すと、誰もが俺のように高いモチベーションを維持し続けられないよってことを言われた・・なるほど、確かにそうかもしれない、まぁ平たく言えば押し付けるなってことなのかもしれないが、俺に言わせれば藤村さんの講義を聞いてそれでもまだ危機感を感じないってことが不思議でしょ〜がないんやけどなぁ・・あ、この同僚っちはなかなか考えてる一人だと思ってるぞい。
じゃないと朝早く学生でもないのに講義なんて受けに来ないよ(^^;

ふぅ〜いやはや難しいことですな。

Posted by GAMMARAY at 20:52 | Comments (8) | TrackBack

2004年09月10日

アジャイルライブ時の質問について

アジャイルライブ終盤の質問タイムにて上がった質問の中に
リファクタリングでコードを変えるということは、テストコードも修正しなくてはいけないのではないか?
テストファーストで書いたコードが間違っていたらどうするのか?
というものがあった。

.NETでのテスト駆動開発(TDD本)を読んでると著者は前者について明確な回答を書いている。

コードをリファクタリングする際には、テストが最新の状態であることを確認してください。
要件の変化に応じてテストを変更する必要がある場合は、それを先に行なってください。

如何なる状況にせよ優先すべきはテストコードであるということでしょうか。

後者についてはこれはテストコードに限ったことではなく、ウォータフォールにおいても詳細設計が間違っていたらどうするんだ?ってことにもなるわけで、その解としてコミュニケーションを重視するプラクティスがあるわけなんだよな。

ただこの詳細設計とテストケースとの関係については俺自身も悩むところが多くて、例えばテストケースを書いていけば、それがクラスの仕様 (インターフェイス) を表すことになり、メソッドの機能フローを表現していることにもなる。
ならば詳細設計なんてドキュメントレベルで書かなくても、テストコードで代用しちゃえば良いのか?ってことになると極端な気がするし、なんか不安もある・・
まぁこの辺については「C#によるXP開発体験記」に書いてありそうな予感なので、まずはそれを読んでからだな。

にしても今更書くのもなんやけど、開発プロセスってのも真剣に考えはじめると.NETのアーキテクチャうんぬんと同等か、それ以上に深いよなぁ・・

Posted by GAMMARAY at 21:41 | Comments (4) | TrackBack

とりあえずスト回避ではあるが

夕方のニュースで一斉に今週のスト回避が報じられてますねぇ。
昨日の試合でも阪神応援団から古田コールが起こったりと、とにかく選手、ファンが団結して本日の交渉に臨んだわけだが・・とにかく今週は暫定でってことらしい。
ただ来週の結果如何ではストライキ突入があり得るわけでまだ余談を許さない状況・・実は来週に今シーズン最後の阪神戦を観に神宮へ行こうかと思っていたのだが、この様子ではなんとも言えんなぁ。
とにかくギリギリまで待ってみるか。

Posted by GAMMARAY at 18:04 | Comments (0) | TrackBack

70-320対策をどうするか・・

今日はTech・Edはお休みすることにして、せっかくの平日夏休みなのでせめて一日くらいはのんびりしようと思ったり。
んで70-320試験 Developing XML Web Services and Server Components with Microsoft Visual C# .NET and the Microsoft .NET Frameworkについて色々と情報を集めてみたのだが、やはり問い合わせてもiStudyは320については対応していないらしく、当然日本語対策本は皆無 (まぁこれは.NET系資格は一冊もないんやけど) しかも出題範囲がXML WebService、.NET Remoting、Serviced Compornent と完全に分散システム系なのである。
Serviced Compornentは前々回のプロジェクトでかなりやったのである程度は知識があるが、WebServiceとRemotingは多少業務でやった程度だし、とてもじゃないが資格レベルにまでは達していない・・過去2つはiStudyで出題範囲をある程度予測してMSDNやら各種技術書籍で勉強し、最後は英語対策本を解いていくというパターンだったが、今回は傾向自体も全く読めないときた・・まぁまずはMS公式解説書のXML Webサービス構築ガイドを購入するしかないか、Remotingは唯一の書籍は既に買ってあるので後はdotNETマガジンを参考に、Serviced Compornentは・・完全にMSDN頼みだな。
こういっちゃなんやけど前2つの試験よりもこれはかなり難しいかもしれないなぁ(T T)
ただ最終的に目指すMCSD.NETはなんといっても70-300 Analyzing Requirements and Defining Microsoft .NET Solution Architecturesがある。
これの唯一の対策は・・patterns & practicesを隅々まで理解すること であるらしい・・まぁまだ先の話やけど年内にAAfN本が出るのは本当に心強いよ(^^)
さてと早速今日あたりから320へ向けて勉強をはじめるとしますか・・

Posted by GAMMARAY at 13:10 | Comments (0) | TrackBack

今後のタスクリストを整理してみる

さてさてここ数日で何気にやる事、やらなきゃいけない事が色々と出来た為にざっとまとめてみる。

・MCP315、316を取得できたので、次に320を取得しMCADを目指す。
既にAmazonに洋書を発注したので、近々にiStudyのライセンスを購入する
年内の取得を目指す。

と思って調べたらiStudyには320試験用のライセンスがない!
ってことは完全に洋書とMSDNでやるしかないのか・・(T T)
う〜ん、きついなぁ・・

・アジャイル本を読破する
とりあえずTDD本とXP体験記を読破する、この際XPJUGにも登録しよう。

・アーキテクチャ書籍を随時購入読破する
10月4日に.NETエンタープライズWebアプリケーション技術大全 vol4 セキュアアプリケーション設計編が発行され、その後にvol5 トランザクション設計編が発行される。
大体この時期に待望のApplication Architecture for .NET の翻訳本が出るのでこれも即購入。
ここ最近の.NET系書籍はレベルが高くて良書が多いので本当にうれしい限り(^^)

・エンタープライズライブラリの検証
ABよりもあらゆる意味で洗練されているオープンソースなコンポーネント集。
これはTech版でも特集を組んでやっていく予定です。
サンクス、PAGチーム!

・ゼミ研究対策
まずはCMS開発プロジェクトを起動させること。
J2EEアーキテクチャについて調査・基礎研究をはじめること。
これも早く取り掛かりたいね

・Techniqual Editionの更なる拡張・充実
XOOPSはとにかく更新が楽で便利。
この勢いで更なるレベルアップを目指す!
アクセス数も飛躍的に向上させる。

・VisualStudio2005、SQLServer2005、TeamSystemについて検証
β版ではあるがこれで全ての環境が揃ったことだし、そろそろ検証を始めないとね
とくにTeam Systemについては早期に検証を行なう。

まぁこんなもんですかね。

Posted by GAMMARAY at 10:16 | Comments (0) | TrackBack

行くぞ!アジャイルライブ!! 第三部

打ち上げの終了後、MS長崎さんの2次会やらカラオケやらの誘いをさらっと退け帰宅の途につく。
いや場所が横浜とかじゃなければカラオケはいくらでも朝まで行くんですが、さすがにちょっと疲れました(^^;
んでJRで品川まで出るかと、電車に乗り込む・・なんか普通電車みたいやから、なかなか着かないねぇ・・ほんと横浜なんてそんなに遠くないのに・・う〜ん、なんか眠くなってきた・・でも寝過ごして東京まで行くと大変だしね、しっかりと起きてないと・・むにゃむにゃ・・ん〜今町田かぁ・・町田・・あれ?

