TOP
PROFILE
MUSIC TUNE
BBS
LINK

2004年01月31日

.NET Forum公開開始

とりあえずXOOPSを使って.NET Forumサイトを仮公開。
今回はXOOPSの書籍があるので前回よりもずっと簡単に作成でき、テーマはいくつかある中から某窓帝国チックなテーマを選択!多分Winなエンジニアの方ならピンとくると思いますが、まぁM○DNって言えば分かるんじゃないですかね(^^; 他にもM○N、Y○HOO、コテコテ虎サイトチックなものやら色々あるので定期的に変更していきます。
ただタイトルロゴがちょっと弱いってかこればっかりはなぁ・・しょうがないのでPhotoShop6.0の入門書でも買って少しは使えるようにしようかと・・元CG屋のくせにフォトショップもまともに使えんとは情けなや(-"-) もう少し様子を見てから社内のエンジニア連中への告知と、技術版からリンクを貼る予定。
まぁこれがなんとかまわれば、会社への良いアピールってか改革派への援護射撃になると思うんやけどなぁ・・俺は基本的に上層部と直接やり合うよりはWebという力を存分に発揮していくというスタンスで

そう言えば今日のミーティングでTech版の更新内容をRSS配信するってことになってたなぁ・・
書式は簡単でもこれを手書きで定期的にやるとなると、継続できるかが心配、確かに更新内容だけMTに記述してRSSはMTに自動的にはかせるってのが一番現実的な解かな。
となるとGAMMARAY BLOGはそれだけの為に存続させるってのも手か。
そういえばここのサーバーってRubyも動くんだよなぁ・・自作かぁ・・

Posted by GAMMARAY at 23:51 | Comments (0) | TrackBack

いざ帝国へ

今日はINETAのリーダーズミーティング&新年会のために笹塚のマイクロソフト本社へ。
同じコミュニティの方と裏の社員通用口から1Fの大会議室へ、ここの建物って大体20数階くらいの大きなビルで中も立派なもんだった、中でも驚いたのが中の自販機では普通の缶ジュースが50円で買え、おまけにカップヌードルの自販機も(^^; それから2時間程INETAの活動報告や、今後の計画を話あった後はMSのマネージヤーの方がWebMatrixについての実演デモを。
この際社外秘の資料等も見せて頂いて、しっかりと秘密保持にサインしてきました(^^;

その後は近くのお店で新年会ってか親睦会! 自分のテーブルはXPJUG代表の方とSQLServerユーザーグループの方、それからMSのエバンジェリストの方やマネージャーの方々と同じになって、そりゃもう有意義極まりない時間を過ごさせて頂きました! XPJUGのKさんには考え方から色々と教わり、終始うなずきっぱなしで本当に感謝しております。 NUnit、リファクタリングの勉強会はなんとか参加させて頂きます! あとMSという会社は凄いですね。 だってコミュニティの集まりに対してMSの社員の方々が6,7人も休みの中参加されて、しかもコミュニティという存在にたいして非常に価値を見出してくださっており、全面的な協力の姿勢を示して頂いたり・・この会社のデベロッパー、コミュニティ重視路線ってのはマジですよ。
今までと結構この会社に対する見方が変わってきたし、飲み会費用も全額出してもらったし、そちらがそういう姿勢を崩さない限りは、.NETの為に (これはMSの為と同義ではない) 自分で出来る範囲で尽力していきますよ、それだけの価値は十分にあると、今日の集まりで決意を新たにしました。
それくらい本当に、近年まれにみる有意義な飲み会だったってこと。

ちきしょう〜(?).NETがんばるぞ〜!!。

Posted by GAMMARAY at 21:18 | Comments (3) | TrackBack

2004年01月30日

中国、レバノン、シカゴ、ニューヨーク、フランス、ハワイ

最近になって聞いた友人たちの行き先・・俺なんて本土を出たのは修学旅行の九州くらいのもんだ。
にしても俺という人間は旅行とかにあまり縁がないなぁ、別に嫌いでもないんやけど。
こうなったら将来は地球を飛び越えて宇宙に行ってやる!

行くと言えば明日はリーダーズミーティングと懇親会の為に笹塚のマイクロソフト本社へ乗り込む。
行くのも始めてなら、社屋内に入るのも当然初めて。
楽しみ〜(^o^)

楽しみ〜と言えば吉野牛に新メニュー、マーボ豆腐丼と豚丼が入ってたなぁ。
それを知らずに普通に牛丼を食べてしまったが、今度はそっちも挑戦してみよう。

挑戦と言えばトルコの貴公子イルハンがなんと神戸に入団するらしい。
奴の実力なら挑戦というわけでもないが、この後も大型補強を続けるのだろうか?

大型といえば・・やっぱ でかでかプリンはデカイ!

Posted by GAMMARAY at 21:09 | Comments (0) | TrackBack

XOOPSに変更

昼休み中に眺めてて思った、MTはやっぱ個人サイト向け、コミュニティのようなポータル系はやっぱXOOPSしかない! 一度導入したが途中で挫折も今度はマジだ、書籍もあるし。
土日でなんとか形に・・

上のメニューGAMMARAYの文字が変わったら、一般公開開始っつうことで(^^)

Posted by GAMMARAY at 12:52 | Comments (2) | TrackBack

SE/プログラマが「13歳」に夢を与えるには。

ITProのSE/プログラマは「13歳」に夢を与えない?を読んで思ったが、これは子供の見解というよりは村上龍氏引いては今の大人の意見なんだろうなぁ。
それなら実際にはどうか?と聞かれればなんとも怪しいと言わざる負えない。
ぶっちゃけて言うと自分としてもこの業界でのSE/PGってのは往々にしてつまらんとは思う、多くの会社ではミーティングやらドキュメントやらが氾濫しててちっともクリエイティブチックではなく、物作りへの感動が入り込む余地なんてありはしない・・全ての会社がそうではないとは思うが、それでも中にはEmbrace Changeの旗印の元、面白いことをやってる会社は少数ながらあるわけで、そういった会社の面白さはそれこそ他の業界と比べてもトップレベルだと思う、なにせ変革が異常に早い業界だから。
ウチの会社にしてもようやく後者の仲間入りをすべく芽が出始めている。
それでも今後は多くの障害があるだろうが、無事に大輪の花が咲けば、いつしか13歳の子供達の目にも魅力的に映ってくれるかもしれないねぇ(^^)

ついでに愚痴れば、ウチの会社なんて設立されてからも間もないし、社員の平均年齢も他と比べるとかなり若いんやから、職場に犬や猫を飼ってお客さんを出迎えるなんて遊びがあってもええと思うんやけどなぁ〜、これは極端にしてもようは仕事の中にも遊びは必要ということなんやけど。
俺が会社作ったらごっついことになりそうで、我ながら怖い(^^;

Posted by GAMMARAY at 12:30 | Comments (2) | TrackBack

2004年01月29日

ネットの覇者 Yahoo

さりげなくWBSを観てたら今日はヤフーの特集がやってたのだが、なんとこの会社、総売上高750億以上に対して、利益が400億もありその内の40%がネットオークションでの収入だとか・・
そういえば俺の周りでもヤフオクをやってる人間をちらほら見るようになってきたし、なんていうかもの凄い勢いやなココは。
株価の時価が1億を超えた時はただのバプルやったけど、今の勢いはほんものなんや。
とは言っても俺はもう数年Yahooには行ったことがないけど。
あ〜でもこの会社の雰囲気はええなぁ〜、こういう遊園地みたいな職場って俺の理想やわ(^.^)

Posted by GAMMARAY at 23:31 | Comments (0) | TrackBack

C#&VB.NET比較ガイド

CSharpAndVB.jpg

今日買ったのは「C#&VB.NET比較ガイド
最初この書籍を店頭で見かけた時はオライリーのネタかと思ったが、まさか買うことになろうとは思わなかった・・う〜ん、というのも現プロジェクトでVB.NETを使うようになって、コーディング標準をまとめてるとだんだん不安になってきたのよねぇ・・VB.NETの挙動が。
こうなってくるとなんかC#とVB.NETの構造体にしても本当にVB.NETは値型でボクシングされてるのか?とか当たり前のことまで不安になってきて(^^;
やっぱ動物印のオライリーはかゆ〜い所に手が届く、ええ出版社やで。

ちなみに開発標準にリファクタリング標準とか入れたらさすがに大きなお世話やろなぁ・・俺としては統一したリファクタリング法ってのはしっかりと記述してしかるべきだと思うんやけど、コードの最適化方法なんて個人差あるし、これって宗教戦争になりかねんし・・みんなマーチンファウラーを読んでくれないかなぁ〜、読まねぇだろうなぁ・・(-_-;)

Posted by GAMMARAY at 21:41 | Comments (0) | TrackBack

MT2.661にバージョンアップ!

この2.661ってのがこれまた(^^;
.NETならリビルド番号でっせってなんか2.66にバグがあったそうな。
そういえばここも一度やられたがコメント欄に書き込むSPAMが出回ってるらしいねぇ、2.66は主にそのSPAM対策とATOMフィード機能が追加されたってことらしいが、ずっと気になってた管理画面の日本語文字化けが修正されたのはうれしい!ってこれは日本語パッチのおかげか。
アップグレードはいつもながらMilano::Monologさんのところで。
本当にお世話になっております。
(些細なお礼の意味でトラックバックしておきま〜す)
しかしこのアップグレードもWindowsUpgradeのように簡単になると手間が省けるんやけど、それならMT使うなって話だよなぁ(^^;
いやいやMovableType万歳ですわ。

Posted by GAMMARAY at 21:26 | Comments (0) | TrackBack

Premiere4つ星GET! 最終章は常識を覆すかも・・

Premiere200403.jpg

今日やっとPremiereの3月号を買ってきたのだが、なんとロードオブザリング 王の帰還が評論家レビューで満点の4つ星をGETしていた! Premiereの4つ星は外さないだけに期待が高まる。
正直この映画は珍しい、何が珍しいかというと回を重ねる毎に内容が良くなっているからだ。
この点ではマトリックスもスターウォーズもエイリアンも、そしてゴッドファーザーですら3作目は良いとは言えない内容だった。
もし本当に今作が最高の形で幕を閉じるなら、ロードオブザリングは3部作としての完成度では映画至上でも最高かもしれない。
全上映時間3時間23分、最後の幻想絵巻がもう直ぐ幕を開ける。

Posted by GAMMARAY at 20:24 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月28日

映画系のネタは反応が良いなぁ

野武士旅団さん、トラックバックありがとうございます(^O^)
今まで4件のトラックバックがあったんですが、その内3件は映画ネタなのでやっぱり映画ネタは他の方々の反応が良いですね、まぁ更新のタイミングにもよるんでしょうが。
あとやっぱり画像貼ると見栄えが良いなぁ〜、ちょっと考えるか。

