TOP
PROFILE
MUSIC TUNE
BBS
LINK

2005年10月30日

大フットサル大会

土曜は会社のプロジェクト対抗大フットサル大会 in 二子玉川
チーム数は約20(これでも応募が多すぎて制限したらしい)で、参加人数は300以上というなんともグレートな規模、プロジェクトの威信をかけた戦いが今!って感じ(^^)まぁその割には自分は遅れちゃったんやけど、開会式には間に合ったもんね。
我がチームは10人くらいの人数で大会に臨むも、初戦は優勝候補のチームに0-1で敗れたものの、第2戦は1-0で勝利!上位2チームが決勝トーナメントに上がれるとあり、鼻息荒く望んだ第3試合は結局0-2で敗れて予選敗退になってしまった・・まぁ経験者よりも初心者の方が多いメンバー構成だったのでこんなもんだろう、悔しいと言えば悔しかったけど、そんなことよりこの大会をきっかけにプロジェクトの面々と交流を持てたことと、自分達のプロジェクト以外に各地に散っている多くの人たちと出会えたことが何よりの収穫だったとほんと思う。
いやぁ〜ほんと楽しかったなり(^^)/ こういう企画はもっとどんどんやって欲しいですな。

Posted by GAMMARAY at 20:08 | Comments (3) | TrackBack

2005年10月27日

敢えて言い訳をしてみる

もちろん4連敗の言い訳なんやけど、ようするに日程の件ね。
阪神惨敗の陰に「いびつな日程」?

これが全ての原因でないことは確かで、まぁ最終的には実力差なんだろうけど、ただペナントでは圧倒的なソフトバンクが2年連続で下位に破れ、中日、阪神もやっぱりプレーオフを制したチームに勝てなかった。
特に中日も阪神も初戦は完全に抑えられている・・う〜む、結局最後はセリーグもプレーオフ導入ってことになるのだろうか?
最初は否定的だったけど、やっぱり盛り上がるしねぇ〜プレーオフ決勝を阪神と巨人でやったらまさに天下分け目になりそうだ(^^)

まぁなんだかんだ言い訳書いたけど、一日経ってようやく冷静になりましたわ。
4連敗と言えどもセリーグを制したことに変わりはないわけだし、やはりこれは誇るべき、そして賞賛されるべきことだ。
それからロッテもボビーの下、若手やベテラン、助っ人外人が実によくまとまって活き活きと野球をやっていたと思う、恐らく阪神を含め他球団も大いに学ぶべきところだろう。

ってことでロッテはん、来期の交流戦では虎が6連勝すること期すと共に、日本一おめでとうございま〜す(^^)/

Posted by GAMMARAY at 19:16 | Comments (2) | TrackBack

移行計画

たまに言われます。
「enterpriselibrary.jpってなんでCommunityServerとかじゃないの?」
って。
答えは簡単、ASP.NETをホステンングしてくれるとこはどこも高いんだよ!大体月額のサーバー維持やドメイン維持費に小遣いをそんなに使えるかっちゅうの!アフィリエイト収入つってもたかが知れてるやないの!
ってことで容量200MBで月額300円ほどの定番ロリポップを利用してるわけで、まぁ結果としてMTやXOOPSを使ちゃってるわけです。
そう、高いのです、Windowsは・・

高い・・ん?
スタート・マイ・ドメイン

あれ?コザックのcerviなんて1GBで700円!!マジで!?

ってことでenterpriselibrary.jpのCommunityServer化又はDotNetNuke化を検討することにします(^^)

つっても何気に移行は大変だなぁ〜ちょっと移行計画書でも書くかな(^^;

Posted by GAMMARAY at 10:43 | Comments (7) | TrackBack

2005年10月26日

色々と動き出す

今日はエルフィンへの転籍にあたり必要書類を提出し、メールアドレスやIDも有効になったので、本日を持ってほぼ入社ということになったみたいです。
ちなみにこんな会社です、まぁ知ってる人は知ってるんですけどねってまだ日本の旗がないんですけど(^^;

んで実は来月17日にMS主催のローンチパーティーがMVP、INETA向けに開催されるとかで当然参加で返信してたんやけど、どうやらこの日はエルフィンのグローバルの技術担当の偉い人が来日するらしく、今後の展開や戦略などの話と親睦会があるとのこと・・まぁ一瞬考えたけど、やっぱり話を聞いておきたいのでローンチパーティーの方はキャンセルということで(^^; まぁMVPの方々とはまたお会いする機会もあるでしょうしね。

んで今日エルフィンから届いたメールによると、MSのお偉い方がゴンドールの技術グループとエルフィン向けにWWF、Vista、BizTalk Server, WCF (Indigo)などを交えてMSが提唱するSOAについて特別セミナーをやってくれるらしい。
当然これも即行参加♪

Posted by GAMMARAY at 23:37 | Comments (0) | TrackBack

終戦

今回だけは選手を讃える言葉が何一つ、何一つ見つからない。
まぁ来期に向けてゆっくり休んでください。

以上。

Posted by GAMMARAY at 21:38 | Comments (6) | TrackBack

2005年10月25日

ハングリー精神を忘れると・・

ここまで無残な姿になるのか。
18年間何度最下位になっても虎は強いと信じ続けたあの時代に比して、今や3連敗程度でもうダメだと思ってしまう、
無残なのは果たしてフィールドのナインだけなのだろうか・・

今はこれしか書けない・・

Posted by GAMMARAY at 21:54 | Comments (6) | TrackBack

新宿にフットサルコートが!