ま・ち・だ〜〜〜〜〜〜〜〜!!

ちょっと待て、この電車は・・がぁ〜JR横浜線だぁ〜!!
なんで同じ線路から別の電車が走っとるねん、方向が全然ちゃうやないけぇ〜しかも終点は八王子ときやがった、やばいってことで飛び降りたもののとりあえず小田急線に走る。
が、既に新宿行きは終わっており、もうやけくそじゃぁ〜ってな感じで乗った電車は経堂とかって仏壇屋みたいな駅で打ち止めとあいなる。

ん・・どこだここは? とりあえず電車の路線図を見たのだが、ふむ、要するに北に行けばJR中央線に出て、もうちょっと行けば青梅街道でんがなってことで「全ての道はローマに通ず」って感じで陽気に歩きだす。

ほどバカではない。

ど〜〜考えても物理的に有り得ない距離であることはなんとなく周りの雰囲気で分かった。
しかも俺は方向音痴だ、北に向かってるはずがまた横浜に向かってるなんてことは非常に有り得ることである・・ってことで素直にタクシーにのる。
途中タクシーの運ちゃんと色々と話したのだが、なんとそのおっちゃんは初乗りが100円の頃からタクシー業をやっているらしく、もうすぐ定年だとかで、色々と景気のことやら人生のことを話していた。
ちなみに俺はタクシーの運ちゃんと話すの嫌いではなく、何気に多くの人を見てきてるせいか、なかなか言葉に説得力があったりするのだ。
3800円程で無事到着! せっかく今日の打ち上げ代をMSさんがくれた共通飲食券で払ったのに結局タクシー代でふっとんでしまった、世の中うまく回ってるよほんと。

最後にBLOGを書いて寝るかと管理メニューを開いてみると・・あ!
今度特別講義をされる@ITの藤村さんからコメントが入ってるぅ〜!!
なんとも突然のことで驚いたんですが、特別講義楽しみにしています(^O^)

最近色々な方々と話しをさせて頂くことが多いんですが、何気に当BLOGサイトを色々な方に見て頂いているらしいということを知りました。
本当にありがとうございます、まぁだからと言って何かを意識してなんてことは有り得ないですけどね(^^)
巨人ファンが1000人見ていても、阪神絶対主義を変える気はない! それが俺流。

ひやぁ〜ほんと長い一日だった、今日はぐっすりと眠れることだろう(^^)

あ、最後にMCPのCongratulationsメールが来てました!
あ、担当から昼間連絡があり、プロジェクトが変わるそうです、隣のチームらしいですが。
あ、阪神負けてる・・

おしまい (となりのトトロ風)

Posted by GAMMARAY at 02:58 | Comments (2) | TrackBack

行くぞ!アジャイルライブ!! 第二部

アジャイルライブ 会場へ向かう途中にちらほらお客さんが並んでいるのが見えたが、人集まるかなぁ〜ってちと不安になりながら会場に入ってびっくり!何気にひろ〜〜〜い!!
しかもイベント設置の人達が所狭しと準備をやっていた為、なんか本格的だなぁ・・とちょっと焦る。
各自がそれぞれの準備に取り掛かったところで、緊張をほぐす為と ふるまい酒が配られたり(^^) ちなみに俺はというと別に強がりとかじゃなくて特に緊張はしなかった。
う〜ん、何気にこういった雰囲気を楽しんでたってのもあるんだろうけど、ガキの頃から生徒会やらなんやらで人前で話すのは多少は慣れてるってのもあるのかも、大学卒業後に入学した専門学校でも総代でスピーチしたし。
でもいざ会場がオープンになってお客さんが雪崩れ込んで来ると、ありゃ〜なんか俺とんでもないところにいるようなぁ〜って気持ちにはなったけどね(^^)
軽い自己紹介が終わった後はいよいよライブ開始! なんやかんや言ってもはじまっちまえば後は野となれ山となれである、準備段階で色々とネタを仕込んだりしていたんですが、いざやってみるとうまくいかないもんですねぇ〜俺の場合初めての経験ってのもあるし、個人的な反省は色々とあるんですが、イベントとしては大成功だったと思ってます(^^)/
何気に170くらいのお客さんが来たし、質問タイムでも4,5人の方からアジャイルについての質問が飛んできた (ちなみに質問者にサクラはいません)
ここで感じたのはどこの現場でも共通の問題を抱えており、なんとかしてその打開策を見つけたいってことでは同じだってこと、後は踏み出す勇気と周囲の理解だけなんだよなぁ・・。

おっとそうそうライブ後半から気付いたんですが、同じ東京サテライト校の学生でJavaDeveloperの編集者でもあるY田さんを壇上から発見!!
「あぁ〜Y田さん来てるやん!」って一瞬マイクで叫びそうになったのはここだけの秘密である(^^)
その後に企画リードの小井土さんとY田さんと俺でしばし喋っていたのだが、俺としてはとても不思議な組み合わせだと思った。
この続きは今週土曜の大学で(^^)

終わった後はどこのチームも安堵の表情って感じで、どこも上々の出来だったようだ。
ホテル会議室でのミーティングで全員が勢ぞろいしたけど、今回のイベントには多くの方々が関わっていたんだなぁ〜と思うとほんと感動した。
INETAは確実に進化しているという実感をもった瞬間でもあったな。

最後はランドマークの地下で打ち上げ!
いやいや酒も料理もうまかった! これぞ醍醐味って感じだすな(^0_0^)

あ、そうそう次のINETAミーティングは10月15日らしいが、今度はMSのVB.NET開発チームの面々がINETA Japanを訪問しに来るらしく、MSMVPらも交えてやるらしい。
当然通訳ありらしいが、俺もいくつか聞きたいネタがあるので楽しみしていよう。