社内コミュニティサイトは一応MTでこのページと同じデザインで仮作成完了。
んでもってコンテンツをどうするか・・実用的にしないとあかんしのぉ。
リンクとBBSは直ぐに思いつくが、それ以外は・・あ、会社へのリンクもいるんか。
まっもうちょっと考えよう

MTのバージョンが2.6.6.1になってたけど、今度標準でATOMフィードに対応したみたいね。
まだまだRSS系が勉強不足な為、ATOMフィードが従来のRSSと何が違うのかよく分からんが、タグが増えた分情報量がどうのこうのというのはさらっと読んだ。
ってか誰かこの辺の技術をまとめて辞書にでもして・・・俺にふらないでよ(^^;

Posted by GAMMARAY at 22:30 | Comments (0) | TrackBack

今気づいたけど

昨日のTech版のカウント数がジャスト100カウントになってる!ちょうど100ってところが、誰か更新ボタンを押してくれたのだろうか(^^)

最近は仕事でもほとんど手を動かしていない。
と言ってももちろん仕事をしているのだが、開発基準というある種の開発をする上での統一的なガイドラインをまとめなければならず、その為MSDNのあらゆるガイドラインを熟読しているのである。
傍から見てる人は俺がずっとWebを観てるので怪訝に思ってるかもしれないが、とにかく膨大な量の資料に目を通さねばならず、しかも家に帰ってからも同様の資料を見続けてるのである。
まぁお陰でTech版のネタには事欠かんけど(^^)

ケン・ワタナベがアカデミー賞助演男優賞にノミネートか!
いよいよ来たかって感じ、ゴールデングローブ賞も確かに凄い賞だが、やはりアカデミーは格が違うし結果が非常に楽しみだ。
とはいっても残念なことにアカデミー賞はこと演技部門についてはまだまだ門戸を完全に開放しているとは言い難い面も確かにあるが、最後に日本のサムライここにあり!と言わしめてやってもらいたい。
と、なんと外国部門賞に今度はたそがれ清兵衛かよ!
いやぁ〜きたね〜。
去年だったかは短編、長編ともに日本のアニメ映画がノミネートされたりしたが、今年は本家の映画の方からのノミネートだけにこっちも楽しみである。
「がんばれ日本映画陣!!」

Posted by GAMMARAY at 20:56 | Comments (0) | TrackBack

BLOG統合のお知らせ

以前から平行して運営していたBLOGの内、GAMMARAY BLOGの方を吸収し本BLOGと統合することにしました。
当初は技術情報はあっちでネタはこっちと住み分ける予定でしたが、別にこっちで技術ネタを書いても問題ないだろうと判断した結果です、あとMTのメンテナンスにしても2つ同時にやるのが面倒だし・・
ただそれとは別に社内の.NETプロジェクトが増えてきたこともあり、社内の.NETエンジニア向けにコミュニティサイトを作ることにもなった。
(某Mさんに、話したら超おおノリだったのでとんとん拍子に決まった次第)

とは言っても会社のサーバーを借りるのは手続きやメンテが面倒なのでGAMMARAY BLOGが置いてあった方のサーバー上に設置する予定です。
特に認証等はしないので基本的に誰でも見れるようにはする予定ですが、今回は社内でのアーカイブ的な位置づけもある為、検索とDBでの管理機能は欲しい、となるとやっぱりMTで作った方が俺も慣れてるし楽な気もする。
とにかくトップ画面をMTで作って情報発信に使い、掲示板機能はフリーのCGIかなぁ。
う〜ん、どうすっかなぁ

Posted by GAMMARAY at 13:01 | Comments (7) | TrackBack

2004年01月27日

友達にするなら松井かな

火曜日はプロジェクトXとガイアの夜明けが放送されるので、なるべく早く帰りたい日だったりする。
こういった番組に興味がない人にとってはなんとも堅い番組に見えるかもしれないが、俺から言わせればこれほど夢のある番組は他にないでしょとか思うけどね。
かと思ったらなんとTBSでイチローと松井が対談する番組が9時からやってるではないか!う〜ん、今日はこっちにしようということで放送を観ていたのだが、松井はそのまんまの割と良い奴タイプだが、イチローはとにかく理屈っぽい・・どちらも偉大な選手だが、やっぱ友達にするなら気楽そうなゴジラの方が良いかもって思ったな(^^) でもイチローの理屈はいちいち的を得てるだけにやっぱイチローも良い!とは言ったところで友達になることなんてまずないのだが・・

おっと!書き忘れた。
火曜日ははねるのトビラもあるから、やっぱ良い!(^^)!

Posted by GAMMARAY at 22:09 | Comments (2) | TrackBack

さ〜てまたいつもの通り虎CDを・・

ってこらぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!
昨日までよ〜さんあったのに、今日買いに行ったら1個しかないやないかぁぁ〜!!
誰じゃぁ〜大人買いした奴はぁぁぁ〜!!!
渇ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっつ!!!!!!!!!!!
そこの大人買いした君!そんなことまでして金色(こんじき)のプラチナなディスクをGETして本当にうれしいのか?、それでは今年金に物を言わせて選手をかき集めた某成金球団と何も変わらないと何故に気づかぬ?恥を知れ、恥を!

ちなみに今日は7月19日の対広島戦 桧山12号ソロで4連勝! M45が入ってたのである。

Posted by GAMMARAY at 20:52 | Comments (2) | TrackBack

Xen続報

朝一でXenについての情報がITProに流れてから 方々の.NET系BLOGで騒がれてるので自分なりに情報収集にあたってみたところ、どうやらXenはネイティブレベルでSQL、XML対応ということらしい。
どういうことかと言うと例えばクラス定義をXML形式で記述できるとか。配列からある条件に合致する値を取り出したい場合にSELECT 〜 WHERE句のような構文を記述し取得できるなどということらしいが、プログラミング経験のある人は想像してみて欲しい、ソースの中にいきなり
<class>
<name>TestClass</name>
<method>
<name>TestFunc</name>
</method>
</class>
なんて構文が記述されるかもしれない。
一見すると周りくどいやり方に見えると思うが、例えばYukonは完全にXML対応になる、つまりXMLフォーマットをそのままDBに格納できるようになるわけだが、ということはXenで上記のようなクラスを定義した場合、そっくりそのままクラス定義からフィールド値 (メンバー変数と同義) までをDBにシリアライズできるようになるかもしれないと・・こうなるとXen言語がSQLについても言語対応するという意味が分かってくると思う。
まぁとりあえず早期に登場するというものでもないらしい (あくまでMS Researchの研究段階) のでとりあえずはXAML言語に注力できるが、慌しい一日だった(^^;

Posted by GAMMARAY at 20:31 | Comments (2) | TrackBack

新プログラミング言語Xen

以前X#と呼ばれていたXML処理を強化した新言語があるという情報はつかんではいたが、ITProの記事によると、なんとC#のスーパセット言語になるとのこと。
となると文法自体はC#を踏襲しつつ、XMLとSQLServer (っていうかT-SQL処理の強化かな) を強化したC#のスーパーセット言語が新たに加わると・・ちょっと待て、どうやって住み分けるんや?
記事にはC#の後継バージョンとあるがってことは今年夏に投入されるC#1.2の次がXen? それともLonghornあたりと言われてるC#2.0の次? それとも並立して投入するのか?
機能的には次期SQLServer "Yukon"への布石だってのは分かるけど、その手の情報をYukonサイドから聞いたことがないだけにMSが何を目論んでいるのかいまいち分からん。
そもそも今後俺のような.NETエンジニアはLonghornの投入までにXAML言語というデザイン定義をXML形式で行う新言語へも対応せなあかんっちゅうのに、今度はXen言語かよ。
そういえばF#言語なるものも開発してることは既に報じられてるし・・俺らをパンクさせる気がMSさんよぉ〜、あ、そっかこの辺を今週のリーダーズミーティングで聞いてこよっと! MSのエバンジェリストさん達も来ることやしちょうどええわ(^^)

ほんとは技術系BLOGに書こうと思ったけど、料金支払いを忘れて一時閉鎖させられてるみたい(^^;

Posted by GAMMARAY at 12:41 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月26日

人生は、時々晴れ

このタイトル良いでしょ?この映画を観終わった時にこのタイトルがめちゃめちゃ好きになった。
人生、いっつも快晴じゃぁ逆に本当に何が幸せなのかってことに盲目になっちゃうんだろうなぁ・・ここに出てくる3つの家族、人生は概ね曇り、雨じゃなく曇り、でも時々は晴れ、しかもとびっきりの快晴!
ならどっちが良い?いつも曇り時々晴れと、時々とびっきりの快晴!でも後は曇り、雨ではないけど。
なんかややこしいかな(^^;
でもこの映画を観れば少しは空を見上げて歩きたくなると思うけどね。

にしても、これまたフランスからとんでもない名作が届いたもんだわ(^^)

人生は、時々晴れ

Posted by GAMMARAY at 23:16 | Comments (1) | TrackBack

復活!

今日はほとんど咳が出ず、せいぜい帰りに食べたチャーハンにむせったくらいだった。
かつて日経新聞荻窪専売所時代に壊滅的に猛威を奮った通称"石毛ショック"にすらびくともしなかった体である、この程度の木っ端風邪ごときでぶっ倒れる程ヤワではないのである!
ちなみに知らない人の為に解説しておくと、この"石毛ショック"とはいつもぼぉ〜〜〜〜〜〜〜っとしてる同じ新聞奨学生の石毛君が発端となり、その後 専売所中のありとあらゆる人間に次々と感染し一時騒然?となった事件のことである。
ちなみに石毛ショックがおさまった後に、俺が誰かに誇らしく 「俺は無事やったで〜ごっついやろぉ?」って言ったら石毛君は 「昔から馬鹿は風邪ひかんって言うでしょ〜」ってなことを平然と言ってのけたので、猪木の十八番でしめてやったことは言うまでもない、なぜか隣にいた秋田人に名物"荻窪タワー"をやられて悲鳴を上げていたが、いつみてもあの光景は美しい・・

あれ?なんの話やったっけかな。

Posted by GAMMARAY at 20:54 | Comments (0) | TrackBack

競馬界には奇跡が存在する

聞いたところによると高知競馬で現在102戦102敗のハルウララに武豊騎手が騎乗するらしい。
正直に言うと武騎手が騎乗したから勝てる!というほど競馬は甘くない・・武騎手自身も言ってるように実際のレースで騎手の力が影響する割合は2割もないと言われている。
102敗もする馬でしかも今の年齢 (7歳) では、ウララの能力値自体が他の馬と比べて大きく劣っていると言わざる負えないのである・・と現実論を一応書いてみたが、そりゃ勝って欲しいよ。
今日の飲みの席でも語ったがサラブレッドは年間1万頭以上生まれて、実際に競走馬となるのはその内の3割程度・・それだけでも熾烈な生存競争だが、そこで勝ち上がるのは更に過酷な現実が待っている・・競走馬は生まれる前から勝つ事を宿命付けられ、この世に生産される。
よく宗教チックな話になると、人の生まれた意味なんてことを問う人がいるが、その点では競争馬は明快極まりなく、それ以上の価値は存在しない。
冷たい言い方だが、これは紛れもない現実である。

だからこそ勝って欲しい・・この一勝の価値は阪神と言えどもそれを上回ることは出来ないだろう。
なにせこの一勝が競争馬達の命を左右するのだから。
とにかく今は武騎手の手綱さばきと、競馬という世界が時折見せる気紛れな奇跡に期待したい。
がんばれハルウララ!!

