TOP
PROFILE
MUSIC TUNE
BBS
LINK

2005年07月31日

赤い衝撃 - マンチェスター・ユナイテッド -

いやぁ〜遠いねぇ〜埼玉スタジアムは、しかも浦和美園駅ってのもまわりにな〜〜〜〜んもないところで、ポツ〜ンとスタジアムがあったりする。
そうそう途中で電車の中にチケットが入ったカバンを忘れた時はかなり焦ったけど、電車が終点だったことと、機転&直感に助けられた(^^;
席はなんと前から5列目!これがまたピッチから近いんだわこのスタジアム!こんなところで見ちゃったらもう国立や横浜国際じゃもの足りんよなぁ〜ってことで当然マンチェのマフラーとマッチプログラム、Tシャツを買って時間を待つ。
スタンドはメイン2Fのマスコミ&招待席っぽいところ以外は全て満員で58000人の観客、ただやっぱりレッズのサポが多かったね・・マンチェのユニフォームを着てる人も結構いたけど、やっぱり劣勢。

スタメンはルーニー、スコールズ、新加入のファン・デル・サールが入ってるもののニステルローイ、キーンは外れたようだ(T T)
う〜ん、前半は攻めてはいるんだけど、どうも決めてがなくて、ルーニーが後ろまで来てたりと、どうも消化不良・・そして後半。
クリスティアーノ・ロナウド投入!もう大歓声、しかも速い!ロナウドが入ってからはもうルーニーもやりたい放題の2ゴール!!しかも2点目のループはかなり近い場所だったからもうやばいのなんの。 途中にはライアン・ギグスを投入されたので後半は前半とはうってかわって会場が大盛り上がり(^^)/ この手の親善試合は後半にスター選手が投入されるから、後半にレッズ側になるこの席は大当たり!だってちょうどマンチェが攻めてきた時に近くで見れるもんねぇ〜♪
ここにまだオランダのファン・ニステルローイが加わってくるのかと思うと、やはり世界最高レベルの破壊力ってのは凄いわ。
帰りにルーニーとロナウドの公式フォトとマンチェのフラッグを購入し、長〜い帰路だったけど、めちゃくちゃ楽しかったのだ(^^)/
来年も是非とも来て欲しいなぁ〜ワールドカップがあるから難しいかなぁ・・

今年の7月はスターウォーズに始まり、マンチェスター・ユナイテッドで終わった最高の月だった(^^)

Posted by GAMMARAY at 00:27 | Comments (0) | TrackBack

2005年07月30日

ほんとにgiftだったのね

2日前にpatterns & practicesグループのIlona Yeremovaさんからメールがきた。
どうやらpattenrs & practices Champion認定にあたってgiftを送ってくれるらしいのだが、自分はてっきり認定証とかを送ってくるものと思ってんやけど、どうやら以下から選んでくださいということらしい。

1. $100 Gift Certificate at the company store (US Residents only)
2. Up to $100 in selected MS products available by request (International awardees)
3. $100 Gift Certificate from www.giftcertificates.com
4. $100 American Express Gift Card

あらぁ〜ほんとにgiftなのね・・しかも今期過去最高益を出したMSにしては$100ってところがなんとも。 まぁお金の出何処はp&pチーム予算だろうから、あんまりお金がないのかもね(^^;
つってももらえるものはもらうので、さてどれにしようかなぁ〜って思ったけど、1はアメリカ限定でダメ、3はなんかギフトショップらしいけど英語読むのがめんどいのでダメ、4はアメックスのギフトカードもらってもアメックスが使えるとこしかダメそうなので、とりあえずダメってことで、2のMS productsをくださ〜いって感じで返信しておいた(^^)
1両日中に選択リストを贈ってくれるらしいので、とりあえず楽しみにしておこう♪

ちなみにIIONAさんから送られてきたメールはHTMLメールだったんやけど、ちょっとかわいくて面白かった(^^)

Posted by GAMMARAY at 13:03 | Comments (0) | TrackBack

2005年07月28日

MessageBoardをあくまで仮で公開

XOOPSでようやく形が出来たのでちょっと仮に公開してみました。
以下がURLです。
http://enterpriselibrary.jp/community/

実は機能としては問題ないと思うんですが、よ〜〜〜〜く見るとどこかに問題があるんですよね・・トップページの上の方をよ〜く見ると(^^;
ってことで家に帰って訂正するまではenterpriselibrary.jpでの告知は保留です。
(にしてもなんでこんな間違いを・・)

さてaraiさんからの提案(以前から二人で話してたんですが)で、「Hands On Labs」を翻訳しようという企画が持ち上がってるんですが、そちらも徐々に進めていければと思っています。


Posted by GAMMARAY at 13:18 | Comments (9) | TrackBack

2005年07月27日

パワーをもらってます

今日またメールでAさんからEnterpriseLibraryを広めたい!ということでメールを頂きました (元のエントリにトラックバックも頂いてます)。
実はもう御一方Nさんも同じく呼びかけに応じてくださった方で、草の根でやってきたことが少しずつではありますが、実りだしてきてるのかなぁ〜と本当にうれしくなりました(^^)
今後の.NETにおいてEntLibがどこまで標準になりうるか、長い旅路ですが今度はみんなで頑張っていこうと決意を新たにした次第です。
ってかちゃっちゃとMessageBoardを公開しないと(^^;