だが話はこれで終わらない・・

Posted by GAMMARAY at 02:39 | Comments (2) | TrackBack

行くぞ!アジャイルライブ!! 第一部

今日は書くことがめちゃめちゃあります。

昼前にのほほんと起き出すと早速福井さんからTEL!
「まさか小井土さんが飛んだのかぁ〜」って思ったら打ち合わせの連絡でした(^^;ってことで今日はINETAイベント当日!気合だぁ〜の掛け声と共に家を発つ。
もう横浜なんて怖くないってくらいに普通に行けるようになり、パシフィコ横浜に到着後にすぐさまINETA控え室へ、最近は5Fで適当にいくつかのパンとお菓子、お茶又はコーヒーで昼食をとるようにしているのだが、どうせなら和菓子でもあると良いなぁ〜とか勝手なことを思ってました(^^;
何人かのメンバーらとしばらく話した後は今回最も楽しみにしてたアーキテクトエバンジェリスト荒井さんのセッション「アプリケーション ブロックを使ったアプリケーション構築」を聞きに行ったのだが、ここでとんでもないニュースを手に入れた!
なんとMSDNが公開しているApplication Architecture for .NETの日本語書籍が日経BPから発売になるらしい、おぉ〜さすが日経さん、かつて俺が新聞奨学生をやっただけのことはある!ってか日経新聞と日経BPは別物だ〜! なんてネタはどうでもよくて更に超ビッグニュース! なんと本家PAG (プラットフォーム・アーキテクチャ・ガイダンス) チームが各Application Blockをより洗練し拡張性を持たせ、ドキュメント、サンプルを充実させたエンタープライズライブラリの公開が年末から来年初頭に掛けて予定されているというではないか!これはABとバイナリレベルでの互換性はないが、アスペクト指向的なアプローチを取り入れているということで、とにかく正式リリース後即取り組むとしよう。
他にもShadowfaxアプリケーションについても説明があり、EDRAなるアーキテクチャについても触れておられたが、これはもう少し踏み込んだ話になりそうである。
ってかしまったなぁ・・なんで初日のPartyで荒井さんとこの話が出来なかったんじゃぁ〜(T T)
今度お会いすることがあったら色々と聞かせて頂こっと。

でもこのセッションは自分にとって得るものが本当に多かった、ただいきなりソースを見せてIdentityを作るだの、プリンシパルを作成するだのって話をしても会場にいる人のどれくらいがロールベースセキュリティについて理解されているのだろうとちょっと思ったけど、UIPABのデモのところは初めての人にはインパクトがあったかも、ただStrutsとか触ってないと意味が分からないかもしれんが(^^;

次の「N 階層アプリケーションにおけるステート管理」にも興味があったけど、やはり本番へ向けて準備をしておこうと思い、控え室に残る。
5:30過ぎにおいおいセッションが終了すると控え室に一斉に集まってくる、もうこの時間帯になると各チームに分かれて直前のミーティングチックなものが始まるのだが、なんか雰囲気が学園祭の出し物の順番を待つ舞台裏みたいで面白かった、俺こういうの大好き(^^;

んで、いよいよ会場に乗り込んだわけだが・・

Posted by GAMMARAY at 02:05 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月09日

ポーランド撃破! - Road To Germany -

昨日行なわれたW杯欧州予選でイングランドがアウェーでポーランドを撃破!
どうやら一点は自殺点での得点らしいが、もう一点は新加入のデフォーの得点らしい。
相変わらずスタメンってか代表にルーニーが入っていないのが気になるのだが、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍などでゴタゴタしてるし、怪我でもしてるのだろうか・・あとはオーウェンの得点が早く欲しいもんだ。

ちなみにオランダはチェコを2-0で破りEuroのリベンジを成し遂げた。
地味に応援しているギリシャはトルコとスコアレスドロー・・ほんとに上がってくるのかこのチームわ。
フランス、イタリア、ポルトガルはすこぶる順調のようですな。
次は10月9日に同胞ウェールズとの一戦。

Posted by GAMMARAY at 11:01 | Comments (2) | TrackBack

2004年09月08日

決戦! MCP連続受験!!

今日はMCP試験を2科目連続で受験すべく、昼頃に横浜へ。
だんだん横浜に行くのも慣れてきたんやけど、今日になって気付いた。
なんと会場内はコーヒもお菓子もパンも全て無料! おまけに自販機も無料で色んな飲み物が入ってるジュースボックスも取りたい放題ってんだからこりゃスゲェ〜(・o・)
んなことはどうでも良くて最初の試験は、
Developing and Implementing Web Applications with Microsoft Visual C# .NET and Microsoft Visual Studio .NET
要するにASP.NETの試験なわけやけど、さすがにこれは自信があった。
なにせASP.NETは業務でも散々やってるし、かなりテスト勉強もやったからねぇ〜ってことでいざ臨んでみると・・にゃ! iStudyよりもなんか難しいやん!? ってか一問あたりのボリュームが大きいので何気に躊躇ったがなんとか終わらせた。
その後はしばらくの休憩の後に、
Developing and Implementing Windows-based Applications with Microsoft Visual C# .NET and Microsoft Visual Studio .NET
の試験だったのだが、Windowsアプリは試験勉強が不十分だったので、1年前に散々試験対策で勉強した当時の知識をふり絞って160分の試験に臨む。
ふぅ〜ほんと疲れた・・やっぱり一日に2つの試験はしんどいよ、もう学生じゃないんだしさぁ〜ってそっか一応今学生なのか(^^;

それから物販コーナーに行って以前から楽しみにしてた以下の2冊
.NETでのテスト駆動開発 (3200円)
C#によるXP開発体験記 (3900円)
を経費で購入!
買った瞬間から早く読みたくてウズウズしてたり(^^)
最後に明日のアジャイルライブの最終打ち合わせを終えて帰宅。
まぁ一応明日が当日なんですが、俺はほんの少しコードを書くだけで後はサクラ役をやってまふ。
とにかくまともにスクラッチで書いていくような時間は全くないのでせめて喋ってやろうと思ってますよ。

さ〜てとサッカー観たら寝るかな、最近はイベントの資料読みと資格の勉強であまり寝てないもんで。
んではおやすみ〜。

・・・

ってことで終われないのがMCPなんだな。
この試験は結果が即座に表示されちゃうので、当然もう結果では出てるわけ。
んでどないやねん?ってことなんやけど。

まぁ3ヶ月も休暇をとって勉強した挙句落ちましたなんてことは有り得ないわけで、当然2科目とも合格っすぅ〜v(^_^)v
これで後は
Developing XML Web Services and Server Components with Microsoft Visual C# .NET and the Microsoft .NET Framework
を取得すれば晴れて上位資格のMCADになるのでもう一息だ、さっそくアマゾンで英語の対策本を取り寄せるとしよう。

ちなみに俺ってまだひとつもセッションを受けてないんやけど・・でも明日は今回もっとも興味のある、
アプリケーション ブロックを使ったアプリケーション構築
があるだけに楽しみである。
あら?スピーカーってアーキテクトエバンジェリストの荒井さんだったのかよぉ〜なんだよぉ〜昨日Partyで散々話したのにABのスピーカーとは知らなんだぁ〜なんとも不覚・・
N 階層アプリケーションにおけるステート管理
も楽しみにしてたセッション!
明日も最後まで忙しいのぉ〜。

Posted by GAMMARAY at 21:47 | Comments (6) | TrackBack

2004年09月07日

MVP/INETAJ Partyに出席!