PS おっと父馬はニッポーテイオーかぁ〜渋いなぁこの血統は(^^;

Posted by GAMMARAY at 00:58 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月25日

フットサル in 神宮

今日は久しぶりの神宮外苑旧コートでフットサル試合。
いつも誘って頂いてるチームと、前の会社のチーム (FCあけボ〜ニョ)、それからFCトラッキ〜の3チームでの対戦なのだが、問題は相手チームがMIXだったってこと・・正直敵チームに女性が入ってると めちゃめちゃやりにくくて、フットサルの世界ではあまり好意的に受け入れられていないという現実がある、だからこそMIXとうジャンルが生まれMIXはMIX同士、又は女性のみのチーム同士でやる文化が芽生えてきたのだが、こちらとしては気を使ってやらないといけないのでまともな試合にならないのである。
別に男女差別をしてるわけでは毛頭ないが、フットサルは草サッカーと違ってとにかくコート代がかかり時間も大きく制約されている為に、全参加チームが均等にフットサルを楽しむ権利があるわけで、そこを履き違えるとなんとも興ざめした試合になる。
まぁとはいっても最後はウチらの連合チームが別件で大いに盛り上がってたけど(^^;

その後はしばらく同期連中と喋ってたのだが、世界中で自分達が作ったものが使われるってのはやっぱ夢があるよ、まぁ内情を知ってる分手放しですげ〜とは言えないが・・とにかく頑張ってくれ。
いつか俺が海外に出向いた時に異国の地でアレが見れるならそれはなんとも感慨深いだろうから。

Posted by GAMMARAY at 23:55 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月24日

88戦33勝

これは今日から上映が始まった映画「シービスケット」の生涯成績だ。
G1クラスのレースを勝ってる馬で88戦ってのは時代やなぁって感じ (トウカイテイオーは12戦9勝) やけど、実に爽快な映画だった。
最終コーナーを回って10万人近い観衆がいるメインスタンドを駆け抜けていくシーンは競馬ファンなら感慨もひとしおだろう、自分ははじめて競馬をやったのは大学に入って直ぐの春・天皇賞で本命不在の中ライスシャワーがステージチャンプを鼻さかわしたレースだが、京都競馬場のあまりの雄大さに感激し、初めて生で観たサラブレッド達の力強さと優雅さに我を失うばかりの感動を覚えてことは今でもよく覚えている。
競馬好きが集まるとまず最初は決まって、武勇伝が語られる。どこのレースでいくら勝ったとか負けたとか・・でもその後には必ず自分にとってのメモリアルレース、そしてメモリアルホース達の話で盛り上がる、みんな賭け事として以上にそのサラブレットの純粋さに魅入られているからこそ、あそこまで熱く語れるのだ。
このシービスケットのような馬がいたら、俺は絶対にまた競馬場へ行く。
例え100円の単勝馬券しか買わないとしても・・

ということで今日は新宿へ映画観戦!
当初の予定だったHDDは状況が違ってきたので保留し、SQLServer2000の書籍と雑誌を購入した後はHEROのDVDを購入!HEROはようやくでたかと待ちに待った一本だけにうれしい(^^)
帰りに食べた小倉抹茶はめっちゃ美味しかったなぁ〜。

Posted by GAMMARAY at 21:45 | Comments (0) | TrackBack

じわりじわりと

相変わらず咳が止まらない風邪気味とらっき〜である。

Tech版の公開当初は一日当たりのカウント数が大体25〜30前後だったのだが、最近は65〜80カウントくらいになってきた。
特に.NET Dictionaryを公開し始めてからじわりと伸びてきてるようだが、やはりgoogleでヒットする検索キーワードが増えてるのが原因だろうか、苦労してやればきっちりと結果が返ってくるってのはうれしい限りやね。
ただ将来的に考えてることだが、大学が始まれば非.NETまぁようするにオープン系の技術についても.NETとからめてコンテンツを作っていきたいってのを考えてるんやけど、INETAの規約ではサイト上でオープンソース擁護の内容は遠慮してもらいたいというのがある、別に何も拘束力はないのだが、あちらの言い分も分からなくもない・・この辺りオトナの裁量でってとこだろう(^^;
それに俺の場合既に.NETとJavaサイドを比較で論ずる気は既になく、協調という視野で取り組む予定なのでこのあたりの見解を事務局に聞いてみるか。

Posted by GAMMARAY at 12:03 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月22日

鬼の霍乱か?

どうも2,3日前から咳が出る・・しかも朝起きてげほっ!ってのではなく、仕事してるとある時から急に出始めた・・ある意味ウィルスに感染したんやな・・なんつって。

そういえば昨日親から連絡がきた。
なんかPCが例の状態で応募できんから代わりに応募しといてとのこと。
話によるとJALとJASが合併するらしく、記念に旅客機の搭乗券が1万名に当たるというなんとも太っ腹なサービスみたい。
しかもウチの親は数の少ない国外線ではなく手堅く国内線に応募してくれと言っていた・・なるほど云十年の手堅い人生の成せる業だろうか・・とはいっても俺の場合はこういう「何名様に当たる〜」なんてもんは全く信じない人で宝くじすら政府の陰謀で実は一等なんて1割も当たっていないという俺的都市伝説を信じてるくらいなのである! やっぱどうせやるなら競馬のようにデータ、分析、評価、決断!こういった醍醐味がないとな。
まぁこんなもんに頼らんかておいらがいつか連れていったるがな、その替わり借金をまけてくれ〜・・・

http://www.jal.co.jp/10000/

Posted by GAMMARAY at 21:37 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月21日

パソコン修理

正月実家に帰省した時に、どうもパソコンがおかしいということで見てみたのだが確かにおかしい。
Winが起動したと思ったら速攻でリブートがかかる・・何度かすると普通に起動するのだが、明らかに異常警報だ。
どうせOSがぶっ壊れたんだろうと思い、再インストールしようかと思ったら・・そっかWin98 2ndなのね。既にMSもサポートをしてるのかしてないのかよう分からんような旧世代のOSではなぁということでこっちに送るように言ったら、送るのが面倒だから持って帰れということになり、実はこっちに戻ってくる時にPC毎持って帰ってきたのである(^^;
それのマシンをようやくWin2000に入れ替え、今時64MBもなかろうということで256MBのメモリーを追加してやった。 (ってことは300オーバーかよ!俺のマシンより多いがな)
しかしそれでもやはりちゃんと起動しない・・ひょっしてOSやのうてHDDだったのか?
そういえばウチのオカンはデジカメでとった ばかデカイ画像を開いた時に、PCがよく止まったので電源を切ってたよとか抜かしてた気がする・・それはフリーズやのうてスワップでんがな・・
ってことはHDDを交換するのか?しかも俺の金で?何故?どこにそんな義理が?いや、一応親子だから義理はあるんだろうけど、こういうのは別だろ?
もぉ〜頼むよ〜、ちゃんと動け〜。

Posted by GAMMARAY at 22:26 | Comments (9) | TrackBack

2004年01月20日

関東襲来! 阪神タイガース 逆転劇場 完結版

仕事の帰りいつものコンビニに寄ってふらっと食玩コーナーを見ると・・
でたぁぁぁぁぁ〜「阪神タイガース 逆転劇場 完結版!!!!

知らない愚かな人々の為にトラッキ〜が解説だ。
がおっ!
パッケージはまず上記リンクへ行ってもらいたい、そうなんと中には8cmCDが入っているのである。
CDと言っても、もはや第二の国歌と言われる「六甲おろし」が入っているわけではない。
それはそれでうれしいのだが、さにあらず! なんとこのCDには実際にABCラジオが放送した実況がそのまま入っているのである!!!!!!!!!!
しかも最後にはヒーローインタビューまで入っており、まぁ周りの歓声の凄いこと凄いこと(^^)

さら〜に!
国民的記念日である9月15日版は眩いばかりのゴールデン特別仕様というごっつい奴らしい!!
ぬぉぉぉ、これをGETせずしてシーズンを迎えられようか!!
なんとも憎いことをする江崎グリコォ〜〜〜〜。

こうなったら買ったるで〜。

Posted by GAMMARAY at 21:27 | Comments (2) | TrackBack

2004年01月19日

大仏2号の顧客から

顧客と言っても同期やけど、そいつからのメールを掲載

今、自分の中で大仏2号が熱い。
猛烈に感動している。
まだ1号は出番が無い。が、もうじき使うことにはなるだろう。
お礼に一場とかいう投手を阪神にあげよう。
どうも彼は俺の幼なじみのいとこらしい。
田舎で全球団から指名されているって話題になっていた。
多分何かの間違いだろうけど、清水エスパルスからも指名されているという話だ。
阪神に行ったらサインを頼んでおこう。
それじゃサンキュ。

一場選手は野間口と並んで今年のドラフトの超目玉の一人!
ってかなんでこやつは宇宙飛行士の毛利さんや、奥寺、リトバルスキーと変な知り合いが多いんやろうなぁ、まぁ人間からして変やけど・・良い悪いは別にして(^^;

ちなみに大仏2号とは去年の大晦日に作ってやったツールの2号である。

Posted by GAMMARAY at 22:13 | Comments (0) | TrackBack

ん?のび太。

帰りのバスの中で見つけたのだが雑居ビルの2Fの窓に「学習塾 のび太」とあった。
のび太?何故に?確かのび太君は全く勉強ができなかったよなぁ・・いつも寝てばっかで、ジャイアンにもいっつもしばかれてた気もするし、それでものび太なの?でき杉君の間違いじゃないのか?
このどう考えてもダメっぽい「のび太」をよりにもよって学習塾の名前にした先生の意図はなんだろう? 今しばらく観察してみよう。