新宿三越の屋上になんとフットサルコードがオープンしたようです!しかも10月15日からなのでめっちゃ最近ってこと。
今までは最も近いコートでも五反田や神宮だっただけに、新宿にできたのは良いですなぁ〜ぶっちゃけ個人での参加も可能だし、電車で一駅ってのがうれしい(^^)
ちょっと顔出しみようかなぁ〜

新宿アルコットスタジアム

と思ったらなんと今度は田無にも近日フットサルコートがオープンするらしい!どちらも同じグループってか銀座DEフットサル系列みたいやけど、田無って俺が住んでる上石神井から下りで駅3つくらいやん!!
今まであまり近所になくて嘆いてたフットサル環境が、ここにきて一気に整ってきたみたい♪

誰か興味ある人、声かけてね〜(^^)

Posted by GAMMARAY at 14:22 | Comments (6) | TrackBack

2005年10月23日

なんか圧倒ですなぁ

どうやらディープインパクトが皇帝ルドルフ以来の無敗3冠を達成したようですねぇ、既に同世代はおろか国内に敵がいない気がするけど、ジャパンカップあたりで古馬とやってもこんな状態で勝つなら、いよいよ目標は世界ですかね。

ってことで今日は横浜でフットサル。
場所は東急ハンズ前のダイエーの上やったんやけど、なんか周囲が公団団地で囲まれてるので、完全に都会の穴場状態、しかも団地関係者しか予約できないってんだから、土日でもガラガラという有り得ない状態らしい。まるで秘境だね(^^;
んで試合はというと、そもそもみ〜んな週に1〜3回もやってるような連中で高校生チームもいることから、体力でとってもついていけまへん。
こっちは数ヶ月に1回くらいしかやらんのに、こんなのハンデあり過ぎやで・・まぁ大会前のカン戻しが目的やから、その点ではこのハイレベルな中でやれたことは悪くなかったけど。
終わった後は武蔵小杉で飲み。
部長と飲むと大学時代の懐かしい話が色々と出てくるから、今となっては貴重だな(^^)

そう言えば今日は他にもなにか”圧倒された"ものがあったような気がするが、まるで覚えていない。
というかこれからしばらくは自分の前でこの"圧倒された"ものについての話は厳禁にします。
ということで自分は完全に頭から消去します。
韓流映画ではありませんが、「私の頭の中の都合の良い消しゴム」です。
ご配慮の程宜しくお願いいたしますm(_ _)m

Posted by GAMMARAY at 22:02 | Comments (1) | TrackBack

2005年10月22日

そもそもプレーオフ

ちょっと冷静になってきたので、続けて中継を観る。

大体パリーグが勝手にやってるプレーオフのせいでセリーグ王者は毎年3週間も待たされるんやから、これはもうパリーグの巌流島作戦としか言いようがない!
これじゃ初戦のモチベーションが違うのは当たり前やし、今後セリーグ王者は毎年初戦持ってかれんぞ!
現に去年も中日が石井の前にわずか2安打で完封負けしてるし。

オマケに有り得ない狭さのストライクゾーンに、訳の分からん霧は出てくるし、おまけによしこは出てくるし、もうええから試合中止せ〜よ。


更に冷静になって振り返る。
井川は結局シーズンと同じく危なっかしいままやられてもた感じやし、期待の1,4,5が抑えられてはもう何も出来ん。
片岡はまるで打つ気がしなかったし、鳥谷はもう少し粘れよなぁ。
橋本は・・まぁはじめてのシリーズ、しかも初戦だし・・

とりあえず気を取り直して明日は下柳か、惜敗じゃなくて爆沈したことで、完全に虎が目覚めたことを期待しよう。

あ、明日はサル&飲みで中継観れないかもなぁ〜

Posted by GAMMARAY at 20:50 | Comments (2) | TrackBack

日本シリーズ第1試合

2年前は超苛烈な業務で全くシリーズが観れなかったから、俺にとっては初の日本シリーズだ(^^)

井川、清水の両エースで始まった第一試合。
今江に一発をやられてやばいなぁ〜ってハラハラしたけど、それ以降はランナーは出せどバッタバッタと三振の山。
頭抜けた体力を持つ井川なら以降の回はどんどん調子が上がっていくことだろうからまずは安心。
問題は打線だが・・まずは一点をなんとか。
打てないわけじゃないんだよなぁ〜矢野、檜山は当たりも良いし。

1点:よぉ〜し、下位打線で同点!檜山気合のタッチアップ!

なんや?この審判まったくストレートとらんやんけ。こんだけ取ってもらえんとそら狙われるよなぁ・・4点かぁちょっと重いのぉ。
シーちゃん当たってる〜後は4,5、まずは頼むでアニキィ〜
んがぁ〜二人合わせて270打点も未だ沈黙(T T)

・・・潮時か、井川
なんやこのCM?やっぱりガム屋やんけ。

片岡なんかシーズンもさっぱりなんやから、若手使おうよ〜打てる気せんわ。
お、ハッシ〜登場、相変わらず背か高い、 井川は甲子園で復讐を果たせ!それでメジャーとは片腹痛いぞ。

うぜぇ〜もう中継止めや、けったクソ悪い。

にしても勢いってのは怖いな、ソフトバンクが負けたわけや・・

チャンネル変えてWOWOWでも見てよ。

久しぶりにムカムカしてきた

唯一の収穫はガム球場でも半分を埋め尽くしたトラキチの大応援!
やっぱり全然負けてないがな、甲子園はこれの比とちゃうけどな。

Posted by GAMMARAY at 19:27 | Comments (0) | TrackBack

立派なのが届いた

今日の朝MVPの認定証が届いた。
なんか事務局の住所登録がおかしかったとかで、諸々の発送が遅れてるらしいんやけど、ようやく到着、なんかMCPの認定証と違って立派なものが届くんですねぇ〜しかも同じく送られてきたバッグにしても、割りと良い感じで、しかもその全て(特製ボールペンにも)にMVPロゴが付いてるから驚く。
会社支給のノートPCも入るから、もうTechEdバッグはいらないな(^^;

映画雑誌「PREMIERE」が休刊して、しばらく映画雑誌を買ってなかったんやけど、試しにHIHO(映画秘法)を買ってみた。
この雑誌とってもノリがB級で良い感じだねぇ〜なんか記事を書いてる人たちもひと癖あって読んでて面白いし、継続購入かな(^^)

久しぶりにゲームネタ
来週に「ワンダと巨像」が発売されるそうですねぇ、これって宮部みゆきも小説を書いた前作「ICO」と同じチームが開発しただけあって、なかなかの評価らしいです。
ICOは当時海外のゲーム・映像クリエータから絶賛された作品で、あまり日本では売れなかったらしいけど、やはりワンダ〜も、どこか退廃的て冷たい世界観や空虚な雰囲気、映像美などかなりの出来のようだ。

オフィシャル映像

Posted by GAMMARAY at 16:51 | Comments (0) | TrackBack

応援対決!