あ、話はまるで変わりますが、今日はちょっと考えさせられる記事をみた。
ひとつは週間朝日の中吊りで
「球界の盟主は阪神タイガースだ」
もうひとつはプレイボーイで
「強いだけの阪神なんてイヤだ」
って記事。

ふむ・・一体世の人々は阪神がどうあるべきと思っているのだろうか?これは非難じゃなくて純粋な疑問なんやけど、では自分はどうなんだ?
確かに2003年はまさに悲願というか涙しか出なかったが、今年優勝したときは一体どういった気持ちになるのだろうか・・千年王国の到来を感慨深く見つめるのか、世界最強になっていく至高の虎をただ遠い存在として見つめるのか、既に球界において敵を失くした孤高の虎に黄昏るのだろうか・・そうか強すぎるとはこういうことだったのか・・今はACミランやブラジル代表、NYヤンキース、朝青龍にエメリヤ・エンコ・ヒョードルの気持ちが少しは分かるわ。

Posted by GAMMARAY at 22:58 | Comments (0) | TrackBack

MessageBoardがないのよね

当ブログとenterpriselibrary.jpで告知させて頂いたところ、5名の方々からご協力頂ける旨の連絡を頂いてまして、更に本日MSエバンジェリストのaraiさんからも賛同のお返事を頂きました(^^)/
本当に皆さんありがとうございます。

そこで色々と考えたのですが、現在のenterpriselibrary.jpに決定的に足りないのはズバリMessageBoardがないことなんですよね(ようするにBBS)。
これではどなたかがQuestionを持ってても誰もAnswerどころか、そもそも聞く手段するない状況ですし、結局なにもShareできないわけで、さすがにこれはなんとかせねばと思い、現在XOOPSを使ってMessageBoardを構築してます。
当初はCommunity Serverってのも面白そうで考えたのですが、実は現在レンタルしてるロリポップというサーバーは500MBで月額600円ほどとかなり安いんですが、IISやらSQLServer(又はMSDE)が使えるところはどこも自分のお小遣いではちょっと辛いなぁ〜ってのと、既に年間契約でお金を払っちゃってるので、しばらくは慣れてるXOOPSってことで(^^;

まぁなんせよ、EntLibはまだまだ日本では普及というところまでいってないこともありますし、@ITやGDNJのように質問をしたら、直ぐにでも的確な解答が返ってくるというわけにはいかないかもしれませんが、とにかく一人の疑問はみんなの疑問ってことで協力して問題解決にあたっていけるような場に出来ればと思ってます(^^)

今日、明日中にMLに投げてから、その後で一般に公開する予定です。

Posted by GAMMARAY at 16:47 | Comments (2) | TrackBack

2005年07月26日

まずはML作りから。

下のエントリで書いた共同運営者募集ってことで、実は3名の方にご協力頂けることになりました!
いやはや正直enterpriselibrary.jpも一人では心細かったので、本当に心強い同士が出来たなぁ〜って喜んでます(^o^)/
ってことで近日中にadmin向けのMLを作ろうと思ってまして、まずはそちらで色々と相談が出来ればと思ってます。

ん?誰が参加されたかですか?
まぁコミュでも有名な方々ばかりですよ〜みなさんアルファベット3(5)文字だし(^^)

よ〜し、今日は台風のおかげで定時で帰れるから、早速準備準備と♪

Posted by GAMMARAY at 17:33 | Comments (0) | TrackBack

一緒にやりませんか? enterpriselibrary.jp

今年の1月28日から一人でコツコツとやってきたenterpriselibrary.jpですが、ここまで大きくなってくるとなかなか単独でやっていくのは大変になってきました。
いや別に根をあげたわけじゃないですよ、俄然やる気はあるんですが、こっちが想定してた以上に海の向こうで急速に拡大しているため、既に個人レベルで追いかける許容量を超えつつあるということと、あともっと多様な価値観や見方のようなエッセンスを加えたいという狙いもあります。
あ、seaserのすなあそびに出席して積極的に仲間を増やそうとされている姿勢を見て共感したってのもあります。
それからまぁ9月以降の私の事情もあって、本業でもなにかしらEntLibに絡むことになるかもしれないってのもあり、やっぱり大変なんです(^^;

ってことでどなたか一緒に日本語で情報提供をやってくれる方がいれば声を掛けてくださいまし。
基本的にはenterpriselibrary.jpの共同管理っていうか、サーバー代やらドメイン取得代金は自分が持ちますが(大した額でもないですしね)、それ以外は基本線ガンガン情報を発信してくださいって感じです。現在はMTを使ったブログ形式になってますが、別にCS使ったり、XOOPS使ってポータル化しても良いんですが、まぁその辺はおいおい話し合いで(^^)
とりあえずINETAミーティングやら個人的にお会いした時にでも一緒にやってくれそうな方々に私から声を掛けるかもしれないので、その時は話くらいは聞いてやってくださいましm(_ _)m
よろしくっす!

そうそう参加条件は、EnterrpriseLibraryを本気で広めたいって気持ちだけですね。
これから面白くなりますよ〜EntLibは秋には2.0がでますし、CompositeUIABやUIPAB3.0 (ひょっとしたらCUIABに吸収されたかも) はかなりフレームワーク的な性格を持ったABですし、特に前者はPAGも気合が入ってるようですし。
いや、ほんと、気持ちがあれば誰もOKっすからねぇ〜個人的に私と面識がない方でもどうぞ遠慮なく!