学習塾と言えばかくいう自分も中学の3年間通ってたなぁ・・自分の場合は英語と数学だが、部活が終わるや否や飛んでいったもんだ。
ちなみにここの先生はめっちゃ映画好きで、俺も映画が好きなもんだから結構可愛がってもらって毎月キネマ旬報をもらってた、ちょくちょくビデオも貸してくれたのだが当時の自分にはちょっと難しい映画が多かった気がする(^^;
今年帰省したらその塾がなくなっていた・・なんか写真屋になっていたが、先生はもう塾を辞めてしまったのかなぁ・・面白い先生やったからどこかで続けてて欲しいけど。

Posted by GAMMARAY at 21:09 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月18日

シュリのもうひとつのラスト

何気にTVで映画「シュリ」を観ていたのだが、何故か自分の記憶はハン・ソッキュが彼女を撃ち殺すところで終わっており、まだ続きがあったのを知ったときはもうひとつのエンディングを観てるようだった。
最後の留守番電話での告白はあまりにもせつない・・撃ち殺すところで終わっていたらそれはそれで悲しい物語だが、この留守番電話は尚のこと・・韓国も良い作品を作るな。

Posted by GAMMARAY at 22:57 | Comments (0) | TrackBack

オトナ語

「オトナ語の謎 - オレ的にはアグリーしかねるんだよね。 -」より。

「きんきんにとんとんにしたいのですが、ゴタゴタ続きでばたばたしておりましてカツカツというのがいまいまの状態ですからコミコミとなると無理無理やるしかないんですよねぇ・・」

ある男女の別れ話

「いつもお世話になっております。
えー、さっそくではございますが今回は、お別れのご提案でございます。
といいますのも、先日ワククシ夏期休暇を利用いたしまして郷里に戻ってまいりました。
その際にですね、今年のゴールデンウィークの帰省のときについナニした同窓生、え、こちら仮にA子さんといたしましょう。
彼女からですね、その・・ジュニアができた、というご報告を受けまして・・もう時期が時期だけに物理的に待ったナシとのことで、きんきんに身辺整理し、その結果をフィードバックするようにというのが先方さんのご要望でして・・。
ここはひとつ泣いて頂けませんでしょうか?」


「そういうことでしたら婚姻届はそちらで破棄してもらってけっこうです。
まぁ、今はちょっとアレですが、きんきんに婚約指輪もお返しできるかなと思います。
ただ、今後良い意味で弁護士さんがお邪魔することもなきにしもあらずかと・・
下手に現場レベルで動くと火だるまになるんじゃないかって声も聞こえてきますし、いずれにしても言った言わないの問題になるとなんですので、ご挨拶だけでも。」

仕様です。
「あの、音声にノイズがまじるんですが?」
「仕様です。」
「中心部が以上に熱くなるんですが?」
「仕様です。」
「ときどき煙がでるんですが?」
「仕様です。」
「たった今火を噴きました!?」
「・・・仕様です。」

次元
「それはまた違う次元の話でして」
「利益を度外視した次元では?」
オトナは軽々と次元を超越するのである。

世界
「いや、もう、ほぼオッケーっていう世界なんですが」
「我々だけではどうにもならない世界があって」
「あとはクライアントがどういうかの世界ですねぇ」
オトナは色んな世界に住んでいるのだ。

Posted by GAMMARAY at 21:02 | Comments (3) | TrackBack

新宿ぶらり

今日は久しぶりに一人で新宿をぶらついてきた。
大した用事もないのでまずは定番の紀伊国屋へ、とはいっても技術書の新刊なんてほぼ把握してるのでそこはちゃっちゃと切り上げ、今日は1Fでなんか面白い本はないかと色んな本を手に取った結果「オトナ語の謎 - オレ的にはアグリできかねるんだよね -」を購入! 糸井重里はやっぱり発想がどこかぶっとんでるんだよな。
その後はインナーの服を2着購入も、欲しい奴に限ってサイズがない・・まぁ多分ひとつ下のサイズでも問題ないだろうという店員さんの言葉を信じる。
あ、そういえばやっぱりヴァージンメガストアがなくなってたなぁ・・ここは自分にとっての新宿重要拠点だっただけに非常に残念(T T) 西口からは少し距離があったのが問題だったんだろうか?良い店やったんやけどなぁまた拠点を探さないと。
それから高島屋の東急ハンズに向かう途中に鹿嶋アントラーズの選手らの握手会がやってたのだが、正直誰なのか全く分からなかった、そういえば秋田も柳沢もいないんだよなぁ、名良橋、相馬くらいならなんとか分かるけど、若手じゃねぇ。
ハンズでは結局ある人の言葉を思い出して当初の目的だった小物の購入をとり止め、急騰引き返す途中で日曜恒例の色んなパフォーマンスを眺める。
今日はいつもの大道芸とはちょっと違ってどっかの劇団員みたいな人達が創作系ダンスをやっていたのだが、こういった創作系って観衆の反応が極端で面白い。
「訳わかんない」とか言って直ぐに行ってしまう人達もいれば、真剣に見てる人もいて、このあたり感性の違いなんだろうなぁ、この道で色んなパフォーマンスをやってる人達って命一杯自己を表現してて気持ち良さそうなのがうらやましいが、ある種このBLOGも自己表現の場と取れなくもないか。
一応もらってきたパンフによると彼らは赤色彗星館とあり、虚構がどうのこうのと書いてある・・ともすれば怪しさ全開だが、なんだこの暗黒遊戯という文字は(^^;
そんでもって最後にミスティックリバーでも観て帰るかと思ったらなんとも時間が悪い、既に始まってまんがな・・開始まで2時間近くあるし・・ということで時間を潰そうとネットカフェへ。
ネットカフェと言っても まんが喫茶と何が違うのかよう分からんが、多分ネットが出来れば前者なんだろう。
しかしネットと言ってもこんなもんは家で出来るし、DVDなんてほとんど観てるものばかりだし、自分はマンガとは読まない人なので特に読みたいものがない・・ならばとさっき買った本を読んだら、これがまた面白すぎ! あまりにも笑いがこらえられなくなったので、まずいと思い適当に週刊誌を読むことにした、この本のネタは後で書きます(^^)
にしてもようさん客がおるなぁ〜まぁ気軽に時間が潰せるし、1時間300円くらいやし、暇人やし・・あ、また時間を読み間違えて映画が始まってしまった・・ぬがぁ〜まったりし過ぎた〜。
ということで映画は諦めてWINS横にあるビクトリアのサッカーコーナーをさっと眺めて帰宅。

まぁたまには一人でぶらつくのも悪くはないな

Posted by GAMMARAY at 20:33 | Comments (6) | TrackBack

FUTSAL NAVIを読んで思ったこと

ふらっと本屋によったらFUTSAL NAVIという雑誌が置いてあることに気づいた。
どうやらフットサルを扱った専門雑誌ということらしいが、いよいよブームも本格的やなぁとやや苦笑(現在は季刊毎の発売みたい)
内容自体はフットサルコートの紹介やら、フットサルに係わる著名人のコラムやら、後はシューズやウェアの紹介と特に見るべきものはないが、唯一フットサルにおけるドリブル特集を読んで、以前から思っていたフットサルの不満点について再認識した。

フットサルはとにかくフィジカルコンタクトは極力やってはいけないというルールで、タックルは当然ダメだし、ややハードなチャージもダメ、相手の服を掴むようなマリーシア的プレーも当然ダメなのだ (これは本来はサッカーもダメですが) フットサルの試合でレベルが高くなるとよく足裏でボールを細かく裁くプレイヤーを見かけることがあるが、あんなものサッカーでやったら速攻でタックルで絡め取られるか、体をぶつけて体制を崩させるかのどちらかになるのだが、フットサルはそれができず、結局コースをカットする以外に術がないのだ・・自分のようにDFをやってきた人間にはこれが歯痒い。
あともう一点はキープするドリブルに対して緩急で抜くドリブラーにはきついと言う点。
自分の場合、基本はスイーパー又はストッパーだったのが、攻撃的フォーメーションの場合は右のウィングバックにまわっていた、このポジションでボールを持ったら溜める為にキープすることは厳禁で、とにかく一気にスピードを活かして縦へ突破する練習を繰り返すのである。
しかしフットサルのテニスコートを少し大きくした程度のサイズでは、緩急を使った突破で1,2人ほど抜くと直ぐにボールがラインを割ってしまう・・ぶっちゃけて言うと俺にはしんどいサッカー形態なわけだ。
まぁ逆の見方をすれば、この敷居の低さが今のブームに繋がっていると言えなくもないが、やはり少ながらず物足りなさを感じるのは多分俺だけではないだろう。

にしても今後このブームが定着すれば、中学、高校あたりでサッカーとは別にフットサル部なんてものが出来るかもしれないなぁ (野球にも硬式と軟式があるように)
仮にそうなったとしてもやはり子供達にはサッカーをやって欲しい、あの広大なフィールドを使ったダイナミズムはやっぱサッカーでなきゃ味わえないしね。
はぁ〜たまにはサッカーがやりたいなぁ・・

Posted by GAMMARAY at 11:50 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月17日

荻窪再発見

今日のアド街ック天国は荻窪特集!
以前からTV局の撮影隊がそこかしこに出没してたので、どうやらこの番組でやるらしいという話は聞いていたが、それが今日だったみたい。
初めて東京に来た時に荻窪に住みついて以来早5年、正直大して何もない街だよなぁ〜って思ってたけど、いざこの番組で徹底的に紹介されると荻窪を再発見した感じ。
新聞を配ってた関係上、高級住宅街ってことは知ってたが、結構老舗の豪邸が多いんやなぁ、荻窪婦人なるものまであるんかいな(^^; 他にも本格フレンチの店が多かったりとラーメンだけでもないようで、しかも何気に知らなかったのは荻窪 = 音楽の街ってこと。
そ〜いえばたまに荻窪音楽祭なんて広告を見ることがあったが、今まではまったく気にしてなかった・・しかしベスト10でアメリカンエキスプレスのビルは紹介されて、HPのビルは紹介されないのね(^^; この辺りはやっぱ知名度の問題かな、HPの方が駅に近いんやけどねぇ。
とにかく紹介されたものの内半分も知らなかったのはちょっとショックだが、少しはこののんびりした街の見方も変わったかな。