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051022k0000e050073000c.html

阪神タイガースの応援スタイルは昔ながらの王道スタイルであり、メガホン、応援歌、ラッパ、応援団旗そしてジェット風船で、圧倒的な迫力とともに相手応援団を圧倒するスタイル。
ロッテの応援を始めてみたのは今年の交流戦で、確かにメガホンを使わないタオルを使ったスタイルと、リズミカルな楽曲は野球界にしては斬新に映るだろうか、あれはどちらかと言えばJリーグのスタイルに近く、26人目のプレーヤーという発想(ベンチ入り選手が25人なので)も、Jリーグでは12番目のプレーヤーということでサポーターと称している。

確かに野球しか見たことがない人が、Jリーグサポーターの応援を見るとかなりのインパクトを受けるのではないだろうか?
言うなれば野球が演歌なら、Jリーグはやはりポップに映る、別にどちらが良いという話ではないが、阪神タイガース応援団関東地区代表が「負けた」と思ったのは強ち嘘ではないだろう。
確かに巨人、ソフトバンク、中日の応援も強敵ではあるが、やはりロッテは何かが違う、最強の敵かもしれない。

だが、ここで忘れてはならないのはファンは現地で応援をやってる連中だけじゃないってこと。
東西南北津々浦々に存在する圧倒的な阪神ファンのパワーをこの一週間でロッテファンは痛いほど思い知ることだろう。

Posted by GAMMARAY at 16:26 | Comments (0) | TrackBack

頂上を目指していざ!

明日(もう今日)から、いよいよロッテとの日本シリーズがはじまる!
豊富な投手陣を誇る両者だけに接線は必死だろうが、個々のタレントはやはり阪神が上!
あとはソフトバンクと同じく勢いで一気にやられなければ、問題なく4つ取れるだろう。
楽しみな一週間がはじまるな(^^)

Posted by GAMMARAY at 00:14 | Comments (2) | TrackBack

2005年10月21日

深夜フットサル

昨日は仕事は22時までに切り上げて五反田のフットサルコートへ。
向こうは大手町の大きなプロジェクトのチームで来週土曜のプロジェクト対抗大フットサル大会の予選であたるチームでもある。
ちなみにこの大会は参加者だけで全20チーム(他にもキャンセル待ちが多数あるらしい)、総数300人弱という規模で二子玉川コートってそんなに人入らるのか?ってのがちと心配。
なんかお金を持ってるのか、多くの上の人が支援金を出してくれてるようで、ギャラリーには大会とは別で豪華なトトカルチョもあるそうだ(^^;

と、それはそうと深夜フットサルが始まったわけやけど、う〜ん、2戦とも負けちゃいました(^^;
こっちが遅刻してアップも出来なかったのもあるけど、なぜか向こうは慣れてる人が多かったなぁ〜俺なんて何ヶ月ぶりの試合だろ・・動けないのはともかくとして、カンまで大きく鈍ってるのはさすがにやばいよなぁ・・。
まぁタイムリーに次の日曜に大学時代の部長から横浜でフットサルに呼ばれたので、ちょっと怪我をしない程度にカンを取り戻すことに専念しよっと。
ちなみに来週もまた深夜フットサルがあるらしい(^^;

Posted by GAMMARAY at 14:25 | Comments (0) | TrackBack

2005年10月20日

また書類をかき集める日々

来月頭からエルフィンへ転籍することが正式に決まったので、今は現会社の退職手続きとエルフィンの転籍手続きで大忙し。
現会社に入る時に用意した大量の書類をまた1から集めないといけないのでほんと大変なんやけど、あまりにも短期間で転籍が決まったので健康診断の書類は使いまわせるかも(^^;

2月へ向けて色々と動き出したんですが、EntLib絡みでエルフィンに社名公開や資料のことやらで相談したところなんか会社として支援をしてもらえるかもしれない。
いやぁ〜なんていうか地道に草の根でやってきたことが、組織を少しでも動かしたのかなぁ〜と思うとちょっと感無量です(^^) .NET Framework2.0とEntLib2.0に連動してアレも5.0へと進化しますか。
劇的な進化がパワポの通りなら、やっぱりこいつは大した代物だわ(^^)

そうそう昨晩は本社のお偉い方と高そうな店で親睦会。
1人1万円近いコースを35人くらいいて、全てポケットマネーってどういうことやねん(^^;

Posted by GAMMARAY at 00:28 | Comments (4) | TrackBack

2005年10月19日

Team EntLib.jp始動!

Team EntLib.jpのメンバーであるnishizakiさんによって、CodeZineでEnterpriseLibraryの記事が2つ公開されました!
GUIツールを利用した「patterns & practices Enterprise Library」の構成
「patterns & practices Enterprise Library」認証プロバイダの拡張

以前水道橋で戦略ミーティング(?)をやったときにCodeZineも攻めましょう!って盛り上がったんですが、早速の公開です(^^)
@ITは広く概要の公開がメインですが、CodeZineはTipsが主な内容になると思います。

ちなみにTeam EntLib.jpは飲みで何気な〜くネタで盛り上がってたら、本採用になった感じです(^^)
次はVSUGあたりも狙ってますよん〜♪

Posted by GAMMARAY at 23:27 | Comments (6) | TrackBack

2005年10月18日

リレー連載「NAgileで始める実践アジャイル開発」開始!