追記
以前河端さんが「日本でMSMVPを500人出したい!」って言っておられましたが、それなら私も!
「patterns & practices Championを国内で・・う〜ん・・え〜っと、とりあえず5人ほど・・いやこれでは志が低すぎるなぁ・・んじゃ、50人とか言ってみる?」
ってことでみんなチャンプになろう!って本編は決してこれじゃないんですけどね(^^;

Posted by GAMMARAY at 10:47 | Comments (8) | TrackBack

ちょっと一息

7月に入ってからというもの原稿書いたり、TechED用の資料を作るためにWorkspaceの全MessageBoradのスレッドを読んだり(全部英語だし・・)、巨大なHandsOnを読んだりとEntLib漬けだったんやけど、明日台風がやばいので急いでMSから送られてきたノートPCの環境を作って先ほど送っときました。
ふぅ〜なんか最近イベントは飲みも含めてEntLibを中心に回ってる気がする・・

ってことで毎日欠かさず野菜ジュースを飲みながら頑張ってるのである!
ってかINETAのイベントチームもかなり忙しいみたいで、メールが飛び交ってますねぇ〜どうやら自分は参加できそうにないですが、なんとか頑張ってください。

んで今はちょっと時間に余裕が出来てきたので、先週土曜の打ち合わせでaraiさんからもらった「VisualStudioTeamSuite開発完全ガイド」を読んだり、DBマガジン9月号を読んだり、「グラス片手にデータベース設計 会計システム編」を読んだりしながら、先週金曜に内々に頂いたエルフィンランドの資料(これまた英語)を読んだりしてる状況。
なんとこいつはNUnitやCruiseControl.NETのようなオープンソースを拡張して組み込んでるのか、そこらの大手ベンダーさんあたりが出してる枠組よりも、かなり広範な枠組のようだ。

台風が近づいてるようで今日のレアル戦は大雨だったみたいね・・水曜のマンチェ戦も天候次第ではやばいのかな?俺は土曜の試合やから問題ないけど、楽しみだな〜(^^)/

さてといよいよ後半戦!2位と5ゲーム!レッドスター、アニキ、土佐っ子が崩れなければ、2年ぶりにまた美味い酒が飲めそうだ(^^)

Posted by GAMMARAY at 00:30 | Comments (2) | TrackBack

2005年07月24日

約三十の嘘

 約三十の嘘ドタイトルは「ひとつ大きな嘘をつくと、それを成立させるために他に30の小さな嘘をつかないといけない」という意味らしいが、それが映画本編とそれほど関連が感じられないのが残念。
椎名桔平 、中谷美紀 、妻夫木聡、八嶋智人と役者は揃っているのだが、あまり印象が残らないのは結局誰がメインの主人公なのかボケしまっていたところに原因があるのだろうか。

約三十の嘘

Posted by GAMMARAY at 19:08 | Comments (0) | TrackBack

アイランド

 アイランド個人的にマイケルベイほどアクションのテンポ作りがうまい監督はいないと思っている。
それはとにかくダイナミックに動くカメラワークもさることながら、映画全編を通してダレる間というものを極力作らず、時には小気味良く、そして時にはダイナミックに物語を変化させていく彼の手腕は、ハリウッドにあって他に比肩し得る監督はいないのではないだろうか。
この手の近未来SFアクションってのは、ともすれば一気にB級化するだけに大作を大作のスケールで描ききるところはさすがの一言だ。

アイランド

Posted by GAMMARAY at 19:02 | Comments (2) | TrackBack

2005年07月23日

水は得た、あとはこの大海をどう泳いでいくか・・

今日は定時にあがってエルフィンランド(エルフの国)へ。
なんの用かって言うとちょっとここでは説明が難しいのだが、ゴンドールとローハンに対して色々とエルフィンについての説明会って感じだろうか。
建国わずか5年で13桁×4(これは桁を間違ってるわけでは決してない)ってのはほとんど奇跡だと絶句しながら、まさに水を得た魚! 言うなれば小さな水槽で泳いでたニモがいきなり太平洋を飛び越えて天の川に放たれたようなもんだよなぁ。
帝国と王国が作ったこの国でどこまでやれるかは分からないけど、とにかく行き着くとこまで行ってみるかp(^^)q
これで完全に指輪を捨てる旅は終了だね。

ちなみに明日は11時に新宿のMSオフィスなり、ふぅ〜忙しいよぉ〜

Posted by GAMMARAY at 01:20 | Comments (0) | TrackBack

2005年07月21日

平均が4桁ですか・・

ってことで日経ITProで「従業員の平均年収/平均年齢ランキング」が公開されてますが、私だけでしょうか?平均年収が4桁を超える企業を見たのは・・残業代やら手当てやらを全部含めた額としてもすげぇ〜額だ。
一体何をどうやったらこんな額になるんだかねぇ・・ってこのランキングって国内企業ばかりやけど、外資系企業は対象外なのかな?あぁ〜上場企業だけか。
う〜ん、実は今度自分が旅立つ先はそっち系の会社なのでちょっとランキングが見たかったんやけど、残念(^^;
まっ人様の懐を気にしててもしょうがないので、ちゃっちゃと仕事、仕事と。

Posted by GAMMARAY at 10:09 | Comments (3) | TrackBack

2005年07月19日

EnterpriseLibraryを中核にすえるフレームワーク

PAGチームがEnterpriseLibraryを開発するにあたってベースにしたというACA.NETフレームワークを開発・提供しているAvanadeDennis Mulder氏のブログで、DevDays in the Netherlandsで今年の3月に発表された資料を公開しています。
実はこの資料自体は今年の3月に公開されていたようで、自分としたことが迂闊でした(^^;