次はぜひ上石神井を!
俺が知ってること以上に何か発見することがあったら、それは奇跡に近いけど。

Posted by GAMMARAY at 22:01 | Comments (2) | TrackBack

オペレーション シュミット 2004 Jun

昨日起きてふと思った。
「俺の部屋は散らかっている・・」
いや、散らかっているのはいつものことなんだが、書籍やらCDやら雑誌やらが氾濫して正直足の踏み場もない・・これではいつか埋もれてしまいそうだ・・ということで時期外れの大掃除大作戦"オペレーション シュミット"を決行!!
気合の入った大掃除の前は何気に作戦名を付けることにしており、今回は先日観た映画"アバウト・シュミット"にちなんでネーミングしてみた。
ネーミングの理由はこの映画のラストを見れば分かる。

日曜なんていつもは11時くらいまでゴロゴロしてるのだが、今日は9時起き! 早速一発目の仕事である選曲作業に入る。
今回はやはり定番のGAMMARAY 「SOMEWHERE OUT IN SPACE」をセットし、超絶爆裂系高速メタルの爆音とともにいざ作戦開始。
まずいるものいらないものを選り分け、いらないものはキッチンの方へ持っていく、この作業は大したことはないが、最大の難所は溢れ帰ってるCD、書籍、雑誌の配置だ。
そうこうしてる内に10時をまわりアルバム終了、次はちょっとポップにHAREM SCAREM「Rubber」
をセット、さっきのアルバムがメガトン級のICBMだとしたら、次のはトマホークといった感じ (分かる人にしか分からない) 11時をまわったあたりでようやく小康状態に入ってきた。
と思ったところで一体この部屋には何冊の技術書があるのだろうかとカウントしてみると・・なんと145冊もあった。
しかもこれに各種技術雑誌を加えた場合はゆうに200冊を超えるというすんごい数だ(^^)
恐らく概算で洋楽CDが200枚以上あることを考えると、その数に匹敵しているというからびっくり。
最後に部屋に貼ってあるポスターの内 洋楽チームの一枚をANDREW W.K.にはりかえ、映画チームを一枚KILL BILLにはりかえたところでオペレーション・シュミット完了!
「う〜ん、良い眺めだ、疲れたけど」
ということで体を大の字にして寝転がってみた、これがまた気持ち良いのである、フローリングなので激冷たいけど・・

ついでになんか部屋の整理に小物が欲しくなってきたので、明日あたりにでも吉祥寺か新宿にでも行ってくるかな〜、あ、そんならついでに映画ってのもええなぁ。

Posted by GAMMARAY at 12:18 | Comments (2) | TrackBack

2004年01月16日

宇宙開拓史

確か小学3,4年生くらいの時に、親父が本を買ってやるということで近所の本屋さんに行ったことがあるのだが、その時買ってもらったのが図鑑「宇宙開拓史」だった。
(決して”ドラえもん のび太の宇宙開拓史”ではない)
この図鑑には様々な宇宙の歴史が書かれており、ソユーズ計画、アポロ計画、ボイジャー1,2号、パイオニア10号、ガリレオ計画などなど、中でもこの図鑑を手に取る度にずっと眺めてたのが、未来の宇宙計画について書かれたところだった。
光子ロケット、イオン推進ロケット、太陽凧、原子力ロケット、スペースコロニー、月面基地、火星移住計画・・あの頃はいつかはこういう事が実現されるんだろうなぁと思っていたのだが、先頃ブッシュ米大統領が発表した次期宇宙計画は、足掛け20年以上にも及ぶ壮大なプランだった。

アメリカという国には歴史がない・・だからその歴史を作らんと時にはバカなこともする、だがこれからの未来において人類に大きく貢献できる力を唯一持っている国でもある、これからの20年あの国が、その羅針盤の針が指す先を間違って解釈しなければ本当に火星への有人飛行は可能かもしれない。
個人的には人類の宇宙開拓史はガガーリンがボストーク1号で宇宙を飛び、アポロ17号でアポロ計画が終了して以来止まったままだと思っている。
このブッシュの宇宙計画は人類にとっての偉大な第2歩になるだろうか・・

Posted by GAMMARAY at 22:19 | Comments (4) | TrackBack

新年会とな。

1月30日にINETAのリーダーズミーティングがあるのだが、それが終わった後にINETA 東京グループの新年会があるらしい。
東京グループと言っても遠い人は仙台や新潟からも来るのだが、大阪方面隊は今日が新年会だとか。
今回はMSの方々も来られるとのことなのでどんな話が飛び出すやら開けてびっくりなんとやらなわけで、恐らくこの飲み会の場では、野球やら映画やら女の子の話なんて全くでることなく.NET談義で盛り上がるんだろうなぁ〜。
他人が見ればなんとつまらない飲み会なんだって思うだろうけど、ここまで熱い連中、そうはおりませんぜ(^^)

Posted by GAMMARAY at 21:18 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月15日

それぞれの言い分

デジハリ時代の友人からちょっと前にメールが来たのだが、どうやら向こうのプロジェクトの要件を.NETで実現出来るかどうかを調べて欲しいとのこと。
ちょうど今のプロジェクトでも似たような話が上がっていたのでまぁちょうど良いからと調べてみた。
結果としてはブラウザでの実現は難しいみたいというのは分かったが、顧客というのはそれを良しとしないからねぇ・・「所変われど、客は同じ」とはこの事だな (誰の言葉だこれ?)
この手の無茶をどこまで飲むのかがPMの腕の見せ所なのだろうが、悲しいかな往々にして通ってしまうから手に負えない。
こっちもそろそろ構築フェーズについて詰めないといけないのだが、結局リーダーからは逃げられそうにない・・ならばちゃっちゃと終わらせたいのだが、会社の担当と相談すると.NET経験者を回すのは難しいとのこと・・ならば構築は俺が結構な量をやっても良いからその代わり リーダーを外してくれと言っても良い返事は聞けなかった。
ほんまにこの会社に明確なロードマップはあるのか? .NETに力を入れるんならもう少し自分達で育てる努力をしろよなぁ、OJTなんて言葉は聞こえはええけど、ようは押し付けやろが。
今の常駐先なんて会社がMSから講師を呼び寄せて4日間もの講習を受けられるっちゅうのに・・

Posted by GAMMARAY at 22:20 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月14日

ひさしぶりのサラブレッドの名作かも

優駿と言う映画をご存知だろうか?
運営状態が危機的な牧場から生まれた優駿オラシオンが生まれ持ってのハンデを克服して、不可能と思われた日本ダービーに挑戦するという名作であるが、今度日本で公開される「シービスケット」はその内容の秀逸さから今年度のゴールデングローブ賞にノミネートされたらしく、オラシオンを越える名画となるかちょっと今から楽しみだったりする。

しかし現実の世界にもこういった泣ける話が存在する。
中でも印象的だったのがダービー馬”タヤスツヨシ”だ。
タヤスは冠名なのだが、ツヨシというのは馬主の親友の名前から名付けられたのである。
というのもその親友は当時かなり重い病気にかかっていたらしく、その友人に面会に行った時に「今度とても良い仔が生まれた!こいつは絶対にダービーをとるからお前もがんばれ」と生きるための糧にして欲しいという思いから親友の名前を付けたらしい。
このタヤスツヨシは確かに強かったのだが、いかんせん勝ったり負けたりとムラが多く、3冠戦の初戦”皐月賞”ではジェニュインの2着に敗れる・・しかし向かえた最高峰"日本ダービー"では直線で先行するライバル"ジェニュイン"を後ろから一気に指し切り見事ダービーを制覇!
親友との約束を果たしたという話がある。
その後その友人がどうなったのかまでは正直分からない・・結局友人は助からずに亡くなったという話もあるが、その後回復したらしいという話もある。
ただこの世に運命というものが存在するなら、きっと今は元気でいるんじゃないだろうか。

ちなみにタヤスツヨシはダービーで力を使いきったのか、その後は一勝も出来ずに日本ダービーでの勝ち蔵を最後にターフを去ったのである・・いや、この馬主と親友の話は良いのだが、俺はこの馬にはほんと泣かされた。
ダービーはバイトで行けず、その後京都新聞杯と菊花賞もこの馬から行って玉砕・・ちなみに言うとこの年はナリタブライアンの復帰した年で秋・天皇賞、JC、有馬記念ともにひどい目にあった。
いや、この期に及んで私情を挟んじゃいけませんな。

サラブレットの世界には他にも多くのドラマチックな話がある。
そもそもサラブレット3大始祖の内の一頭、 風の王 ゴドルフィン・アラビアンの伝説からして泣ける話だからねぇ。
ちなみに大学時代の某生物学系一般教養科目の論文試験で、このゴドルフィンの伝説を書いて提出したらD判定が付いたのは今だに納得がいかない!

この教授はどうせ一般教養科目だからとかなんとか言って、「以前はカレーの作り方を書いてきた学生に単位を上げました」とぬかしやがったから、素直な俺はてっきり「あ、この教授こういうノリとかアリなんやぁ〜わ〜い、もろたで栄光の単位2(^^)/」と理解し懇親の力作を書いたにも係わらずである。
あれほど劇的な論文を書いたのに、なんで・・以下長いので略 (^^;

Posted by GAMMARAY at 22:41 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月13日

Blink182の怪

Blink182の新譜「blink182」の中で、ピアノに合わせて女性が語りかける曲がある。
基本的にBlink182は典型的なポップパンクなのだが、この曲だけはがらっと曲調が変わり、何かを訴えかけるような感じがとにかく良い!のである。
このピアノの曲は当初あまり意識しなかったのだが、ちょっと前にコンポを掛けっぱなしにしてる時にはっと気づいて、すぐさま曲番号を調べた。
すると5曲目とあったので、その時は一瞬Blink182と分からず数日後になってコンポのチェンジャーの中のアルバムの5曲目を全て聴いてみたが見つからない・・5曲目じゃなかったのかと全てのアルバムをスキップしながら聴いてもみつからないのである。
「一体どのアルバムの曲やねん!」とちょっとキレ気味も最近購入した全アルバムをチェックするもやっぱり見つからない・・んで結局その日は諦めたのだが、最近また通しで聴いてるとこの曲が流れてきた、今度はしっかりと確認、やはりBlink182の5曲目に間違いない!
んで5曲目にスキップしてみると違う曲が鳴り出す、「んん〜!?」それならばと4曲目からスキップせずに聴いてみると、3分半ほどで4曲目終了・・それから5曲目・・あ!この曲でんがな!!
と、すぐさまコンポのディスプレイを確認すると普通は今流れてる曲の演奏時間がカウントアップされるはずがこの曲だけ1分52秒からカウントダウンされてるのである!
「やろぉ〜シークレットかよ〜」
というわけでこいつらのおかげで貴重な数時間を無駄にしたのでした。。洋楽はたまにこういうことをやる奴らがいて、オアシスの新譜 (たったと思う)なんて最後の曲が終わった後30分後にもう一曲入ってるというワナ。
しかも曲番は最後の曲と同じってんだから早送りしないと聴けないのである。
まぁ遊びの気持ちは分かるけど、ファンをなめんなよぉ〜(^^;

Posted by GAMMARAY at 22:17 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月12日

数少ないクラシックで知ってる曲

基本的に俺はロッキングオン系の洋楽派なので、当然の如くクラシックなんて高尚なものとはとんと縁がないのだが、それでも数曲くらいなら楽曲とタイトルが一致する。
とは言っても運命、四季「春」、カルメンなど、誰でも常識のレベルで知ってるような曲ばかりだが、ホルストの「惑星」の中でも特にメジャーな「木星」も知っていたりする、たぶん一般の方も「木星 」だけなら知ってるんじゃないだろうか?
その木星をなんと新人の女性が歌詞を付けて唄うと聞いて、「まただいそれたことを・・ビートルズやプレスリーをカバーする以上やで」と思ったものだが、某番組でふとその曲を聴いた瞬間鳥肌がたった!
とにかく圧倒的な歌唱力!逆にこれほどの歌唱力をカバーできるのはクラシックくらいじゃないかと錯覚するくらいの迫力。
おもわずレンタルしてきたが、シングルを購入しても良い。
日頃ロック系、ポップパンク系ばかり聴いてる時に、こういう曲を聴くとなんかびっくりするよなぁ


Posted by GAMMARAY at 21:36 | Comments (2) | TrackBack

本当におめでとうございます!