@ITで座談会レポート「NAgileで始める実践アジャイル開発」が掲載されました。
今回の座談会に参加したのはSkype参加メンバーを加えると、
小島さん
小井土さん
小野さん
黒石さん
森屋さん
中西さん
福井さん
自分
なんですが、やっぱり小井戸さんと森屋さんの独壇場ですねぇ〜現場では福井さんや中西さんも結構話してたと思うんですが、あくまで中心的だった方の名前が出てるようです。
今後はこの8人が交代で思い思いのNAgileをテーマにリレー連載をしていくことになります。

恐らくリレー連載の順番は名前の並び順だと思うけど、となると自分がトリか?なんかこのメンバー以外にも飛び入りで誰かが参加しそう〜ってかそういうのもアジャイルで面白いなぁ(^^;
ふむ、今書いてるのと、連載と、なんか2月に入ってきそうなのと、リレー連載となるとなかなかボリューム満点!
まぁネタは一杯あるけど、やっぱり他と被らない自分なりのNAgile色を出したいなぁ〜。

まずは先陣を切るであろう小島さん(?)の記事がマジで楽しみだ(^^)/

Posted by GAMMARAY at 18:45 | Comments (6) | TrackBack

なんかパワーがありますねぇ

さて帰ってプレーオフでも見るかと思ったらプロジェクトの人からメッセージが届く。
どうやら平日フットサルのお誘いなんやけど、五反田に22:30〜1時間ってどうよ?というのも来週の土曜に全プロジェクト対抗フットサル大会が二子玉川にあるミズノフットサルコートを借り切って行われるらしく、当然全ジョブは入りきらないので先着の20チームでの対抗戦をやるらしい。
ということで木曜は同じく対抗戦に参加する別プロジェクトのチームと対戦するみたいなんやけど、一体なんなんだこのパワーは(^^; まぁ参加するんだけどね。

んで家に帰ってロッテの31年ぶりの執念で優勝を掴み取った瞬間を見て、こっちもいよいよだと気を引き締めたところで2月に開催されるイベントの件でメールが届く。
ふむ、また大きなのが来たなぁ〜ってかほんとこれに関わる方々もほんとみなさんパワフルだ(^^)

そういえば大学時代のサッカーチームの部長と電話したところ、奴は最近は週3回もサッカー/フットサルをやっているらしい・・これはパワフルってよりもサッカーバカだけど(^^;

Posted by GAMMARAY at 00:30 | Comments (0) | TrackBack

2005年10月16日

準備は出来てる、どっちでもこい!

虎の相手はあっさりとガム屋で決まるかと思ったら、やっぱりIT屋が持ち直してきたか。
ここに来てようやくTV中継が入ったパリーグプレーオフを見てて第4戦で負けたガム屋が、そのまますぐに帰ることなく、ヴァレンタイン監督の下に集まって檄を飛ばされていたのが印象的だったが、やはり地力ではIT屋が一枚上手だとあらためて思った。
虎の相手は明日の最終戦で決まることになるが、30数年ぶりの悲願というガム屋の気持ちは分からないでもないが、球界の新盟主を狙うIT屋の意気込みも相当なものだろう。
まぁどちらが出てくるにせよ、今年のシリーズは面白い戦いになりそうだ。


ここまで来たら実力よりも勢いか。
うん十年ぶりってチームは常勝チームよりも優勝への執念が違う、ソフトバンクは今年もペナントで勝ってプレーオフで負けた、リベンジが出来ないのは残念やけどガム屋が相手でも敵に不足なし!

いざ東西決戦へ!

Posted by GAMMARAY at 21:17 | Comments (4) | TrackBack

シンデレラマン

シンデレラマン ボクシングを題材にした名作映画と言えばまっさきに思いつくのが「チャンプ」「ロッキー」「ミリオンダラーベイビー」だと思うが、この作品はボクシングで成功する話というよりも、やはり家族の物語だろう。
物語自体は十分に予想が出来る展開なのだが、とにかく大恐慌のアメリカでその日のミルクのために、もがき苦しみながらも家族、友人らと共に這い上がっていく様が本当によく描かれている。
特に妻であるレニー・ゼルウィガーの演技は主役のラッセルクロウが霞むほどで、彼女が中心になって涙を誘うシーンがいくつもある、まさにラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー、そして名匠ロン・ハワードががっちりスクラムを組んで作り上げた珠玉の作品に仕上がっている。

泣きたい映画をみたいなら、シンデレラマンを是非!

シンデレラマン

Posted by GAMMARAY at 20:03 | Comments (0) | TrackBack

2005年10月14日

色々とあるんですわ

最近仕事中の気晴らしが同期の三茶さんとのメールのやり取り。
と言っても別に仕事の合間にラブメールをやってるわけではまるでなくて、大体が三茶さんがネタを振ってきて、それを基にメールで議論が始まると言う流れ。
今日もTemplateMethodとStrategyの考察からホワイトボックス、ブラックボックスフレームワークへと話が流れ、単一化構成原理と分離構成原理へと向かっていって何気に面白かった(^^)
今は後続でワラワラと入ってくる後続メンバーのためにもせっせとアーキテクチャの概要をまとめてる段階なので、こういう内容のメールはちょっと頭の切り替えにはほんとにもってこいだ♪

そう言えばMVPのKYOさんによると既にTechEd2005のDVDが参加者に届いているというではないか!なのに自分とこには届いてない・・ってことで一緒にセッションをやった荒井さんにおねだりメールを出したら確認次第送って頂けるらしい、まずはmoriyaさんのセッションを早く見たい(^^)

それから11月17日のThe Microsoft Conference 2005後にMVPらのコミュニティ感謝パーティがあるようで、時間が合えば初のMVPイベント参加かなぁ(業務が苛烈をきわめてなければ・・)

んで@ITの一色さんからチームNAgileにメールが届いてたんやけど、これマジおもろい〜!!
来週火曜は必見でっせ〜(^^)
にしてもあらためて名前を列挙されると他の方々はやはり凄いメンツだ。

実は今日新人君たちのプロフィールが入ったレジュメが回ってきたんやけど、みんなTOEICが700点を越えてるし、最終学歴も旧帝大クラスってか最高学府もいるし、なんか凄いねぇ〜。
彼、彼女らを育てていく先輩、ましてやスーパーバイサーの人たちの責任は重いよねって俺もその1人か・・