今日はTech・Ed2004の初日ってことでいざ横浜へ。
とはいっても初日はラーニングデイなので特に出たいセッションはないってことで5時から始まるINETAJリーダーズミーティングに出席すべく会議センターへ行ったのだが、初日終了くらいの時間に行った為に、ただっぴろい受付フロアに俺一人・・しかもそこにいたMSスタッフの人が一斉に挨拶するもんだから正直焦った(^^;
そこでもらったバッグの中には色んなものがぎっしりと入っており、以下が一覧。

・WindowsServerのロゴ入り扇子 (なんでもMS製品かよ)
・TechEd2004 Tシャツ (これを着る程.NETに狂っちゃいない!)
・各種パンフレットやら冊子10種類以上 (ほんとに雑多だな)
・WindowsXP SP2 (タイムリー!)
・MOM2005 (こんなものや)
・SystemManagementServer2003 (そんなものよ)
・体験版CD (色々と)
・SQLserver2005β (出た!)
・VisualStudio2005完全解説 + VisualStudio2005β (あ、これ買おうと思ってたら付いてた!)
・セッション資料 (500Pの圧倒的大ボリューム)
・6000円分のお食事券 (年末まで有効! MSえらい!さすが金持ち!!)

それからミーティングでアジャイルライブについて色々と打ち合わせ、今日は他のチームも打ち合わせをやってたので賑やかだったなぁ。
んでヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル「パシフィック」でMVP/INETAJ Party!
MSの社長さんの挨拶の後にPartyが始まったのだが、今回はMSMVPとINETAJとMSの方々だけのPartyだったので本当に楽しかった! アジャイルについてあそこまで色んな人と話したのは始めてで、有意義過ぎる時間でしたよ。
ってかなんと中西さんが同じ姫路出身でしかも小学校も中学校も同じ! しかもあちらは公立では姫路で一番の進学校の出身でこちらはそのライバルの高校出身なんだから、もう大盛り上がり(^^)/
こんな横浜の地で同郷の士に会えるとは本当に不思議な縁ですね。

Tech・Edはまだはじまったばかり! あと3日色々とありそうである(^^)

あ、そう言えば今日は知る人ぞ知る伝説の古川氏が出席されてました。
やはり伝説なだけあって凄い貫禄だけど、MS恒例らしい5本締めはカッコイイね。
あれ頂き〜!

Posted by GAMMARAY at 23:08 | Comments (8) | TrackBack

「特別講義」開催のお知らせ

今週土曜に東京サテライト校オフィスにて以下の特別講義が開催されます。
当初は休学してる自分は参加できないんだろうなぁ〜って思ってたんですが、問題なく参加できるとのことなので、それならばと遠慮なく参加することになりました(^^)/
他にも興味のある友人、知人も参加して頂いて問題ないということですので、ご希望の方はコメントなりメールなりしてくださいまし。

う〜ん、こういう双方向の講義は大好きってか望むところである!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【特別講義】
「“テクニカル”だけでは通用しない! 転換期のIT技術に求められるスキルとは」

●はじめに
 東京サテライト校では、次年度より稚内本校の法律科目のうち、「知的財産法」
と「情報法論」の二科目が開講される予定です。また今年度から本校では「ITビ
ジネス特論」が設定されましたが、この科目についても次年度からのサテライト
校での開講が検討されています。
 今回の「特別講義」では、これらの科目展開の現在の構想と概要を説明すると
共に、IT業界の開発業務の中で現在問題となっているような、著作権等の法的問
題について、いくつかのケーススタディを行います。
 また、ゲスト講師として@ITの藤村厚夫さんをお招きし、転
換期のIT技術者に求められるスキルについて講演をしていただきます。

目的:東京サテライト校における「文系科目」の展開について、現在の予定を紹
介し、その目指すところを説明する。また、現在構想中の「文系科目」の内容に
ついて、在籍者との意見交換を行う。

●日時:9月11日(土)9時30分−12時
●場所:稚内北星学園大学東京サテライト校

●プログラム:

9:30-10:30
第一部:「WAKHOK-Tokyo Plus−ITエンジニアがに東京サテライトで学ぶべき
『プラスアルファ』−」
         稚内北星学園大学情報メディア学部 助教授 一戸信哉

10:30-11:30
第二部:「ITエンジニアに求められること――いま起きていること、これから起
きること」
          株式会社アットマーク・アイティ代表取締役 藤村厚夫

11:30-12:00
質疑応答、意見交換


●講義概要:
【第一部】:WAKHOK-Tokyo Plus−ITエンジニアがに東京サテライトで学ぶべき
「プラスアルファ」−
1. 東京サテライトの予定開講「文系」科目とその内容
2. 知的財産法と情報ネットワーク法−IT業界における課題
3.「ITビジネス特論」の意図するもの

【第二部】:ITエンジニアに求められること――いま起きていること、これから起きること
激変するITエンジニアを巡る状況。情報技術の進展、その方向、そして雇用環境。
いま起きている変化と、その将来の変動にどう備えるのか。
エンジニア向け専門サイト「@IT」からの視点で語ります。


●講師略歴:
一戸信哉 略歴
早稲田大学大学院修了後、財団法人国際通信経済研究所研究員として、諸外国情
報通信行政及び法制度の研究に従事。2000年より稚内北星学園大学に教員として
赴任。現在同大学情報メディア学部助教授。専門は情報ネットワーク法。著書に
『情報メディア論』(共著)、『インターネットの法務と税務』『サイバー法判
例解説』(分担執筆)などがある。

藤村厚夫 略歴
株式会社アスキーにて情報システム技術者向け専門誌「netPC」「アスキーNT」編集長を歴任。
その後、ロータス株式会社マーケティング本部本部長に就任。
同社ソフトウェア製品全般のマーケティング総責任者。
同社退社後、株式会社アットマーク・アイティ創立に従事。

Posted by GAMMARAY at 11:17 | Comments (9) | TrackBack

2004年09月06日

揺れる球界

本日選手会で11、12日にストライキを決行することが決まったそうです、一応8日のオーナー会議の結果待ちではありますが、実質GOサインでしょう。
これに対し横浜など球団側はスト決行時に損害賠償を選手会に求めるとの強行姿勢を示しているようで、一方の選手会側も無期限を主張する近鉄サイドとそれに反対する中日サイドというように決して一枚岩ではないようだ。
一方ライブドアは近日中に新球団の受け皿となるチームを発表すると表明し、正式に野球機構に参加申請をするとのこと。
まさに風雲急という感じやけど、ほんとにこのシナリオは最後はどこへ落ち着くのだろう・・

どうやらこの問題は色々な思惑があるようで、スト当日に主催試合を行なう球団にとっては特に大問題なわけで、ちょうどその日は阪神は主催側、要するに甲子園で巨人との対戦になるらしいが、当日の試合終了後に八木選手の引退セレモニーを予定していただけに球団側は懸命に自粛を呼びかけている・・正直こうなってくると何が正しくて何が悪いのか分からない・・。

訂正
11,12日は阪神は対横浜戦で主催も横浜のようです。
八木選手の引退セレモニーに影響するのは、ストが無期限で延長された場合の最終戦だそうです。
う〜ん、どこも混乱だ・・