ちょうど去年の今頃くらいに勤めていた会社がある。
その会社はある天才的とも言えるアーキテクトの元、.NET、Agileに拘り続け志の高い設計思想を持ってあるグループウェアの開発に乗り出そうとしていた。
当時の自分では (恐らく今でも) そのアーキテクチャの設計からして難解を極めていたが、ある種の芸術的とも言えるものでもあった、結果的には諸々の事情からわずかの期間で退社することとなったのだが、退社したその日は「裏切り」という言葉が重くのしかかって涙したこともある・・
あれからも月に1,2度はその会社のサイトを訪れていたのだが、当時春から夏に掛けてのリリース予定と聞いていたので、「一体どうなったんだろう?」と気になっていたのだが、次第に自分の業務も多忙を極めるようになり、いつしか足先も遠のくようになった。
正月も明けてブックマークを整理している時に偶然にも会社のURLを発見し、結局どうなったのかと気になり半年くらいぶりにサイトを覗いてみた・・

どうやら2004年元旦にサイトをリニューアルされたみたいで、なんとそこには
「2004年1月末 次世代グループウェアRipleyを正規リリースします」
の文字・・今となってはまったく自分には関係がないことなんやけど、めちゃめちゃうれしかった。
しかもベンチャーフェアJAPAN 2004 にて出展するとある
あの高い志がどのように完成したのか本当に見てみたい!今更どの面下げてってのもあるけど、それをおしてでも・・
あとは当時そのアーキテクトの方と自分とで大いに盛り上がった会社サイト内での技術情報、設計理論の公開というもうひとつの高い志がどのように完成されていくのかも、拝見させて頂きたいと思っています。

最後に本当におめでとうございます。
私も影ながら応援しています。

Posted by GAMMARAY at 12:01 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月11日

こんな世界あったらいいなと思って

大学時代、金はなかったが (いや正確にはバイトをしまくってたので金はなんとかなったが単位がなかった) 時間はふんだんにあったわけで、よく当時の悪友連中と集まり将来のビジネスプランについて酒の肴に議論したりすることがあった。
いやまぁビジネスプランと言う程大袈裟なものではなく、ただ「こんなんがあったらおもろいよなぁ」的な絵空事に過ぎないのだが、妙に盛り上がったり、半ば喧嘩腰になったりとそれはそれで面白かったもんだ。
最近ではそういった話もしなくなってきたが、昨日悪友の一人でTV局に勤めてる (例のヒッチハイク野郎である) 奴から「上司が風邪で寝込んで、仕事にならんから暇で書いてみた」と言ってドキュメントファイルを送ってきたという次第。
中身は「入場ポイント制商品還元百貨店」というものらしく簡単なビジネスモデルもどきが記載されており、最後には
”俺=社長。あんた=技術部統括代表”
とある。
こいつはそもそも企画だけして、あとはなんでもかんでも俺らにさせようとする節があり、いつもアホなことを企画してたように記憶している。
「なんでこいつはこんなにアホやねん」と思いながらも、結構マジでこの企画に対するダメ出しをするあたり、自分も結構楽しんでるんだろうか(^^)
まぁまた暇があったらなんか送って来い、徹底的にこき下ろしてやる!

Posted by GAMMARAY at 17:41 | Comments (0) | TrackBack

西夏文字の合理性

朝起きるとWOWOWで敦煌がやっていた。
自分は結構この映画が好きでTVでやれば必ず観ており、今回で5回目くらいじゃないだろうか。
そこで今回、この映画の舞台になる「西夏」という国に興味を持ち、特に映画において重要な位置を占める文字についてちょっとWebで調べてみた。
西夏文字はとにかく画数が異常に多く、正直訳が分からない (それはアラブ語もハングル語も同じやけど) このサイトでいくつかの例が掲載されている。
映画の中でも一部語られるが、文字の構成が非常に合理的に出来ており、単体字はわずかに30文字というのには驚かされる。
にしてもJISコードに登録されている漢字にはなんとの文字を4つ並べた、総画数64文字の「テツ」という漢字も存在するらしいから、中国と言う国はスケールがでかいというか・・こんなの印鑑でほれねぇだろうなぁ・・良かった自分の名前は龍の一文字で。
ちなみにこの映画の中で隆盛を誇った西夏は、1227年にモンゴルによって滅亡させられる。

Posted by GAMMARAY at 12:36 | Comments (5) | TrackBack

めぐりあう時間たち

ほんとに難しい映画だった・・難しいのは別に内容が難しいわけではなく、各々が愛すべき家庭を持つ3人のベテラン女性達と彼女をとりまく様々な人々のまさに"むき出し"の生き方がである。
特にジュリアンム-ア演じるローラ、あなたの人生はこれで本当に良かったのか?
「自分でも後悔していると言えたらどれ程楽だろうか」とクラリッサに語る・・ならなぜこんな幸せな家庭を捨てたんだ?死ぬことを躊躇ったのはリチャードを想ってのことじゃないのか?捨てることは死ぬことよりも楽なことなのか? クラリッサはそんなローラをどう見たんだろう・・
軽蔑?共感?理解?猜疑?
色んな映画を観てると、今では分からなくてもいずれ未来のどこかでもう一度観たら理解できるかもしれないって思う作品に出会うことがある。
「めぐりあう時間たち」なんともふさわしいタイトルやな・・

Posted by GAMMARAY at 01:05 | Comments (1) | TrackBack

疲れた・・

今日はFCトラッキ〜 (今の会社のチーム) でフットサル大会 in 五反田
今回は掲示板で対戦相手を募って2チームで練習試合も、うちらは5人しかおらず、わずか2試合でグロッキ〜状態・・3試合目が終わった後にあちらの方から「前の試合の時とキレが違いますねぇ(^^;」と言われてしまった・・申し訳ないです、これを年だとは全く思ってないが、やはり体重増加がこたえてるんかなぁ、まぁようやくパンチングマシーンを取り出してきたしまた前みたいにどついたるねん!

とはいえ疲れたのは実は体力的なことではない・・もちろんそれも疲れたが、どっと疲れたのは精神的な方だ・・
正直最近SIerそのものに限界を感じつつあった矢先、久しぶりに会社の面々と会うと妙に現実が迫ってきたっていうかこのIT業界という枠組みの中での自分の存在を何故か強烈に意識してしまい、自分としては屈辱に等しい"寝る"という行為に逃げた気がした・・一体なんなんだ今のこの精神状態は。
今日飲みに行った連中には本当に申し訳ないことをした、もっと「トラとら」言いながらバカ騒ぎしたかったんやけどあれじゃ拍子抜けだよなぁ・・今にして思えば新聞時代はしんどかったけど、まだまだ夢しか見てなかった分幸せだったんだろうなぁ。

Posted by GAMMARAY at 00:50 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月10日

レジストリをいじらなあかんのかいな・・

自宅で使ってるメーラーは昔からOutlook Expressだが会社ではOffice版のOutlookを使っている。
現在使っているのは中でも最新版のOutlook2003なのだが、業務絡みでBAT形式のファイルが添付されており、これがまたどうやっても開けない・・あらゆる設定を確認したのだが全く見つからないのである! 「こらゲイツ!なにさらしとんねん!」 と罵ったところでどうにもならない。
結局メール自体をExpressで取り込みそっちで開いたのだが釈然としないものが残った・・ところが今日になって日本一クールなサイトと思っている@ITでこれに関するTipsを発見。
Outlookで開けない添付ファイルに遭遇したら
っておい、レジストリを直接操作せんとあかんのか?なんぼセキュリティ対策言うたかてこらやりすぎやろ。
まったく今後はtxtファイル以外は何もかもzipに圧縮して送れってことか・・なるほどWindowsXPからOS標準でzip形式の解凍・圧縮ツールが組み込まれた理由が分かったわ(^^;

ちなみに上記のウザイ点を除けばOutlook2003はなかなかええねぇ!
プレビューが見やすいし、メールが届くとタスクトレイあたりに亡霊のようににゅ〜っと半透明でメールの見出しが出るところが素敵!
既にブラウザはIEを使わなくなったがメーラーはこいつでええわ。

Posted by GAMMARAY at 01:09 | Comments (0) | TrackBack

凄すぎるなぁこの人らは・・

.NET Dictionaryプロジェクト (プロジェクトへ昇格!) 絡みでWikiについて調べてたら,身近なところでINETAのコミュニティ間でもWikiを使ったサイトが立ち上げられた!
Wikiと言ってもFlexWiki というWikiクローンで、作者は
・DavidOrstein (Windows チームのリードプログラムマネージャ)
・ChirsAnderson (MSDN Show )
・TommyWilliams (MSDN のリードプログラムマネージャ)
という面々で当然.NET対応なのでWin + IISじゃないと動かないってところがらしい(^^;
にしてもあそこの技術者達はRSSリーダーを独自に開発したり、主要開発者数十人がMSN内にBLOGを持ってたりと全然業務と関係ないところでも活発だよなぁ〜、ほんまに恐れ入る。
しかもFlexWikiサイトを上手く使ってINETAの活性化につなげたいという話がメンバー間で上がっており、日本語サイトの開設、それからテスト工程でNUnitを使っているからと今度はXPユーザーグループ主催でNUnitとNAntの勉強会をやろうという運び。
なんていうか行動力が半端じゃないなぁ・・まぁINETA代表で会長やパルマー氏と直接懇親会をやる人たちやからなぁ、ついていくのもひと苦労やで。

Posted by GAMMARAY at 00:34 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月08日

銭湯?