Posted by GAMMARAY at 23:07 | Comments (3) | TrackBack

ステルス

ステルス<br />
 まぁこの際映画の中身の無さもアメリカ絶対主義もジェイミー・フォックスがあっさりと玉砕するのも大目にみよう。
「トリプルX」「ワイルドスピード」を撮ったロブ・コーエン監督が、今作では常人の動体視力の限界を超えた超速CG映像でぶっ飛ばすだけで、もう十分だろう、とにかく割り切って観ることだ。
「トップガン」は全てCGなしで海軍の全面的協力の下に撮影したらしいが、今作はカタパルトから飛び立つシーンからドッグファイトまで全てCGでほぼ違和感なし・・しかもエンドロールでは撮影スタッフよりも映像スタッフの方が明らかに多かった。
これも時代か。

ちなみに逆デルタ翼で尚且つF-14とは逆の可変翼ってフォルムはなかなかに挑戦的なデザインだなぁ〜と思って観てたんやけど、空体力学的にはどうなんだろうねぇ?ちなみにこのステルス機とドッグファイトを演じたロシアのSu-37は、経済不況の煽りで20世紀後半に開発が中止になった幻の機体だったりするようで。

ステルス

Posted by GAMMARAY at 22:16 | Comments (0) | TrackBack

ビヨンドtheシー〜夢見るように歌えば〜

ビヨンドtheシー〜夢見るように歌えば〜<br />
 ボビー・ダーリンの半生を描いた伝記映画かと思ったら、もちろんそれもあるけど本編はやはりケヴィン・スペイシーを中心としたミュージカルだろう。
しかもケヴィンがとにかく凄いというか歌が抜群に上手い!ほんとシカゴの二人にまるで負けてないし、見応え十分。
マルチな俳優ですなぁ。

ビヨンドtheシー〜夢見るように歌えば〜

Posted by GAMMARAY at 21:56 | Comments (0) | TrackBack

本社のセミナーに参加

昨日は定時ちょいであがってT氏、S氏と共に本社へ向かう。
というのは夜の19時から社員主催で「SQLServer2005とOracle10gのアーキテクチャ比較とSQLServer2005の新機能」みたいなセミナーがあったので参加しに行ったわけだ。
(この連載の方々がメイン)
ちょっと開始がもたついたけど、ノンストップで22時まで続いたセミナーは前半はSQLServerについてはまぁMCP試験を勉強してれば普通に知ってるレベルの話ではあるんやけど、Oracleに疎い自分としてはこの手の比較は眠いけど、勉強にはなる(ライセンス体系の違いなど)。
後半はSQLServer2005の新機能の解説なのでDBミラーリング、スナップショット分離レベル、セキュリティポリシー適用、バックアップリカバリなどある程度は既知やけど、それなりに勉強にはなった。
んでもやっぱり自分で検証しないことには概要把握までだけどね。

実は今同期入社の三茶さんとアジャイル開発うんぬんかんぬんの勉強会を企画すべく話あってるんやけど、なんか昨晩WAKHOKのozどんと電話で話しててそっちとも絡めるとより面白いかもって思ったりもした。
これをWAKHOKの誰かが読んでてノリ気であれば連絡ください(^^)

Posted by GAMMARAY at 10:25 | Comments (6) | TrackBack

2005年10月12日

Spring.NETとEntLibの融合

元ネタはanduさんからのコメントなんですが、.NET版DIコンテナであるSpring.NETのSourceForgeに新しくSpring.Integration.EnterpriseLibraryというフォルダが出来ています!
cvs: springnet/Spring.Net/src/Spring/Spring.Integration.EnterpriseLibrary

現状はCashingABを使ったコンテナ(?)が実装されているようです。
今後Spring.NETがEntLibをどこまで取り込むかは不明ですが、CachingABを皮切りに本格的な融合へ向けて進んで行ってくれれば、これは面白いことになるでしょう(^^)
公開場所は不明ですが、ひと通り出揃った段階でEntLib2.0のObjectBuilder、Spring.NET、S2.NET、(可能であればACA.NET4.0も) それぞれのEntLibを組み込んだDI実装 (EntLib2.0はネイティブだけど) を比較してみようと思っています。

Posted by GAMMARAY at 14:55 | Comments (2) | TrackBack

ブラウザからVSSにアクセスするツール「Source Safe Web Interface」

VSSはCVSなどとは違ってWebからアクセスすることができないのだが、このSource Safe Web Interfaceなるツールを使うと簡単に出来てしまうからビックリ!
ちょうど良い感じのデモもあるので使ってみると、これを販売してる(ようする商用ツール)サイトが用意してるVSSにIEやらFireFoxのブラウザからアクセスして、VSSの機能を一通り試せるようになっているので、暇なときにでも動かしてみるとなかなか面白いですよ(^^)

Posted by GAMMARAY at 09:22 | Comments (3) | TrackBack

2005年10月11日

ObjectBuilderでEntLib2.0はDIへ

CompositeUIABには新しくObjectBuilderという共有コンポーネントが実装されているようで、これはEntLib2.0の正規リリース版にも実装され、DI機能を提供するコンポーネントになるようです。
ということはやはり今年夏にリリースされたEntLib2.0のCTPにはまだDI機能が実装されていなかったみたいですね(ScottのブログでもCTPでは未実装と記述あり)。
ソースやサンプル見てもないわけだ(^^;

○ Tomのブログから抜粋
This (ObjectBuilder) is a new shared component that will also be appearing in the final release of Enterprise Library for .NET 2.0 - it provides dependency injection services that we're using to make our configuration system more flexible.