この資料によるとACA.NET4.0はEntLibを中核に据えているようなんですが、この中でも特に注目すべきはpptの最後の方にサンプルソースが公開されている、アスペクト実装ではないでしょうか。
以前紹介したEnterpriseLibrary版DIコンテナとも言えるService Container Application Blockはまだ他のApplication Blockとの連携までは出来ていないことを考えるとさすが!と言った思いです。
この資料の最後にあるEntLibの今後の展望についてやはりSOA(Service Oriented Architecture)への対応(あくまで予想レベル)、それからACA.NET5.0(コード名はIstary)ではDSLを用いたSoftwareFactoryをベースに据えるということで、ほんと興味が尽きないんですが、ただ一番注目すべきはAvanadeがACA.NET4.0でEntLibを基幹に据えたということは、結果的にEntLibを公式にサポートするということにもなるわけで、本家MSよりもこのあたりは柔軟なようです。

Posted by GAMMARAY at 11:37 | Comments (0) | TrackBack

2005年07月17日

手作り料理満喫

今日は前回の隊長プロジェクトのメンバー4人でSさんの自宅へ。
場所が沼袋なので自分が住んでる上石神井からとても近いんやけど、昼からCompositeUIABを触ってたら10分ほど遅刻してしまった(^^;
Sさんは彼女さんと一緒に住んでるんやけど、とても感じの良いマンションに住んでてしかも部屋の中のインテリアのセンスがとても良い! しかも実に機能的な空間という感じだった。
それからしばらく5人でダベってから彼女さんの手料理が出て来たんやけど、これがまぁなんというか美味い!! とにかく色々と料理を作ってもらったんですが、どれもこれもほんとに美味しかったなぁ〜しかも最後のデザードも全て手作りっていうんだから、これを毎日食べてるSさんは幸せものだね(^^)
食事しながらポールやヨッシ〜の現場の状況や今日は来れなかった他のメンバーの話、それからヒラバ〜さんの近況と俺のもろもろ話、スターウォーズがいかに偉大かという話から様々な映画の話などなど、16時に駅前に集合してなんやかんやで22時まで居座ってしまった(^^;
なんか色々ともてなして頂いたにも関わらずヒラバ〜さんが持ってきた焼酎以外は誰もお土産を持参しなかったという無作法をしてしまったので、帰り際に今度お返ししないとなぁ〜ってことになったのである。
う〜ん、なんかこういうのも良いねぇ〜うん、ほんと良かった(^^)/

またなんらかの形でやりましょうや!

Posted by GAMMARAY at 23:29 | Comments (0) | TrackBack

EnterpriseLibrary版DIコンテナ

Olaf ConijnがEnterprise Library版のDIコンテナ「ServiceContainer」を公開しています。
まだデフォルトのままだとサンプルアプリで例外が発生したり、2つ以上のAspectを登録できなかったりと、β版程度の出来ですが、いよいよEnterprise Libraryにも本格的なDIをターゲットにしたABが出て来たという意味でかなり興味があるABですね。
今後の主な機能実装目標として、
1. コンテナへのWebサービス対応
2. 他のAB (Logging, Exception management, Data Access, etc.)との連携
3. 非同期プロセスへのイベントサービス (イベント駆動アーキテクチャ?)

Posted by GAMMARAY at 12:44 | Comments (0) | TrackBack

徐々に拡がり行く世界

今日はseaserのすなあそびに参加すべく飯田橋へ。
日頃MSの綺麗なオフィスや大きなセッションに慣れてる自分としては、手作り感が一杯な感じの会場でした。
Seaser2ということで基本的にはJavaよりではありましたが、会場にはfukuiさん、森屋さんが来ており、他にも翔泳社のiwakiriさんも来てましたね〜(^^) セッションはというと3時間強の時間内で全9セッションを行うということで、とにかく多彩なS2プロジェクトが発表されてたんですが、やはりもっとも関心があったのはS2.NET! これは.NET版Seaser2で、現状はTest用Mockとトランザクション管理(分離レベル?)のDIを実装されているらしく、後々の予定としてS2ADO.NET、S2ASP.NET、S2Remoting.NET、そしてVisualStudioプラグインとしてKijimuna.NETというGUI(?)も予定されているそうです。
それからEnterpriseLibraryにも対応させたいということで、この辺りはなかなか惹かれるものがあったなぁ〜。
ちょっと話が変わりますが現業務でページロード、ボタン押下等のイベント発生時にログ出力を行う機能を実装したんやけど、ソースの中の各イベントハンドラにログ出力のコードを一切書かずにカスタム属性を使って構成ファイルを変更することで出力クラスとのマッピングや振る舞いを変えるように実装したわけ、一応WebアプリなのでHttpModuleでイベント登録を管理ってな感じ。
ただSeaser4セッションでHさんも言っておられたけど、結局初めての人が構成ファイルを触ろうにも、どんな属性や要素を設定すれば良いのか分からないという問題が出てくる(そしてその問題が露見するのは往々にして実行時)・・S4ではこの課題についてコードを実装する上である規約に基づいて実装することで実行時に自動的に登録するというようなことを言っておられた。
とにかくこれは従来版のABにせよlog4netにせよ共通の課題ではあるけど、一応自分はVSを使うことを前提にXMLスキーマで制約ファセット等を定義することでインテリセンスの力をかりることにしたわけだ。
ただEntLibはこの辺りをConfigurationコンソールがGUIを提供してくれるため楽に管理が出来ることから、上記イベントハンドラと横断的機能のマッピングをConfigurationコンソールで管理できないかと常々思っていた。
もちろん各ABを利用することで、同じコンソールで振る舞いの変更も行うという機能を考えている。
いや、これ自体は自分が考えている拡張なんやけど、S2.NETを聞いたファーストインパクトとしてはS2ADO.NETはDataMappingAB(ってかORMかな?)、S2ASP.NETはまさにUIPABなのかなぁ〜と思ったけど、いずれにせよ面白いコラボになるかもって感触を得た。
コミッタの佐藤さんとfukuiさん、森屋さんと最後に色々と話したけど、今度INETAなりMVPなりのイベントに来て欲しいとお願いしておきました〜そうすればコミッタをやりたいって人がいろいろと出てくるかなぁ〜と思います(^^)
S2.NETへの関心もさることながら、一体国産のSeasar2コミュニティがどのような盛り上がりを見せているのかってのを肌で感じたくて参加したんですが、なかなか面白いことをやってるなぁと思いましたね。