仕事中にTSUTAYAからTELあり。
なぜにTSUTAYAと思ったら、どうやら前に190円でレンタルした「めぐりあう時間たち」が銭湯に置き忘れていたとかで、店の人がわざわざ届けてくれたらしい・・ん?銭湯?、あたしゃ銭湯なんてここに引越してきた当初2,3日ガスが通ってなかったので、そん時に行ったっきりやで。
あ、なるほどコインランドリーか。
そういえばコインランドリーを待ってる間TSUTAYAに行った気がする、あぶないあぶないたまたま親切な人が届けてくれたから良いようなものの・・ってか明日が返却日やのに実はまだ観てない・・故に忘れたことに全く気づかんかった(^^;
う〜ん、今から観ようにもしんどいなぁ・・一日延滞するか。
まっ延滞はいつものことやし・・こうしてTSUTAYAのワナにはまる罠・・190円で借りて延滞金を300円ほどとられるのであった。

Posted by GAMMARAY at 22:59 | Comments (0) | TrackBack

XBoxがホームサーバーに?

今日のニュースによると「Windows XP Media Center Edition」の機能をXboxに拡大するキットをリリースする予定だとゲイツ会長は話している。このキットはXboxを、ライブ映像や録画された映像、音楽、写真を再生できるセットトップボックスに変身させるとある。
ということはPCとXboxをLANで接続して、Xbox側のソフトを拡張すればXboxでTV画像を録画したり出来るということなんだろうか? Xbox内臓のHDDはせいぜい5GBなので大した容量ではないが、なかなか興味のある話には違いない。
いや興味があるのは上記の拡張機能ではなくMSの底知れぬパワーの方だろう、既に市場はPS2の独壇場だがMSはかつでのライバル達とは違い、ありあまる資源と技術力そしてWindowsの圧倒的な支配力をもって次々と新しいメディアを取り込んでいける・・確かにPCと結びつけるなんて発想はMSかIntelくらいしか実質的には思いつかないだろうなぁ。

あれ?ってことはPC側にもXPのメディアなんちゃらエディションがいるんってことか。
それはどうかなぁ・・

Posted by GAMMARAY at 22:38 | Comments (2) | TrackBack

2004年01月06日

構造改革特区

以前自分も通っていたデジタルハリウッドが大学院を創設するらしく、その名もデジタルハリウッド大学院というらしい (まんまでんがな)
ただ中身は本格的な大学院のようで入学条件は4大卒業又は卒業見込み、卒業後はプロデューサー又はディレクター職の修士資格が与えられるとのこと。
シラバスを見た限りではWebを中心としたプロデュース、マネジメント、マーケティングを学ぶらしく技術よりではないが、講師が全て業界人ということで実践的なカリキュラムということなんだろう。
自分が4月から通う予定の稚内北星学園大学の東京サテライト校しかり、兵庫でのカーネギーメロン大学の日本分校しかり、これらは構造改革特区による
○株式会社、NPO法人による学校設置の容認
 (学校教育法)
 →地域の特性を活かした人材の育成、
   不登校児童生徒等に対する教育などの進展
○学校法人の校地・校舎の自己所有要件の緩和
  (私立学校法関連)
 →地域のニーズに沿ったNPO法人等による
   学校の設置の容易化
○空きビル等の活用に資する大学の建築基準の特例
 (天井の高さ3.0m→2.1m)(建築基準法関連)
 →オフィスビルの学校利用による大学設置の容易化

の効果ということらしい。

こういった規制緩和策は、従来の画一的な大学教育とは違った新たな教育への道が開かれたという点で非常に喜ばしいことではないだろうか。
ただ上記のどの学校に行くにせよ我々が一期生となるわけで、ある意味実験台でもある、故にモルモットとして終わるか、パイオニア的な役割を担えるかは2年後になってみないことには分からない。
ただ学生の側も以前のようにただ講義を受身で聞いてるだけでは従来の大学と何も変わらないわけで積極的に自分達で講義を作っていくんだという姿勢こそが最も大事だと言える。
それが出来た学校は間違いなく後車の役割を担えるだろう。

Posted by GAMMARAY at 20:01 | Comments (0) | TrackBack

正月休み最終日

なんか12月にも長い休暇があったけど、常駐先にも慣れてきた分前回よりも全然気が楽だわ。
それはともかく今日は昼くらいにご飯を食べに行くと、ちょうどランチの時間だったのでいつも食べる「ラーメンとチャーハンのセット」が710円ではなく550円だったり、TSUTAYAにレンタルに行くと毎週火曜は190円だとかでまたお得!! おまけに部屋に帰ってみるとTV東京で「ベストキッド」がやってまんがな!
たまに観たくなるのよねぇミヤギさんとダニエルさん(^^)これって今年引いたおみくじ(大吉)の効果かぁ〜とふと思ったりもしたがいたって普通の定期的サービスなんだよなこれって(^^;
ついでにTSUTAYAのレジで「今度から会員証が全国で使えるようになります」とか言ってたが、渋谷で借りたDVDを上石神井で返せるようなサービスも合わせてやってくれないとあまり使うメリットってないよなぁ、でもまぁコストに見合うとも思えないサービスを敢えてやった経営側の姿勢は評価やね。
ふむ・・いたって平和な日常である。

という内容でこのEntryを書き終えるのも如何なものかと思うのでTech版で始めた.NET Dictionaryについて。
とにかく当面.NET限定といってもその量たるや膨大なわけで、説明文に関連語句があった場合は全てにリンクを貼らないといけないので、完成はいつになることやら・・けどこの企画に限らずやけどTech版をある計画の為に大いに活用するという明確な目的が出来た為に、今後は重点的に拡充していく予定、その苦労の成果が夏過ぎから冬あたりの時期に実を結ぶことを願って。

Posted by GAMMARAY at 14:38 | Comments (0) | TrackBack

覚悟して創作に没頭した年でした

GoFind_YourColor.jpg

年の瀬のクソ忙しい時期にツールを作ってくれと依頼してきたオリパーカーン (一応チームの正GWでカーンのユニを着てる) からメールが来たのだが、「なかなか良く出来てるなあ」って誰に口聞いとんねん!ってことをここで書きたいわけではなく、そのメールには"ある方"からのメールの紹介と左の画像が添付してあった。(便宜上Hさんと表記します。)

自分が以前勤めていたCG製作会社に入社したちょっと後にHさんは入社されたんですが、その会社を辞めた時期も大体同じ頃という妙な巡り合わせがあったり、 当時その話を聞いた時は自分のような技術屋一匹いなくなったところで大した問題でもないが、Hさんのような社内でも屈指のクリエイティビティの持ち主が去っていくというのは会社にとってどれ程の損失かを深刻に考えるべきだ!ってなことを周囲にもらしたりしたものです。
そのHさんは退社後、夢だった絵本の作成を手掛けられたらしいという話は風の便りっていうかカーンあたりから聞いてはいたのですが、まさかこんな素晴らしい作品を作っておられたとは・・
この作品はHさんがボローニャ国際原画展に出品する為に創作されたということですが、そのカーンが転送してくれたHさんのメールの一文に身が震える感覚を覚えた・・

「覚悟して創作に没頭した年でした」

Hさんのことを知っている人であれば、これがどれだけ重い言葉であるかが直感的に理解できると思いますが、自分なんてこれほどのことを言える程には何もしていないとほんと痛感します。

お互い目指すべき到達点は違っても、向いてる方向は同じかと思います。
頑張ってください、自分も負けないように頑張ります o(^ー^)o

画像 (GoFind_YourColor) はHさんの許可を得て掲載しております。

Posted by GAMMARAY at 00:21 | Comments (2) | TrackBack

2004年01月05日

滝川二(兵庫)が高校選手権でベスト4進出!

数年前に林 丈統(市原)が得点王になった時以来、去年と今年もベスト4とは・・一昔前と比べると滝2は強くなったなぁ。
兵庫県は野球と駅伝は全国的にもかなりの強豪やけど、正直サッカーはいまひとつだっただけに滝2の躍進はほんまにうれしい! 準決勝は優勝候補の国見相手やけどなんとか兵庫勢悲願の全国制覇を成し遂げて欲しい。
あぁ〜あ準決が明日やったら応援に行けたのになぁ・・ちなみに高校時代に一度滝川第2高校へ試合に行ったことがあるのだが、その際グラウンドに貼ってあった基礎体力表 (1500m走、50m走) の数値を見てド肝を抜かれたことがある。
1500mの平均が約3分半、50mは6.4〜6.6くらいだったと記憶している・・自分の場合、50m走は当時6.0〜6.2くらいだったので問題ないが、1500mは話にならん(^^;っていうかこれは部員全員の平均だってんだからやばいです、これが全国レベルかと試合をする前から やる気がうせたもんなぁ・・(ちなみにこの時試合をしたのは滝2ではなく宮城の東北高校だったんやけど)
そういえば大学時代に入ってたサークルでも県選レベルの人が数人おったなぁ、初めての紅白戦で元京都選抜の先輩と1対1になったことがあった・・正直自分も小4からずっとDFで一応姫路選抜にも選ばれてたりして、足が速かったことから1対1にはめっぽう自身があった (ただし空中戦は弱い・・) のだがこの京都さんが凄かったのは、向こうが一度フェイントを入れ、それにこっちが反応した瞬間、ようするに体重を移した瞬間に逆方向へ切り返すわけ、愕然としたでまったく体が反応できないタイミングで抜かれたんやから・・TVで何気にロナウドやフィーゴが1,2度のフェイントであっさり抜いていくシーンをよく見掛けるが、あれはDFの体重移動のタイミングまでを予測してかわしてるんだろう。
それを芸術のレベルまで極めると、あの有名なマラドーナの相手5人ごぼう抜きとなるわけだ。
それを知ってるから俺の場合、「Jリーグなんてレベルが低い!世界と比べたら〜」なんてゴタクは死んでもいえないわけなのである。
いやJリーガもぶっちゃけ凄いでほんと。