Posted by GAMMARAY at 14:40 | Comments (5) | TrackBack

次に住むなら

ちょっと来年春の引越しを視野に色々と街の視察に行ったり。
とりあえず街の雰囲気と家賃相場が見たいということで荻窪、中野、高円寺、鷺ノ宮あたりを見てきたんやけど、さすがにJR沿いは高いですなぁ〜んでも西武新宿沿いだと街がしょぼい・・そもそも何を目的として引っ越すのかってことになるわけで、貯金、通勤の便、街の雰囲気などなどここが決まらないことにはなんともなぁ〜。
まぁいくつか制約事項があるので、どの街でもOKってわけにもいかんのやけど(^^;
まぁ急ぎじゃないし、のんびりやりますかね。

Posted by GAMMARAY at 00:15 | Comments (12) | TrackBack

2005年10月10日

モナリザ・スマイル

モナリザ・スマイル<br />
 超保守系で将来の指導者ではなく、指導者の花嫁を養成する大学・・明確な階級社会が存在するアメリカで1900年代前半にはこのような大学が存在していたのかって思うと呆れもするが、これ自体は作品本編とはなんら関係がない。
いや、それほど当時の女性が置かれた現状が嘆くべきものであったのだと感じ入る次第である。

モナリザ・スマイル

Posted by GAMMARAY at 12:26 | Comments (0) | TrackBack

ナショナル・トレジャー

 ナショナル・トレジャー <br />
 当初はトゥームレイダーの男性版かと思っていたのだが、実際は都会でのお宝探しって内容で別段スリリングな仕掛けや謎解きがあるわけではない。
あと謎を解いていくくだりも緻密というよりは、突然都合よくひらめくという感じなのと、あとちょっと最後のお宝までがまわりくどい印象も受けた。
続編を作るのなら、もう少しスリルと巧みさが欲しい。

ナショナル・トレジャー

Posted by GAMMARAY at 12:19 | Comments (0) | TrackBack

2005年10月09日

イングランドW杯出場決定!

ルーニーの出場停止、ベッカムの退場ともろもろありながらもオーストリア戦を1-0で下し、首位ポーランドとの最終決戦を前にW杯への出場が決まった!
というのも8日のグループ1の試合でチェコがオランダに0-2で敗れたため、各組2位のうち成績上位2カ国に与えられる出場権の獲得が確定したということで、仮に最終戦でポーランドに不覚を取ったとしても、特別枠で出場できるとうわけである(^^)
とりあえずはホッとした形だが、チェコ、ギリシャ、アイルランドの出場はうまくいってもプレーオフへ周りそう・・

次節は10月12日

Posted by GAMMARAY at 15:18 | Comments (1) | TrackBack

2005年10月08日

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場ティムバートンとジョニーデップのゴールデンコンビと来たら偏執的ファンタジーってのがハリウッドの定石。
今作も期待に違わずバートン世界でジョニーデップが伸び伸びと演じているのだが、ややノリがスパイキッズに似てる感じでミュージカル調のシーンが出てくるあたりはちょっと意外だった。
まぁその意外性故に一般的には当たり外れが大きいと言われるバートン作品だが、このノリは分かる人だけが分かれば良いんだろうし、作品に独特のカラーを持つ監督ってのはとっても貴重な存在だと思う。

チャーリーとチョコレート工場

Posted by GAMMARAY at 22:56 | Comments (0) | TrackBack

シンシティ

シンシティハードボイルドかスプラッターか評価は分かれるところだろうが、ひとつ言えることは、これは紛れもなくタランティーノ&ロドリゲスの映画だってこと。
例えばロープレイングゲームに出てくるキャラの中でジャニーズのような主人公よりも、巨漢タイプの不器用なキャラの方が好きだって人にとってはこの作品はたまらない魅力を持った作品に映るだろう。
最近では「女のために渋いおやじが命をかける!」なんて作品ってあまりないもんだから、白黒映像もあいまってなかなか新鮮に感じた。
ほんと自分はしびれましたよ、この作品。

シンシティ

Posted by GAMMARAY at 22:43 | Comments (2) | TrackBack

スターウォーズ EP DVD発売日決定!

スターウォーズEP靴DVD発売日が11月23日に確定しました!!!!
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20051008/20cfox.htm

相変わらずもう一枚の得点DVDは豪華ですが、注目すべきは追加シーン!
・モン・モスマのシーンが復活。
・オビ=ワンVSグリーヴァスがロング・バージョンに。
・ダゴバを探索するヨーダ。

この中で最後の銀河皇帝との激闘後、辿り着いた辺境の地ダコバを悲痛な思いでトボトボ歩くヨーダを果たして正視することができるのだろうか・・

Posted by GAMMARAY at 14:40 | Comments (0) | TrackBack

管理者 + お仲間の会

昨日はenterpriselibrary.jpの共同管理者であるnishizakiさんとアバのS井さん、MSMVPのKYOさん、自分と同期でJavaの強者S藤さんという異色の組み合わせで水道橋飲み!
元の発端は自分とnishizakiさんで今後のEntLibの普及へ向けて飲みながら話でもしましょうって提案したのが発端で、そこに色々とメンツが加わったと言う次第、こういうちょっと変わったメンツが集まったらどんな話になるのかなぁ〜って思ってたら、現会社のメソドロジーの是非、アジャイル開発を如何に現場に取り入れるか、EJBを失敗だ、DIコンテナが.NETで認知されるか?そもそものDIとは、それからEntLib普及へ向けて今後の戦略的な取り組み、ちょっと愚痴、などなど8時から初めて11時までノンストップで各々が喋ってるって感じで、俺としては大成功だったんじゃないかと思ってます(^^)

nishizakiさん以外は基本的に同じ会社系のメンバーなんやけど、入社わずか1カ月ちょっとでこんな話をまともに出来る仲間が3人も周りにいるってのはなかなか珍しいよなぁ〜と気づいた時にむしょうにうれしくなってしまった♪
また色んなコミュの人たちもさそって、このメンバーらと飲みたいもんだ(^^)
楽しかったのだぁ〜♪

Posted by GAMMARAY at 12:35 | Comments (6) | TrackBack

2005年10月07日

p&p SummitはEntLibが一杯

今年の12月に開催されるpatterns & practices SummitでEnterprise Libraryのセッションがぶっ続けで3セッションもあるようです。

Summitは大きく3つのカテゴリに分かれるようで、
Day1:Application Design
Day2:Design Patterns & Best Practices for Development
Day3:Enterprise Implementation
EntLibはEnterprise Implementationに分類されています。
PDCがMSプロダクトのお祭りなら、Summitはp&pの大騒ぎって内容ですなぁ〜なんともうらやましい・・