それからサテライト生のozさんとサテライト校オフィスへ向かったわけやけど、なんとサテライト生のNさんが2つのプロジェクトでEntLibを導入されているとのことでした!まだまだ国内では導入事例が少ないため、今後もどのようなところで問題がでたか?EntLibを使う実装者の反応などを今後も色々と聞かせてくださいとお願いしておきました! サンプルとしてenterpriselibrary.jpを活用しているということで、最近はちょっと他が多忙で更新が滞ってますが、良い刺激をもらいました(^^)/

ふぅ〜今日はほんと暑かったけど、かなりの収穫がありましたよ(^^)

Posted by GAMMARAY at 00:30 | Comments (2) | TrackBack

2005年07月16日

届いたのはライバル製

今日は朝くらいに小包が届き起こされた。
どうやらEntLibセッションで使うノートPCが荒井さんから届いたらしく、早速中を開けて確認♪
入ってたPCはI○M製 ThinkPadだったんやけど、自分はてっきりDELLかCompaqだと思っていただけにちょっと意外だった(^^;
だってねぇ〜I○Mだよ、MSとは昔から色々とある企業だしなぁ〜ってまぁそんなの今回の話とはまるで関係ないんやけどねぇ(^^; 良いものは良いということなんでしょうね。
っちゅうか自分は個人用PCは基本的にデスクトップしか使わないため、どのノートを使っても操作がし辛いことに変わりはないんやけど、今回届いたノートはとにかく薄い!プロジェクトでよく使ってたCompaq製はちょっと大きかったけど、これなら持ち運びも楽だ(^^)
あ、でもこれって中国のどこぞの企業に売られたんだっけ? I○Mのようで実は違うのかな・・


さてと「すなあそび」まではちょい時間があるので、ちょっといじってよかなぁ〜と思ったけど、実は@IT/Insider.NETで「Google画像検索アプリを作ろう」のサンプルアプリケーションを拡張して欲しいという依頼が届いた。
と言っても商用とかでは当然なくてあくまでホピーユースでの依頼なんやけど、過去に何度かアプリ作成の依頼を受けたことがあり自分も嫌ではない(ってか思い通りにシガラミなく作れるので割りと歓迎)ので、そっちも見てみようと思う。

依頼として、
・最初に、該当データ総件数を表示してほしい
・画像を右クリックしたら、コンテキストメニューを出てほしい。
・画像をダブルクリックしたときに、「サーバにつながりません」みたいな画像は表示してほしくない。
・画像の上にカーソルがきたとき、サイズ表示してほしい
・ファイル種類も指定して検索したい
という仕様があがってるんやけど、まだソースを確認してないので、昨日もらったビスコッティーでもほうばりながら見てみるとするか。

・・・そっかこの記事で公開されてるソースって完全版じゃなくて、あくまでこの記事内で使用するレベルまでのソースなのか(^^;
ゼロからだとちょい時間かかるなぁ・・

Posted by GAMMARAY at 09:52 | Comments (0) | TrackBack

2005年07月15日

「Enterprise Library概説」第3回 掲載

@IT/Insider.NETで「洗練されたデータアクセス機能を実装しよう」が掲載されました!
今回からはいよいよEntLibの各ABを実際に使ってみるということで最初はData Access Application Blockを持ってきました。
当初予定されていた前後編から連載化が決まった段階で別にDAAB以外のABを最初に持ってきても良かったんですが、データアクセスヘルパーは大体どのプロジェクトでも作成するだろうし、実際に過去2つのプロジェクトで従来版のDAAB(SQLHelper.cs)を使っているところを見たことがあり、ニーズも高いかなぁ〜という読みです(^^)
あとさりげなく記事内でTech・EDのEntLibセッションの宣伝をしちゃったんですが、他の同枠の強力セッションにまずは先制パンチです(^^;

ってここで3連休をのんびりとはしてられなくて、今度はTech・EDの資料作りに本格的に入ります。
ドラフトはaraiさんに作ってもらってるんですが、私はネタを色々と入れないとなぁ・・う〜ん、大変だぞこりゃ(^^;