Posted by GAMMARAY at 15:49 | Comments (3) | TrackBack

日本沈没も今や昔

なんか昨日は関西地方でデカイ地震が2回もあったらしいですねぇ。
震度5ということは強震レベルか、そりゃ揺れただろうし、恐かっただろうなぁ・・そもそも近畿地方ってのは地震があまり起こらないってことだったはずで、往年のパニック映画「日本沈没」でも近畿地方が海に沈んだのは最後の方だったと記憶している。
ちなみに知らない人の為に説明すると、この映画は日本が沈没するという研究結果を基に民族救済プロジェクトが発足し、全国民が世界中に移民するという内容の映画なのだが、評価については敢えて書かないことにする。
まったく今年は記録的猛暑だし、台風は何個も直撃するし、どこぞの山が噴火するし、球界は再編で揉めるし、ギリシャが優勝するし、オリンピックでメダルラッシュだし、色々と起こる年でんなぁ。

話はそれるが今後公開が予定されている邦画は妙に娯楽色が強い。
戦争末期の日本軍潜水艦を描いた「ローレライ」、これまた戦争末期の大和を描いた「男たちの大和」、ローレライと同じ福井晴敏 原作の「亡国のイージス」、現代の自衛隊が戦国時代にタイムスリップする「戦国自衛隊」、タローとジローは生きていたらしい「南極物語」などなど。
ここ最近は邦画と言えばJホラーか露骨に泣かせようとする押し付け感動映画とアニメの実写化くらいしかなかったのだが、ようやく娯楽系大作映画に予算がつくようになってきたらしい。
異端児 角川春樹も映画界に復帰することだし、まぁまた色々とやってくれることだろう(^^;

んでなんの話だ?

Posted by GAMMARAY at 12:41 | Comments (2) | TrackBack

2004年09月05日

最悪だなこれ・・

リディック 今日はSF大作リディックを観るべく新宿へ。
いつもの紀伊国屋で以前から買おうと思ってた「プログラマ主役型プロジェクトのススメ」を購入。
冷静に考えたら映画もオーケストラもあくまで主役は出演者であり、奏者なんだよね、ならなぜにソフト開発は立場が逆転しいるのか?ってこと。
そう言えばこのシリーズも「アホでマヌケなプログラミング」、「あなただけができることをやりなさい」に続いて3冊目か。
それから今年何故か絶好調の中日氏からDVDを3本貸してもらう!
「ハイフェディリティ」
「アバウトアボーイ」
「ロックストックアンドツースモーキングバレルズ」
上2本はまだ観たことがなく、特にハイ〜はずっと観たかった作品なので非常に楽しみだ。
どうやらジャックブラックが生で歌っているらしい。

それから肝心のリディックなのだが・・一体いつからだろう、SF映画が映像の主役でなくなったのは。
昔は中身はともかく迫力の映像、圧倒的なスケール、最新のCG映像と言えばSF映画の真骨頂だったのだが、フルCGの先駆けジュラシックパーク、マトリックスの画期的な映像マジック、群集シミュレーション技術の成熟によるスペクタクル系映画(ロードオブザリング等)の台頭によって、既にその地位は過去のものになってしまった。
だからこそリディックにはSF映画の復権という立場を少しは期待したのだが・・これはなんというか酷い内容だ・・全く評価に値しない映画ってのも久しぶりに観た。
俺は何もスターウォーズのような壮大なスペースオペラを期待したわけではなく、せめて砂の惑星又はスターファイター並の内容であれば良しと思っていたのだが、かつてソルジャーを観た時と同様の焦燥感すら感じる始末・・ほんとに観てて疲れたよ。

最後はニンニク料理の店で晩飯。
ここでもやはり巨人のセリーグ移籍の話や1リーグの話がでたが、なんとも難しい話だと実感。
まぁ来週もまたやるべ。

Posted by GAMMARAY at 20:44 | Comments (1) | TrackBack

Road To Germany

いよいよW杯ドイツ大会へ向けて欧州戦線の火蓋が切って落とされた!
イングランドはアウェーで地味に強豪なオーストリアと対戦!!
最初に2点を先制するも、追いつかれ結局2-2で引き分け発進ということになった。
この辺り結果だけしかまだ情報が入っていない為、詳細は分からないがとにかく現状のイングランドチームのスタメンを知りたい。
ちなみに欧州選手権覇者ギリシャはアルバニアに敗れるという波乱の幕開け・・このチームのシステムは本当に守勢に回った時じゃないと機能しないのだろうか?
ポルトガルはラトビアに2-0と快勝、ジダンが抜けたフランスはイスラエルとスコアレスドロー。

ちなみにおさらいだがイングランドは欧州予選 6組
イングランド
ポーランド
オーストリア
ウェールズ
北アイルランド
アゼルバイジャン

との死闘になる。
この内ウェールズと北アイルランドは同じグレートブリテンの同胞対決ということになる。
いや、この書き方は御幣があるかなぁ・・そもそもイギリスの正式名称は
「グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国」
なわけだしなぁ。
分かりにくければ日本の本州チームが四国チームと北海道チームを相手に闘うようなものである。
(ほんとかよ!)

Posted by GAMMARAY at 12:11 | Comments (4) | TrackBack

コメント数1000件なり〜!

え〜っと本日当サイトのコメント件数がジャスト1000件に到達しました〜!!
現状の総エントリ数が624件でコメントが1000件です。
まぁどうでも良い話題ではあるんですが、皆さまへの感謝を込めてエントリとして
残したいと思います。

今後ともツッコミ宜しくお願いします(^^)/

Posted by GAMMARAY at 11:57 | Comments (4) | TrackBack

ビジネスモデルか実装か

大学MLでゼミのテーマについてちらほら意見が出てきているのだが、こちらで進めようとしてるテーマについての質問があった。

Blog、Wikiの研究というのは、それをツールととらえた上で、
サービスを実現するにあたっての研究なのか、それとも
Blog、Wikiを新たな物として実装する研究なのか

要するにBLOGやWikiを使った新たなビジネスモデルの創出か、
あくまでJavaでCMSツールを開発することに主眼を置くのかって質問なわけ
だが、実際に聞かれるまで前者については全く考えてなかったなぁ・・
でもテーマとしては確かに前者は面白いかもしれないし、業界としても
これは非常にホット話題だと思う。
ただ自分としては、今回のプロジェクト発足の直接の動機がCMSの研究というのも
あるがやはりJ2EEアーキテクチャを学ぶ為の推進剤って意味付けが大きいため、
やはり後者を選択することになる。
となると将来的なゼミのテーマは
「.NETとJ2EEのアーキテクチャ考察」
ということになる可能性もある。
これもめちゃめちゃ面白そうだなぁ〜ってかこの方が俺らしいってかドットネッター
がわざわざオープンソースな大学で学ぶことの意義としては最適なような気がする。