Posted by GAMMARAY at 09:14 | Comments (0) | TrackBack

2005年10月05日

移籍確定らしい

昨日、今日と人事から矢継ぎ早にメールが来て、どうやらモロモロの事情から延期になっていたエルフィンへの移籍が決まったみたいです。
おおよそ一ヵ月後を目処にってことらしいんやけど、それまでにアジアパシフィックのお偉い方とTV電話で面談(英語)したり、英語でレジュメを作らないといけなかったりと何気に慌しい・・いやもちろん英語で面接なんて出来ないので通訳をしてもらうわけやけど、あんまり大したことがないことを祈る(^^;
うまくいけば旗揚げから1カ月遅れの合流になりますが、まぁまだ総員15,6名くらいなので十分に間に合うレベルでしょ(^^)

Posted by GAMMARAY at 00:46 | Comments (2) | TrackBack

2005年10月03日

逃げたとは思いたくないが・・

今日行われた注目の高校生ドラフトでS級にランクされている、
・辻内投手 (大阪桐蔭)
・片山投手 (報徳学園)
の内、阪神は片山を狙うとの予想があったにも関わらず、結局楽天、広島との競合を恐れて自ら回避してしまった (近大付の鶴投手を獲得)。
う〜ん、戦略的な変更であれば文句も言わないが、競合を恐れての戦わずして逃げたということであれば、これはまさに日本の弱腰外交と同じということになってしまい、非常に残念だ。

そもそも辻内も片山も平田も生まれは知らないが、関西の高校出身ではないか。
それをやすやす他県のチームにしかも戦わずして譲るとはなんちゅうこっちゃねん。

まぁ高校生は松坂、清原くらいのレベルじゃないと実際はどれだけモノになるかなんて分からないけど、辻内をひいた巨人のクジ運の強さはさすがではある、これはひとえに危機感のなせる業なんだろうなぁ。

Posted by GAMMARAY at 23:36 | Comments (2) | TrackBack

日本一MVPを輩出する学校

世の中には「最も東大合格者が多い学校」とか「最もプロ野球選手を輩出した学校」というのはあるだろうが、最もMSMVPを輩出している学校、これが大学や高校のような比較的粒度の大きな学校ではなくて、小学校や中学校のレベルとなるとどうだろうか?

もちろん統計を取ったわけではないが恐らくそれは姫路市立船場小学校と姫路市立琴陵中学校であろう、なにせ、
・中西さん (MSMVP for Solutions Architect)
・Jittaさん (MSMVP for ASP.NET)
・自分 (MSMVP for Solutions Architect)
の3人がこの学校の出身なのである!

ひょっとして有名私立か?とか勘違いされる人もしるかもしれんけど、全くそんなことはなく、姫路市というのは地区毎に進学する公立学校が決まっているため、当然勉強が出来る生徒もいれば、やんちゃな生徒も(たくさい)いるわけで、ぶっちゃけ一学年から最後に東大に合格する生徒は1人いるかいないかくらいの、ごくごくありふれた公立学校である。
ただここまで来ると何故にこの地区から3人もの生粋のドットネッターが生まれたのかってところが不思議でしょうがない・・ただの偶然かもしれないが、それにしても不思議だ。

MSさん、今度両校をMSMVS (Most Valueable School) に認定してやってくださいよ(^^)

Posted by GAMMARAY at 23:12 | Comments (2) | TrackBack

UIPABとWWF

Tom Hollander氏のブログによると来年のリリースを予定しているらしい、次世代版EntLibではUIPABの更新とValidationABの実装が予定されているようです。
あとUIPABでは先日アメリカで開催されたPDCで発表があったWindows Workflow Foundationを活用することが検討さているらしく、となると従来のUIPABで画面遷移、状態遷移をスクラッチで構成ファイルに記述していたところでのWWFの利用ってことに当然なるでしょう。

何気にPDC発表の目玉はWWFかと思っていただけに、これはなかなか広範な活用方法が期待できそうな感じ。

更に現在のpatterns & practices グループは以下の4つに再編されるらしいです。
・Line of Business (LOB) Applications (TomがProduct Manager)
・Smart Client
・Integration and Web Servcies
・Engineering Practices
TomがPMを務めることから、EntlibについてはLOBチームが主体になると思いますが、ブログの中でEntlibはLOBだけが担当するわけではないと言っています。
(CompositeUIABはSmart Clientチームかな?)

更にLOBチームは「LOB Application Toolkit」を提供することで、Entlibを用いた(アーキテクチャ)ベースラインの構築や、LOBが推奨するアーキテクチャの適用方針等について示すと言っています。
さて何気が出てくるかとても楽しみです(^^)

Posted by GAMMARAY at 09:25 | Comments (2) | TrackBack

2005年10月02日

色々とご報告です

まずひとつ目ですが、先週金曜に@IT連載の第5回「一貫した例外管理機能を実装しよう」が公開されました。
最近の記事はタイトルが「〜を実装しよう」になってますが、いっそのことこれで統一しても良いかなぁ〜とか考えてます(^^;次回は自動更新を扱う予定ですが、状況によっては少し違った形になるかもしれません。
10月から業務が苛烈になってくるため、一層時間を有効に使うことを心がけないといけないなぁ〜とか思ってます。
(araiさんとafukuiさんに援軍を頼みたいなぁ・・ボソ)

んで次がふたつ目の報告なんですが、10月2日に来る予定だったウェルカムメールとやらがまだ届いてないけど、10月からOKらしいので書いちゃいますね。
この度MSさんの方から、
MSMVP for Visual Developer - Solutions Architect
に認定して頂きました(^^)/
このカテゴリのMVPってぶっちゃけリスペクトな先輩方ばかりなので、SAに認定されたからと言って、驕り高ぶる気はまるでなく、逆にMVP事務局からこのカテゴリでの授与メールを頂いた時はなんか色々と考えてしまいました・・その点ではP&P Championの方がはしゃいでましたが(^^;
とにかく日々の精進を欠かさずにってことを肝に銘じて、より一層励んで行こうと思っております。