明日はseaserのすなあそびに参加する予定です。

Posted by GAMMARAY at 23:45 | Comments (4) | TrackBack

2005年07月14日

道場やぶり

@IT/NewsInsightから「.NET道場」に「.NETセンタ」、日立ソフトが専門組織を設立という記事。
自分は今まで割りと外資系ベンダーさんとお仕事をすることが多かったのもあるけど、少し前までは.NETを熱心にやってる大手さんは比較的外資系(A、H、Uなど)が多かったと勝手に思っていたのだが、国内系ではこの会社もかなり力を入れているらしいと以前から聞いていた。
(実はenterpriselibrary.jpのアクセスログを見るとこちらと思われるproxyが結構あったり)
にしても2006年末までに2000人ですか・・結構な数だなぁ〜まぁとりあえず業界規模でまずは.NETエンジニアの数を増やさないことにはJに持ってかれるからね〜そういう意味では頑張って欲しいと変な理解を示しながらも、いずれは強力なライバルになってくるんだろうなぁ・・
まぁ負けないけどね(^^)

Posted by GAMMARAY at 23:10 | Comments (0) | TrackBack

Accelerated Development With Microsoft Applicaiton Blocks

実は今月22日(予定?)にアメリカで「Accelerated Development With Microsoft Applicaiton Blocks 」という書籍が発売されます。
と言ってもEnterpriseLibraryが既にリリースされてるのに、従来版ABの解説書かよって思われるかもしれませんが、まぁEntLibを更に深く理解するにはやっぱり前身のABの理解は必須ですね〜ってことで予約をしようかと。
ただ25.99USドルがなんで日本のAmazonだと5872円なんだよ!まったく海外モノは高いよ・・(T T)

ちなみに秋くらいには同じくアメリカでEnterprise Library本が出る予定です。

Posted by GAMMARAY at 09:52 | Comments (2) | TrackBack

2005年07月13日

大きく状況が・・

え〜っとしばらくネタにしてなかったゴンドールとローハンの話ですが、実はゴンドールではなくローハンへ行くことが決まってたんですが、今日になって状況が一気に変わりました。
以前から自分にとって上記2つの国以上に興味があったエルフの国へ行けるかもしれません! まだ確定ではありませんが、あまりにもなベストタイミングで感激とともに驚嘆しております(^^)/
いやはや、とりあえず来週お邪魔いたします。


Posted by GAMMARAY at 23:59 | Comments (8) | TrackBack

2005年07月12日

鬼かマイクロソフトは・・

Fujiwoさんからのコメントでラーニングデイのセッションスケジュールが公開されているのに気づいたんですが、荒井さんと私がやるEntLibセッションの時間帯には・・

【14:55-16:10】
・SOA の設計手法
・C# 2.0 and IDE Tips & Tricks Part I
・Writing Secure Code (仮)
・Customer Voice : Enterprise Libraryの解説 Part I

【16:30-17:45】
・Visual Studio 2005 による SOA の実装
・C# 2.0 and IDE Tips & Tricks Part II
・Customer Voice : Enterprise Libraryの解説 Part II

にゃろ〜よりによって森屋さん、sakaiさんのSOAセッションとおまけにWriting Secure Code、Tips & Tricksと被るとはなぁ・・ラーニングデイで一番参加したかったセッションとことごとく被るとは、なんとも鬼のプログラムだな(T T)
ラーニングデイってDVDに収録されるのかなぁ・・

それはそうと本セッションの方はというと、今回はちょっとあまり休みが取れないかもしれないので8月2日で終わる可能性もあるんやけど、8月4日はINETAイベントと荒井さんセッションがあるためなんとか休みたいよなぁ〜まぁ今回はINETA枠で登録しなくても良いようなので、イベントへの参加制約はないけど、やっぱりみんながやるからには見たい(参加?)しなぁ。
業務次第か・・

Posted by GAMMARAY at 15:24 | Comments (6) | TrackBack

2005年07月11日

Mr.インクレディブル

 Mr.インクレディブル <br />
 Pixar作品ってやっぱり家族愛・友情なんかがテーマなんだろうけど、この作品はあまり感動とかなかった。
この作品そのものが悪いとかではなくて、単純に食傷気味なのかもしれない・・モンスターズインク、ファインディングニモ、バグスライフ、世界はそれぞれ違うのだが、結局のところ落ち着く先は同じっていうか、そんな感じ。
良い映画だとは思うんだけど・・

Mr.インクレディブル

Posted by GAMMARAY at 23:10 | Comments (2) | TrackBack

TechEd ラーニングデイが更新されました

来月8月に開催されるTechED2005 YOKOHAMA公式サイトのラーニングデイが更新されています。
今回から具体的なセッションタイトルと概要とスピーカーが公開されたようなんですが、アークウェイの森屋さんが「Visual Studio 2005 による SOA の実装」を担当されるそうで、こっちのセッションと重ならないなら是非とも受講したいなぁ。

ってか冷静に眺めてみるとラーニングデイって他にも面白そうなのが多いやん・・
・SOA の設計手法
・C# 2.0 and IDE Tips & Tricks Part I
・マイクロソフトが提案するこれからの IT 〜 Dynamic Systems Initiative 〜 とは?
・Debunking Security Myths (仮)
・Writing Secure Code (仮)
・Community Server を使ったビジネスブログサイト構築法
・Office System を使ったソリューション構築の実際
講師陣もMSの方々だけでなくMSMVP for SolutionArchitectsのsakaiさんとか結構魅力あるなぁ〜2日目以降の本セッションが割と次世代の環境についての話が多いけど、ラーニングデイは明日からでも活用できる系のセッションも色々とあるから、結構バラエティに富んでるかもなぁ〜だってDebunking Security Myths、Writing Secure CodeそれからまぁEntLibなんて本セッションじゃぁ絶対に出来ないだろうしね♪