Posted by GAMMARAY at 11:33 | Comments (5) | TrackBack

ヴァン・ヘルシング

ヴァン・ヘルシング この映画中身は大してないが、終始何かが暴れまくってるって感じ。
最近は同じヴァンパイアでも「アンダーワールド」や「ブレイド」など割とカッコイイ系が主流だった為、今作のような化け物じみたヴァンパイアってのも久しぶりかもしれない。
まぁ良くも悪くもハチャメチャCG映画ではあるが、どうも本質がアメコミ映画と同じなんだよな・・あとフランケンシュタインが割と良い奴で妙に好感を持ってしまった(^^;

ヴァン・ヘルシング

Posted by GAMMARAY at 02:13 | Comments (0) | TrackBack

終わるものがあれば、始まるものある

今日はヴァン・ヘルシングを観るべく渋谷へ。
だんだん渋谷の映画館も馴染んできたなぁ〜とか思いつついつものQ-FrontのB1洋楽コーナーへ。
「GreenDay、SUM41を絶対超える超新星登場!」ってコピーにつられて視聴したmy chemical romanceの「THREE CHEERS FOR SWEET REVENGE」やけど、ほぉ〜久しぶりの破壊的なエモーショナルロックって感じで、一発で気に入ったってことで即買い! ありゃ、今年のSUMMER SONIC 2004に出演してたんかぁ〜やっぱり今年は結構あたり年やったみたいやなぁ、う〜ん残念。

それから渋東シネタワーに行ったのだが、さすがに初日だけあって割りと混んでましたなぁ、ちなみに今はもう9月、スターウォーズ最終章の全米公開は5月、恐らく国内も同時期と思われることから、そろそろスポット的に予告が入る可能性があるってのは考え過ぎだろうか。
明らかに気が早いんやけど、EP1は7月公開で前年の11月には第一弾予告が公開されてたもんで。
20世紀FOXの後にLucas Filmのロゴが出たら・・いやそれよりもAVPの方が先だよなやっぱ。

その後は沖縄料理っぽい飲み屋へ。
泡盛がこんなによ〜さんあると目移りするよなぁ(^^;
実は今日は最後にハプニングが発生し、状況が分かるまで鷺ノ宮で待機、上り電車の終電に乗るかどうか迷ってたところで無事に解決との一報あり、微妙なタイミングだったけど本当に良かった、まぁ悪い方向に言ってもそれはそれで良かったような気が・・(^^;
って呑気なことを言ってられなくて、 実は今日は4年間見続けたSEX AND THE CITYのグランドフィナーレが12:00から放送されたのだが、家に到着した時はもうほとんどラストだった。
今日の一日のドラマは結局何があったのか分からなかったけど、でもキャリー、サマンサ、ミランダ、シャーロットらは本当に幸せそうだった、この彼女らの笑顔が最後に観れただけで本当に満足だ。
もう彼女達の姿が観られないのかと思うと本当に悲しい・・所詮ドラマの中でのことだってのは分かってるけど、でも今は本当に彼女達には幸せになってもらいと切に思った。

100日を過ぎてもひたすら庭に立ち続ける兵士・・彼に必要なのは一握りの勇気だけだ。
今日、彼女たちに少しだけその勇気をもらった気がする・・

さてと、SATCが終わると今度はフレンズのファイナルシーズンがはじまるわけか・・

Posted by GAMMARAY at 01:57 | Comments (2) | TrackBack

2004年09月04日

CMS開発プロジェクト Part1

そもそもCMSというのはContents Management Systemの略なのだが、要はMovableTypeやXOOPSのようにブラウザを介してWeb上でサイトを更新する為のシステムなわけだ。
現状こういったCMSはスクリプト言語が使われることが多い、MTはPerlだしtDiaryはRubyだっけ? XOOPSはPHPだ。 (見事に住み分けられてるところがなんとも)
ただ今回我々はそれをJavaでやろうとしてるのであるが、その意図はまずは大学の勉強ありき。
次は・・次は・・なんだろね? まぁJavaの知識なんて現状はその程度しかないのよ、お恥ずかしいことですが(^^;
んでJavaで設計する指針を探してたところ、良い教材が大学MLにあったので抜粋

第一。J2EEのWeb層と言われる、ServletやJSPの部分の設計は重要です。
基本的には、MVCモデルというスタイルを使うことが多いのですが、この場合には
JSPがViewに、ServletがControllerに、EJBがModelになることが多いです。
また、Controllerを一個にまとめるFront Controller
とよばれるやり方がスマートです。

第二。このあたりは、J2EEの「デザイン・パターン」といわれる、「模範解答」
を参考に
するのが正統的なアプローチです。
http://java.sun.com/blueprints/corej2eepatterns/Patterns/index.html
ただ、この「デザイン・パターン」を理解して使いこなすのは、骨が折れます。
Web層だけの設計だったら、「デザイン・パターン」にまで戻らなくても、今なら、
JSF(Java Server Faces)というフレームワークを使うのがおすすめです。
JSFについては、サテライトでのHands-onや安○先生の講義があるはずです。

第三。Web層とデータベースの中間に、EJBを置くのが、J2EEの大きな特徴の
一つです。ただ、これも使い方は簡単ではありません。EJBをどう使うか、
あるいはEJBを使わないで済ますかは、J2EEシステム設計の、ある意味では
もっとも重要な選択になります。そこはよく考えないといけません。

第四。EJBのほかにも、J2EEでは、JMSやWebサービスといった様々な技術の
利用が可能です。それらが必要なのか、必要ないのかの判断が必要です。

第五。EJBもJMSもWebサービスも使わないなら、J2EEではなく、単なる
webアプリケーションとしてシステムを再設計するのも一つの選択です。
ここでも、HibernateやSpringといった、フレームワークの利用が可能です。

第六。J2EEは、今度のJ2EE5.0で、大きく変わろうとしています。
開発期間を考えて、現在のJ2EE1,4ベースで開発するのが良いのか、
J2EE5.0への対応を考えるのかを決めなくてはなりません。
はっきりしているのは、J2EE5.0のほうが、かなり開発がしやすくなる
と言うことです。

ふむ・・.NETとは違って最初に考慮すべき事項が色々とあるみたいだねぇ。
ここは要求仕様をまず固めて、それから取捨選択ってパターンですな。
何気にJSFって興味ありやけど、無料で出きるのだろうか?