他のMVPの皆様、今後とも宜しくお願いいたしますm(_ _)m

Posted by GAMMARAY at 22:44 | Comments (20) | TrackBack

タイムリーだ

昨日は新宿へ「SIN CITY」を観に行く。
レビューは後で書くとして、ついでに京王百貨店に行こうと思ったんやけど、ちょっと時間がおしてたのと、まだデイリーにセールの情報がなかったなぁ・・ということでそのまま紀伊国屋へ(後でWebで調べたら9/30からやってました・・)。
紀伊国屋では以下の3冊を購入
開発の現場 vol2
ORACLE+.netプログラミング・バイブル
オブジェクト指向のこころ

「開発の現場」は以前から買うかどうか迷ったんやけど、ドキュメントに関する筆者の私見を読みたかったので購入。
「ODP.NETバイブル」は9/28に出版されたらしく、ちょうど現業務でODP.NETを使っていることもあり、非常にタイムリーってことで即買!
(んでも、大体はADO.NETと似てるので、一日で読んじゃったけど)
最後に「オブジェクト指向のこころ」やけど、この手のOOPやパターンに関する書籍は内容が抽象的であることから、色んな視点で書かれている同系統の書籍を色々と読むようにしてて、今回もその一貫。
まぁファウラーやp&p本だけ読んで全てが理解できるほど、容易いジャンルではないしね、これはエンジニアを続ける限りはず〜〜っと継続して買い続ける予定。

んで締めて9500円なり。
まぁこの程度は許容範囲内やけど、今月は現会社の給料とモルドールの給料が一気に入ってくるので、ちょっと財政が持ち直してるんだよね♪
あと来月か再来月にはSoftwareFactoryの翻訳本が出ると思うんですが、さすがに通勤電車の中では読めないサイズだろうなぁ(^^;

Posted by GAMMARAY at 12:40 | Comments (1) | TrackBack

2005年10月01日

目指せ関西アベック優勝!

実はJリーグでも関西勢悲願の優勝に向けてガンバ大阪が現在首位を走っているのをご存知だろうか?
日頃TV中継をたまに見ることと、大学時代のメンバーとふらっとスタジアムに行く意外でJリーグってあまり見てないんやけど、今年はガンバ大阪の調子が良い!
うまくいけばサッカーと野球で同時関西優勝になるかもしれないだけに、期待は高まる!!

虎に続け!G大阪・西野監督がゲキ

Posted by GAMMARAY at 14:00 | Comments (0) | TrackBack

「行こか」

行こか阪神を応援してるの何も関西の連中だけちゃいまっせ!
俺ら関東のトラキチもしっかり声援を送ってるんやからなぁ〜(^^)

・下の記事に追加
岡田阪神の人間力を支えてるのは、世界最高のファンでもあるのだ(^^)
もちろん岡田監督も星野SDもそれは十分に分かってるだろうけどね。

岡田阪神 東京でもV報告

Posted by GAMMARAY at 13:51 | Comments (0) | TrackBack

粋だねぇ〜

ちんちん電車でVパレードや!

こんなことをやってのける設備会社の社員会も凄いけど、こんなノリを喜んでやってくれる阪神電車側も素敵だ(^^)

Posted by GAMMARAY at 13:47 | Comments (2) | TrackBack

上に立つ者の苦悩

5度目の優勝を掴んだ岡田阪神だが、その猛虎の指揮をとった岡田監督の決して表には現さない苦悩が夫人によって語られている。
妻が語る岡田監督の苦悩

巨人のTV中継が5%台と破滅的に凋落する中、全国区という言葉そのものが消滅し、地元主体へと変貌を遂げる中で、特に阪神タイガースは名実ともに一番の人気チームと言えるかもしれない(某大衆雑誌2紙でも同様の特集が組まれるほどだが、いやほんともう虎、竜、鷹、鷲とか見てるともうTVの権威で巨人が球界をひっぱるモデルは終わったよ・・)。
そのチームの上にたつ者の計り知れない苦悩は、恐らく想像を絶するものがあるのだろう・・安藤夫人が心労で倒れた時の監督の心配り、こういったチームひとりひとりへの気遣い、そして時には叱咤し、ペナントでは緻密な戦略を練る、これは別に野球に限ったことではなく、全てのリーダーシップに通じるところではないだろうか。

今年の阪神の優勝をただJFKがどうとか金本、今岡、赤星、矢野がどうとかと言うレベルで語ってる内はまだ本当の虎の強さを分かっていない。
この人間"岡田"の下、がっちりとひとつにまとまった、まさに人間力こそが強さの原動力なのだ。

それが分からず数字やらにばかりとらわれている盲目の外様人たちよ、そこを肝に銘じて来期、また王者に向かってくるがよい!

Posted by GAMMARAY at 13:09 | Comments (3) | TrackBack

ウェルカム

昨日は現プロジェクトのウェルカム飲み会で、東京国際フォーラムへ。
どうやらこの会社の公式な飲み会では、まったく下の人間がお金を払う必要がないというか、払う文化そのものがないということで、このあたり予算削減でウェルカムであったとしても多少はお金を出すのが普通になってきた今にあってはちょっとうれしい(^^)
話はいろいろと飛び火してたけど、MSMVP for InfraArchitectのKYOさんとコミュやら、MVPな人達の話が出来たのは面白かった〜何せINETAのようなコミュでの集まり以外で、まさに業務でこんな話が出来たためしが今までなかったので、ちょっと新鮮な感じ。
Sさんからエルフィンの名刺をもらったんやけど、社名ロゴはかわいいけど、後は意外とシンプルなんだなぁ、んでももう少しデザインに凝ってくれるとうれしいんやけど(^^;

ってことで開発も本格化してきたところで、どうやらしばらくしたら別チームへ移動とかどうとかって話が出てるようで、ちょっとエルフィンへの離脱タイミングがまた微妙になった今日この頃でした。

Posted by GAMMARAY at 11:25 | Comments (3) | TrackBack