あ、自分はINETA Japan所属になってる(^^)

Posted by GAMMARAY at 10:09 | Comments (7) | TrackBack

2005年07月09日

スターウォーズ EP轡譽咼紂

先のエントリはとにかく感情が深く入りすぎてレビューになっていないことから、純粋に自分がジェダイであることを押し殺してレビューをしてみる(^^;

とにかく冒頭からいきなりド派手な艦隊戦で幕を開けるのだが、このシリーズを通して初めてスペースオペラらしい大艦隊戦でとにかく映像は凄いとしか言いようがない。
それから新シリーズを観てて思ったのだが、今作はライトセーバーを使った殺陣のシーンが随分と"らしく"なったと思う。EP1ではダースモール(レイパーク)のアクロバットが1人目立ってたのだが、今作はヨーダやグリーバス将軍のようなCGキャラ以外のアナキン、オビワンらの殺陣シーンも見応え十分で最後のヨーダ vs 銀河皇帝(ダースシディアス)の戦いなんて、俺息してなかったかも(^^;
今作はとにかくアナキンがダークサイドに堕ちてから、徹底的に悲劇的な展開へと向かうのだが、そこからの評価が一般の人とファンとでは大きく変わるところかもしれない。
それから全てが終わった後の最後の展開がやや足早に行き過ぎた気がするが、これはロードオブザリングも同様で、諸々の制約はあったにせよ、もう少し次へ向けて丁寧な演出が欲しかった (以外に最後はあっけなくエンドロールを向かえるし)。
それでもとにかく自分にとっては圧倒的な映画だった、圧倒的という言葉には色々な意味が含まれているのだが、終わった後はまともに話せなかったくらいに。
シリーズの終焉は悲しくもあるが、今はただ終わったという空虚さで一杯だ・・

ちなみに今日の戦利品
・特大ポスター
・ポストカード10枚セット
・パンフレット
・スターウォーズ EP3ゲームソフト(PS2)

今度は東京国際フォーラムのスターウォーズ展にも行ってきま〜す(^^)

Posted by GAMMARAY at 22:46 | Comments (5) | TrackBack

スターウォーズ EP シスの復讐

スターウォーズ EP シスの復讐この作品については一般受けといものはもはやどうでも良いことであり、ILMの総力を結集した超絶に凄い映像も今作についてはもうただのオマケ程度の価値でしかない。
それほどに自分には、いやこのシリーズのファンにとっては強烈だった・・アナキンがダークサイドに落ちてからのジェダイやパドメが向かえる悲劇をまともに観ていられなかった・・この後偉大なジェダイマスターであるヨーダは何を思って辺境へ旅立ったのか、オビワンはこれ以降1人孤独に待ち続けることになる・・そしてアナキンとパドメが残した2つの希望、彼らが"選ばれし者"の予言を成就するとは、この時最後のジェダイとなった二人は予期していたのだろうか・・

壮大なスペースオペラがここに全て繋がった。

それは絶望の到来と新たな希望、そしてスターウォーズという伝説のはじまりである。

スターウォーズ EP3 シスの復讐

Posted by GAMMARAY at 22:28 | Comments (0) | TrackBack

2005年07月07日

雑多に色々書いてみる

いよいよスターウォーズ EP3が公開!そう言えば旧三部作がTV放送される時も学校で朝から秒単位でカウントダウンをやってたのを思い出す(^^; あれから10年以上がたったけど、ワクワク感はあの時と全く変わってないなぁ〜「そして伝説へ」

「EnterpriseLibrary概説」の第3回分を書いててやはり次回分でどのABを扱うかかなり迷いました。
正直今でも迷ってます・・ニーズが高いUpdaterAB、UI層フレームワーク的な規模を持つ.NET2.0対応のCompositeUIAB(UIPABの思想を受け継いだAB)なども扱ってみたいけど、やはりコアABを優先すべきだろうしなぁ・・う〜ん。

あとTech・EDのセッションも骨格が少しずつ固まりつつあるけど、まだまだこれから煮詰めていかないとな〜まずは徹底的に洗い出していかないと、そこから後は取捨選択ってところでしょうか。
自己紹介とかなんて書こうかなぁ(^^;

あと「Seasarのすなあそび」に参加するかもしれません。
国産のダイコンってだけでも興味がありますが、常駐先でなにかとHさんの話が出るので(^^;
とにりあえずはSeaser2をはじめダイコンがどれくらい盛り上がってるのかを肌で測ってこようかと。


も〜〜〜〜めっちゃスパムがウザイので、POPFileというスパムフィルターソフトを導入!
ベイズ理論とかいう凄そうな理論でどんどん勉強していくお利口さんらしいので、最初はまったくフィルタリングしてくれませんが、今後はどんどん覚えてフィルタしていくんでしょうねぇ〜頑張って育てよっと(^^; 打倒スパム!