まぁまずはインフラ整備だな。
Wikiの立ち上げはお願いしてるので、後はメッセンジャーもいるか、今はオンラインメッセンジャーなるものもあるみたいだしね。
いずれにせよ年内はバタバタするやろなぁ。

Posted by GAMMARAY at 12:50 | Comments (2) | TrackBack

ニューオーリンズ・トライアル 陪審評決

ニューオーリンズ・トライアル ジョン・グリシャム原作でなんとも豪華なキャスト陣、話題性はあったのかもしれないが・・
法廷ものにハズレなしって言葉の通りまぁ悪い映画ではない、特に弁護士や検事ではなく陪審員コンサルタントという実にアメリカらしい職業にスポットを当てた点は新しさもあった。
ただジョン・キューザックが他の陪審員を誘導していく過程の作り込みがイマイチな感じがする・・この映画ではレイチェル・ワイズとジーン・ハックマンの駆け引きや、法廷闘争よりも如何に陪審員の心情を傾けさせるかってとこが一番の売りだと思ったのでちょっと残念ではある。

余談だが原告勝訴後の懲罰的賠償金の額は
ニューオーリンズ・トライアル(銃器メーカー) < レインメーカー(保険会社) < インサイダー(タバコ産業)
で桁がひとつずつ上がっていくのである。
もしインサイダーよりも高額な賠償金があるとしたら、アメリカ自体を訴えた場合かもしれない。

ニューオーリンズ・トライアル 陪審評決

Posted by GAMMARAY at 11:49 | Comments (0) | TrackBack

巨人が去った後のセリーグについて

何気にナベツネが発した巨人のパリーグ移籍発言はかなり衝撃的だった。
良くも悪くもセリーグというのは巨人を中心に回っているのは確かであり、まぁこれは球界自体がそうではあるがセリーグは特に影響が大きい。
ではもしその大きな柱を失った場合セリーグは一体どうなるのか? 阪神久万オーナーははっきりとパリーグへの移籍は困るとアナウンスしている、悔しいがこればっかりは皆同じ意見かもしれない。
それでもパリーグ移籍を強行された場合我ら阪神ファンにとっての影響はどうだろうか。

別に巨人がいようがいまいが球場へ足を運ぶことに変わりはないし、TV中継なんぞその気になればケーブルTVもあるし、関西には天下のサンテレビも存在する!
ただ確実に言えることは絶対的な敵を失うことによって、ある種の空虚感が生じることは間違いないだろう・・問題はこの空虚感が阪神ファンにどれだけの影響を及ぼすのかが全く読めないってことだ。
ちなみに俺一個人の意見を言わせてもらえば、別に巨人がいなくなったところで、それならば虎が巨人を凌ぐだけの実力と名声を得るだけだってな感じである。
別にこれは強がりではなく、俺はただ阪神を応援する動機が他の野球ファンとはちょっと違うだけだ。

ただ問題は他の球団だろうな・・名古屋地区で根強い人気を誇る中日はまだしも、他の広島、横浜、ヤクルトは恐らく持ち応えられないのではないだろうか。
ここいらが崩れればさすがにセリーグも崩壊せざる負えない。

選択肢は3つ。
1.なんとしてでも巨人を引き止める
2.それならいっそと1リーグへ移行する
3.残ったチームでセリーグを盛り上げる

1は誇りを捨て力の前に屈することになる
2はポリシーを曲げ威信を失うことになる
3.は全てを失う可能性がある

一番良いのは事なかれ主義で終わらせることであろうが、それで良いのだろうか・・

Posted by GAMMARAY at 00:34 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月03日

浪人街

毎月後半になると翌月のWOWOW番組表が届くのだが、今月に入ってようやく封を開けてみる。
おっ! 浪人街やりまんがなぁ〜!! えらいぞWOWOWっち(^^)/~
浪人街ってのは言うなれば舞台演劇なんやけど、正直に言うと地味に観に行きたかった舞台だったのだ。
ってのも何せピンポン以来すっかり惚れ込んでしまった中村獅童が喧嘩っぱやい浪人役、主題曲は坂本龍一、衣装デザインは「HERO」、「LOVERS」のワダエミ、そして30分以上に及ぶ迫力の殺陣シーンというなんとも豪華な一大娯楽活劇なのである!!
全45ステージは即日完売、当日券を求めて徹夜組まで出たってんだから、こりゃ凄いわ。

その浪人街がWOWOWでやるってんだからこりゃ観るっきゃない!
ビデオが完全にぶっ壊れて録画ができないので、こりゃもうブラウン管の前で観るっきゃない!
んで忘れないようにBLOGに書いておくことにしたのである。
え〜っと放送日は〜いつだっけかなぁ〜。

9月23日PM9:00

・・・

9/23でっか・・九月二十三日かぁ・・September TwentyThirdねぇ・・

んでWOWOWさん、早速ですか次回放送はいつでしょうか?

Posted by GAMMARAY at 23:49 | Comments (0) | TrackBack

サテライト生に提案

え〜っと俺が大学関連で何かを思い立った場合は、勝手に同士だと思ってるkota氏、oz氏にメールを出すようにしてるのだが、当サイトも見てくれてるだろうということで提案してみる。
以前2人に東京サテライト校のサイト (というよりは本校も交えてかな) をそろそろ作るかって提案をしたんやけど、どうせならJavaでCMSツールから作ってみるってのもおもろくない?
割と方々でJavaの勉強をするにあたってモチベーションが上がらないって意見を多く聞くんやけど (俺もか) これってトドノツマリが本を読んでるだけやからってことなんだよね。
やっぱり何かを作りながら勉強するってのが一番かと・・どうせゼミが始まれば研究テーマを求めて色々と作るわけだしさ。
そろそろ半年が経過したわけやし、ぼちぼち仕掛けてみるのもええんちゃうかなぁ〜ってちょっと下のエントリに触発されてみる(^^;

kotaどんから快諾のメールをもらったので、とりあえずは2人で色々とやってみることにしま〜す(^^)/

ってことでTech版の方に「CMSツール開発プロジェクト」というプライベートフォーラムを設置しました。
別にメンバーでなくても希望される方にはアクセス権限を付与しますよん♪

はてさて無事何かが出来上がりますかどうか(^^;
あとJava全般のアドバイザーも募集です!だってJava分かんないしぃ〜

ちなみに.NETって絡む余地・・ないよなぁやっぱ。

Posted by GAMMARAY at 13:16 | Comments (13) | TrackBack

何かを仕掛ける人たち

最近同じチームの別会社のエンジニアが転職を考えてるらしく、たまに転職サイトをみてるようなのだが、何気に言った 「なんかITベンチャーって胡散臭いよね」 って言葉にはちょっとハッとしてしまった。
ITベンチャーって当初は若い意欲家が時代を先取るインターネットを触媒にして起業するジャパニーズドリームの最たるものってイメージだったはずなのに、いつのまにやら胡散臭いってイメージに変わってきてしまったのだろうかと思うとちょっと悲しかった・・
だが何気に毎日楽しみに見てるスギヤマスタイルで、杉山校長がお会いする様々な人達が本当に魅力的に写る。
その辺の自己啓発セミナーやらに参加するよりもよっぽど得るものが多いと思える程だ。
(参加したことはないけどね)
既に歩みを止めてしまった人たちにとって、こういった常に前進し続ける人たちは眩しく映り、いつのまにか完全に目を閉じてしまったのだろうか。