Posted by GAMMARAY at 21:14 | Comments (2) | TrackBack

俺的BEST2003

なんかすっかり2004年になっちゃいましたが、まだ去年を締めくくってないのよね。
というわけで2003年の俺的BESTを一挙掲載。

映画部門
1.HERO
2.ピンポン
3.ラストサムライ
3.シティ・オブ・ゴッド
5.ロードトゥパーディション

時間がないので部門別はやっぱ止め(^^;
やはりHEROの完成度の高さが際立った、ピンポンは2度、3度みてあらたな発見があるという潜在的な作品の力を評価。
ラストは良い作品であることに間違いないが、トムが死を決意するくだりの説得力に欠けている点がマイナス評価。
シティは凄い!3位になったのは単純に自分の映画観の違いだけ、作品としての完成度はHEROを下回っていない。
ロードも完成度いう点では決して他に引けをとらないが、ラストがあまりにも読めすぎた・・

洋楽部門
1.MUSE「ABSOLUTION 」
2.THE ATARIS 「so long astoria 」
3.THE STROKES 「ROOM ON FIRE」
4.BUSTED 「 A PRESENT FOR EVERYONE 」
5.HAREM SCAREM 「 HIGHER 」
5.AndrewW.K 「一匹狼」

とにかくMUSEの倒錯世界は病みつきモノ、前作もそうだが今作も完全にMUSE WORLDが確立されてるのが凄い、その点ではSTROKESも同じかな。
ATARISは来たね〜超大型新人が!衝撃としてはSR71に匹敵!!
個人的にはやはりSCAREMの復権というか今作は面目躍如だろう。最高傑作「MOOD SWINGS」の至高を目指してこのメロディック路線でお願いします。
兄貴は前作と比べるとややパンチ不足もやっぱすげぇわ(^^)

虎部門
1.井川慶 (20勝5敗 防御率2.86 最多勝最優勝防御率賞沢村賞2004MVP )
2.矢野輝弘 (打率.328 HR14 打点79 )
3.赤星憲広 (打率.312 盗塁61 盗塁王 )
4.今岡誠 (打率.340 HR12 打点72 首位打者 )
5.金本知憲 (打率.289 HR 19 打点77 盗塁18)
6.安藤優也 (5勝2敗5S 防御率1.62)
7.伊良部秀輝 (13勝8敗 164三振 防御率3.86
8.ジェフ・ウイリアムス (1勝1敗25)
9.ジョージ・アリアス (率.265 38本 107打点)
10.下柳剛 (10勝5敗 防御率3.73)
10.藤本敦士 (率.301 36打点)

やはりこの成績では井川が1位だろう、矢野はここまでの投手王国を気づいた手腕を評価!
今岡と赤星はさすがに迷ったが今岡は後半失速したのがちょっと印象を下げた感じ。
金本の存在感は数値だけでは語れないだろう。
あと今期の安藤の圧倒的な安定感は二桁投手の伊良部、下柳よりは上と評価、こういった若手が出てきたのは本当にうれしい。
両外国人の内、ウイリアムスは守護神の風格十分!日本シリーズも圧巻!ジョージはHRと打点は問題なしだが、打率をせめて.280まで持ってきて欲しい。
藤本は本当によくやった!来年は鳥谷との競争が熾烈だが頑張って欲しい。

直接成績とは関係ないが、今のチームの雰囲気は本当に明るい!以前から虎は大人しい選手が多いと言われていたが、赤星のおちゃらけキャラや、藤本のいじられキャラ、金本の悪童っぷりに、桧山のノリの良さなどなど試合の外でも本当に雰囲気が良いのである。
本当に良いチームになってきたな阪神は。

まぁこんなもんだろう、重大ニュースはもう去年のことなので割愛するが転職が1位なのは確かかな。
ふぅ〜やっと去年の総括が終了(^^;

Posted by GAMMARAY at 13:46 | Comments (0) | TrackBack

新年の抱負やら色々

今日から仕事始めな人が多いと思うが、自分は明日までまだ正月休みなのである・・この辺り顧客の言いなりなところが中堅SIerの悲しいところなのだろうが、当の本人は休みが増えてうれしい限り(^^)
ということで今時点で思ってることなどを書き殴ってみよう。

1.学業を最優先にし、仕事は2の次
この辺りは会社にもはっきりと言う予定「俺にとって仕事は2の次ですらあり得ない」と。
1年目から積極的にグリッド、Webサービスについては取り組みたい、自分にとっても.NETからの過度の呪縛を緩める良いきっかけになるだろう。出来ればこの道では国内でも屈指の丸山学長に貼り付いていければと。
あとここで出会うであろう、多くの同窓生達と新たなコミュニティも気づいていきたいね。

2.MCAD (MCSD.NET) の取得
もういい加減、資格を取る!大体いつも勉強を開始して良い具合になってくると決まってくそったれな仕事が飛び込んでくる・・その先のことも視野に入れなければならないことから早期にMCADを取る!もう妥協はしないのである。

3.ダイエット!
毎年正月に実家に置いてある体重計にのってびっくり!!なんと去年と比べて5,6キロも増えてまんがな〜ウギャー・・自分の身長は約174cmなので理想体重は0.9掛けで約67kgであり、これに+3kgしたがって70kgくらいが理想としているだけに、来年実家に帰る時までにこの体重に戻してみせる!

4.年内に動くか・・
自分はほんとにSIerに向いているのだろうかと最近よく思う・・Webを始めてから気づいたのだが、自分はやはり情報などをWebで発信したりなんてことが結構好きな性分なようでひょっしてこっち系?なんてことを考えたり・・そういう意味では自分にとってベストな所をひとつ狙っていたりするんやけど。

5.雑多な借金を完済!
育英奨学金の滞納分、NTTの滞納分、住民税の滞納分、親に借りた借金、友人Yに借りている借金、レオパレスの年会費、レオネットの滞納分。
・・・これだけで今年の予算が大幅にふっとぷがな〜(T T)

6.阪神タイガース連覇!!猛虎時代の鼎立!!
まぁこればっかしは俺個人でどうにかなることでもないけど(^^;

7.技術系サイトの充実
特に新しく作成予定の".NET Dictionary"についてはなかなかのボリュームだが是非やってみたい。
Coodianのように規模、内容ともに充実したコンテンツを目指す。
このWebでの活動もINETAを中心とした.NETコミュニティと大学のメンバーを中心としたもっと広範なコミュニティってのも作っていきたい。

8.第3世代.NETテクノロジーへの対応
今年はYukonとWhidbeyのリリースが控えている! ドットネッターとしてはこれら第3世代への対応は次の第4世代(LonghornやOrcas)を視野に入れると確実にものにする必要がある。忙しいよなぁ。

Posted by GAMMARAY at 12:12 | Comments (2) | TrackBack

聖地巡礼

聖地と言っても甲子園ではない、甲子園は既にヴァルハラに近いが今回巡礼した聖地は寅さんの故郷"葛飾柴又"のことである!ということで今日は柴又へ初詣に出向く。
駅を出るとすぐ正面に寅さんの銅像があり思わず携帯カメラで撮影! (写真はMobile版の方へ掲載) 帝釈天自体はそれほど大きくはなかったが、ぱっと見ただけで御前様と寅さんとの掛け合いが目に浮かぶようで感慨もひとしお、寅さん記念館はもう涙ものの数々・・ちなみに"男はつらいよ"は一度姫路を舞台にする話もあったらしいが、コスト面で折り合わず結果姫路の隣に位置する竜野市を舞台にしたという話がある、今にして思うと本当に姫路は観光下手だよなぁ、時代が今なら映画の積極誘致政策の元、寅さんが姫路城を練り歩くなんてこともあっただろうになぁ。
ちなみに帰りにとら屋でお団子を食べたが、映画に出てくるような"おいちゃんとおばちゃん"があくせくと働いてるような昭和の風景はそこには既になく、食券制で自動化された団子どころか和洋中となんでもありの普通の定食屋になってしまっていた・・まぁしょうがないか、今はもう21世紀やし(^^; その後でさてどうしようかという話になったのだが、せっかく日暮里まで来たことだし、ふと以前からやりたかった作戦を提案!その名も「今年の干支とトラッキ〜の親分を観に行こう in 上野動物園」!!
なんともガキっぽい提案に一笑に付されたらどうしようかと思ったが、あっけなくGOサイン・・ということでいざ上野ZOOへ行ってみると、なんとこの時期は5時で閉園だとか・・このやろぉ〜お気楽公務員みたいな生活しゃがって〜。
それでもお目当てのトラやサル、パンダはしっかりと観れたので良し(^^) トラッキ〜はかわいいがさすがに本物のトラはごっつい・・どこからどうみてもこのトラからトラッキ〜、ましてやラッキ〜ちゃんなんて想像できないのだが、まぁこれはこれ、それはそれということで(^^;
自分としてはキリンやらカバやらサイやらの大型動物が時間切れで観れなかったのが残念・・ちなみにこの動物園確かに広いのだが、姫路動物園だってトラやゾウや、キリンくらいいるわけで中には観覧車もある!確かにパンダはおらんが、フラミンゴの数なら勝ってたぞ・・でも動物園なんて何年ぶりやろ?神戸の王子動物園にパンダを観に行った記憶は微かにあるが・・

今日はなんか東京の違った一面をかいま観た気がするなぁ〜ほんま楽しかった!

Posted by GAMMARAY at 01:35 | Comments (0) | TrackBack

2004年01月03日

謹賀新年

毎年恒例になりつつある大晦日の実家帰りから今帰宅! ということで新年一発目のEntry書き込みである。
実家に帰ると丹後から祖母が来てたり、アイちゃんが相変わらず家中を走り回ってたりと賑やかなもんで、大晦日は格闘技番組をころころ変えながら、あきらかに飽和状態のご馳走の数々にビール、各種日本酒に赤ワインとこれまた飲みきれない量が出るわ出るわ(^^; 去年買って帰った洋菓子はあまり評判が良くなかったが、今年はなんか「東京の洋菓子ベスト100」の第29位のアップルパイ風のケーキを持参。これはかなり好評だったので○ (実際美味かった!)
元旦はラストサムライと大河ドラマ”武蔵”の撮影が行われた書写山へ初詣!ただ自分の期待とは裏腹にそれほど宣伝をやってないっていうかラスト〜も武蔵も影も形もなくてちょっと拍子抜け・・このあたり肖像権の問題があるのだろう。 (昔TV局に勤めてた奴から聞いたことがある)
それでも映画の中で観た場所を発見する度にキャ〜キャ〜と言ってた自分がいたりするのだが、同じようにキャ〜キャ〜言ってる人が結構いてやっぱりラスト目当てなんだろうなぁ(^^)
それからは割りとのんびりと過ごしていざ東京へ! 帰りの新幹線では優雅にグリーン車へ載って名古屋あたりで買った駅弁を食べながら戻ってきたのである。
ちなみに書写山でひいたおみくじは大吉!!今年は良い年にしたいもんだ。

というわけで本年も宜しくお願いいたします。

Posted by GAMMARAY at 23:32 | Comments (0) | TrackBack