ふ・・今年のペナントはもらったな。

Posted by GAMMARAY at 22:56 | Comments (0) | TrackBack

値切るが基本

昨日はtoyaっち、Overどん、幽霊の3人で新宿飲み in 大陸
この4人の内、1人は既に辞めてて後の二人も数ヶ月以内にモルドールを辞めることになっているのだが、出て行く理由はまぁ大体同じでも目指すところはそれぞれ違うようだ。
とまぁそれはともかく今回のtoyaっちから遅れて到着するや否や、個人で製作した自主アルバムを売りつけられたのだが、一枚当たり600円ってところをなんやかんやで値切って300円で購入。
そん時に「値切られたのは始めてだ〜」とかブツブツ言われたが、対人取引において値切るのは至極当然の行為である!黙って定価で買わされる方がお人よしなのだよ、社会とはそういうものである(^^; その代わりアルバムを宣伝してくれ〜と言われたので一応リンクを貼ってみる「Rock'in Cargo
ちなみに自分はまだ聴いてない!とにかく忙しいのどぅわぁ〜!
仕事と趣味を完全に分離してる人、仕事と趣味を融合させつつある人、なんか鬱な人、人ってそれぞれだねぇ。

Posted by GAMMARAY at 22:15 | Comments (6) | TrackBack

2005年07月05日

マイクロソフトがITアーキテクト認定試験を来春実施予定!

どうやら従来のMCP試験に新しく「Microsoft Certified Architect」というカテゴリーが新設されるそうです。

マイクロソフト、ITアーキテクト向けの技術認定試験を来春にも開始

しかも・・
面接と論述問題を採用する。加えて、マイクロソフト以外の製品や技術の知識も必要になる。具体的には、ITアーキテクトに欠かせないモデリングのスキルやアーキテクチャ策定の方法論に関する知識、実際のアーキテクチャ策定経験などを問う
とあるだけに、どうやら"本物"を問う試験になりそうだ。

本気で取り組みたいと思う試験がやっとMCPにも出てきたか・・正直他のMCPはもうどうでも良いレベルだな(^^;

Posted by GAMMARAY at 18:40 | Comments (4) | TrackBack

2005年07月03日

Enterprise Library 1.1が公開!

7月1日にEnterprise Library1.1が公開されました!

事務手続きに手間取ってるということでしたが、当初予告されていた6月内リリースをほぼ達成出来たようですね(^^;
今回の変更・拡張箇所で特筆すべきはConfigAB自体のパフォーマンス改善、1473、1475Patch適用、EntLibの.NET Framework2.0対応、それからData Access Application BlockにGetStoredProcCommandWrapperWithSourceColumnsメソッドの追加でしょうか。

GetStoredProcCommandWrapperWithSourceColumnsメソッドは第一引数にストアドプロシージャ名、第二引数にparamsでストアドのパラメータ名をそれぞれ文字列で渡してやると、戻り値としてDBCommandWrapperを返してくれるというユーティリティ的なメソッドのようで、

DBCommandWrapper dbCommandWrapper = db.GetStoredProcCommandWrapper("GetProductDetails");
dbCommandWrapper.AddInParameter("@ProductID", DbType.Int32, 1);
dbCommandWrapper.AddOutParameter("@ProductName", DbType.String, 50);
dbCommandWrapper.AddOutParameter("@UnitPrice", DbType.Currency, int.MaxValue);

と、いちいちパラメータを作っていたところが、

 DBCommandWrapper dbCommandWrapper = db.GetStoredProcCommandWrapperWithSourceColumns(
"GetProductDetails", 
"@ProductID", 
"@ProductName",  
"@UnitPrice");
で済むようになります。 これは確かに便利ですねぇ〜(^^) Enterprise Library 1.1
Posted by GAMMARAY at 20:48 | Comments (0) | TrackBack

TAXI NY

TAXI NY主役の運転手役にクイーン ラティファを使ったのは大正解だろう。
まさに「ビッグ・ブラックね〜さん」というべき彼女が時に軽妙に、コミカルに、そしてスピーディーに展開する様はとてもテンポが良い。
ハリウッドは今までもクールなカーアクション映画をいくつも作ってきた土壌があり、だからこそ今までイマイチぱっとしなかった同シリーズに最高のエッセンスが加わったんだろうね。
自分としてはシリーズ化希望。

TAXI NY

Posted by GAMMARAY at 18:49 | Comments (0) | TrackBack

宇宙戦争

宇宙戦争この作品は一体どこをターゲットにして作られたのだろう?ダコタ・ファニングはキャーキャーと耳障りに叫ぶだけ、トムはの役どころも正直どうしたいのか分からないし、"戦争"という言葉から想像するエイリアンvsアメリカ軍の派手な戦闘シーンも特になく、なんというか「人類最後の戦争」と銘打つ割りにスケールが小さい。
ゆえに人類最後という悲壮感がまるで伝わってこなかったのがとても残念だ。
ロストワールドでも思ったが、スピルバーグ監督は超大作になればなるほどどうもコンパクトに収めようとする帰来があるように思う・・これはエメリッヒ監督が「ID4」「ゴジラ」で徹底的にスケールに拘ったのとは対照的だ。
ピーター・ジャクソン、ローランド・エメリッヒ、マイケル・ベイそしてジョージ・ルーカス。
超大作をそのスケールを損なうことなく描ける監督はそう多くはない。

宇宙戦争

Posted by GAMMARAY at 18:39 | Comments (0) | TrackBack

2005年07月01日

Enterprise Library1.1のリリースが秒読み

既に開発、テストそれからインストーラまで出来上がってるようで、後はあちらの社内での諸々の手続きだけだということみたいです。
まぁSourceforgeとかにあがってるオープンソースであれば、手続きでもたつくなんてことはないんでしょうが、さすがに企業ですからね。まぁこれもマイクロソフトが推進するオープンソースであるが故ですな(^^;
恐らく明日には晴れてリリースとなるのではないでしょうか。

Posted by GAMMARAY at 13:56 | Comments (0) | TrackBack