September 01, 2004のエントリ 「今の日本人には、スピリットが無い」

自分にはこのスピリットが存在するのだろうか・・

Posted by GAMMARAY at 11:02 | Comments (3) | TrackBack

Tech版順調に拡張中

ちょっと前からサイト移行したTechniqual Editionですが、今のところ順調に拡張を続けております。
Tips系を充実させるべく日々更新をかけてますが、旧版とGAMMARAY備忘録、それから個人的にまとめてある資料などを追加していくとなるとまだまだ先は長いです。
あとしば〜らく更新が止まってた.NET Dictionaryについてもまた再開する予定で、今まではとにかく追加作業が面倒だったけど、これからはサクサク追加できそうな感じ。
オンサイトRSSリーダーも問題なく機能してるし、お薦め書籍も公開開始、INETAの加盟条件の都合上一応Forum機能も設置しました。
Forumについてはユーザ登録をしない限りみんなゲストとしての書き込みになるので不便ですが、まぁ匿名ユーザってことでなんでも自由に書いてください。
ちなみにForumでは、こことは違う感じでネタでも書いていく予定でいます(^^)

Posted by GAMMARAY at 10:18 | Comments (0) | TrackBack

急ぎVisual Studio 2005を導入

メールで送ってもらったアジャイルライブ用のサンプルコードを起動すべく急遽VisualStudio2005 Express β版 を導入! 一度インストールしたことはあったのだが、サイドバイサイドの言葉を信じてメインPCに入れたら従来のASP.NET Webアプリがデバッグできなくなった為にアンインストールした経緯があったので、今回はデュアルブートのWinXP側にインストール。
ソース自体はそれほどの規模でもないのでまぁ把握できるとは思うが、それはそうとこのVS2005っちゅうのはあらためて触ってみるとなかなか高機能にできてますなぁ〜すでにいろんな方のBLOG等で検証結果が報告されてますが、
・プロパティの自動生成
・インターフェイスの抽出
・スタブメソッドの自動生成
・try句、if文等の構文挿入機能
・例外メッセージ表示機能
・各種リファクタリング機能
・コードスニペッドマネージャ
あとこれはExpress版ですが、上位版にはMS BuildやらCassiniやらが付いてくるんですよねぇ〜後はTeam Systemか。
あ〜Expressにはモデリング機能もないのか〜やっぱ所詮は廉価版なりか(^^;
んでもTech・Ed参加者には真打ちVisualStuido2005βがもらえるんだよなぁ〜♪ ってDVDドライブがないけど・・

あっしの場合はMSの新製品よりもABやP&Pの方により関心がある為、ちょっと出遅れましたがまぁちょっとずつ触っていくなりです。
まだC#の新機能なんかも試してないしね。
「見たかJava1.5にEclipase3.0! これがC#2.0とVisualStudio2005だぁ〜!!」
って言えるくらいにはやっとかないと(^^;

Posted by GAMMARAY at 00:13 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月02日

ストリーミング会議ってやつ

今日はTech・Ed2004で行なわれるINETAイベントの打ち合わせが都内某所であったんやけど、とりあえず今回は運営の打ち合わせということで自分は直接は参加の要なしなんやけど、チャムさんが作ったCoIP Playerという音声ライブソフトを使って参加してみることにした。
メールの手順に従ってmsiを実行したところさくっとインストールは出来たのだが、どうも起動しようとするとJITデバッガに怒られる・・起動条件にはDirectX9.0bが必要らしいが、インストール時に自動的に入ったはずなんやけどなぁ〜ってことでちょっと巨大ではあるがDirectX9.0cのSDKをフルインストールしたら無事起動!
当初は音声が断片的だったけど次第にクリアになってこっちはチャットで参加してみる、と言ってもほとんどがチャチャ入れでしたけどね(^^;
でもなかなか面白かったなぁ〜これ、今後はINETAのメンバー全員に配って遠方のメンバーもミーティングに参加できるようにしたらええかも。

いや、ほんと、時代は進んでますな。

Posted by GAMMARAY at 21:32 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月01日

SPが色々と出ますよ〜

WindowsXP SP2日本語版が9月2日からオンライン提供されるようです。
Windows Updateサイトダウンロードセンターからダウンロード可能ですが、9月17日からはSP2を収録したCDを、全国主要PCショップや家電量販店の店頭で配布する。さらに10月1日からは、全国約2万5000局の郵便局の窓口にSP2収録CDを展示し、利用客が自由に持ち帰れるようにする。このCDには、初心者ユーザー向けにセキュリティ対策を解説した小冊子「パソコンの安全対策CD-ROM」が添付されるそうです。
凄い大型キャンペーンやな・・

それから.NET Framework 1.1 SP2も昨日から公開されてるみたいですね。
こちらもダウンロードセンターから。

おっと.NET Framework 1.0 SP3も公開です。
こちらもダウンロードセンターだす。

Posted by GAMMARAY at 22:47 | Comments (2) | TrackBack

今日は文房具屋さんへ

今日は仕事を5時過ぎで切り上げて飯田橋にある大塚商会さんの本社ビルへ出向く。
と言っても仕事ではなくて、Tech・Ed2004の打ち合わせの為に会議室を予約して頂いたので、そこで打ち合わせをすることになった次第。
本社ビルは結構大きくて中にはエスカレータもあり、こりゃ凄いなぁ〜と思ったのは散々道に迷った挙句の感想です・・飯田橋ってなんであんなに道路が色々と走っとるねん!
今日は大塚商会の福井さんとXPJUG小井土さん、それから自分の3人での打ち合わせだったのだが、せっかく小井土さんに叩き台をつくってもらったんですが、テストも兼ねてスクラッチで書いたら、1クラスで15分ほど掛かることが判明し、とてもじゃないけど全ては時間がないとの結論とあいなる。
テストファーストでテストクラスも書かないといけないので、何気に時間が掛かるのだ。
んでアプリの機能とスクラッチで書くコード量を大幅に削減し、まぁなんとかなりそうな感じになったところで本日は終了。
それでもギリギリのタイムスケジュールなんだよね・・大丈夫やろか(^^;

んで帰ってきてメールを確認するともうINETAのMLで色んなチームのメールが飛び交いまくってるなぁ〜こりゃある意味凄いわ(^^;
え?
明日は各イベントのリーダーだけであつまるミーティングがあるらしいんやけど、その模様をストリーミングでメンバーが見れるようにセッティングするとのこと!
ほぇ〜こりゃおもろいなぁ〜リモートでメンバーがミーティングに参加できるっちゅうことでっか!?
さすがは技術屋集団(^^)
え〜っと19:00開始か、それまでに帰ってきたいなぁ〜。

う〜ん、大忙しになってきた。

あ、そうそうタイトルの文房具屋さんってのは、昨日夜中話してた電話で大塚商会の名前を出したら「文房具屋さん?」って言ってたのが俺的に大爆笑だったのでちょっとネタでつかってみた(^^)
ちなみにここは年間売上が連結で3000億円以上ある大手SIerでおまっせ〜。

Posted by GAMMARAY at 22:34 | Comments (0) | TrackBack