TOP
PROFILE
MUSIC TUNE
BBS
LINK

2008年11月30日

あまりに痛い・・

今日は大崎で一般大会に参加。
この大会は全10チームを2つのリーグに分けて開催されるため、そこそこの規模多の大会だったりする。ただ来週土曜に社内最大のイベントであるプロジェクト対抗戦が開催されることもあり、今回は勝ち負けよりも交代要員がこのレベルでもやれるかどうかの判断をすることが主目的。なので勝ち負けはどうでも良かったのだが、主力とサブメンバーではやはりレベルに大きな開きがあるものの、他の主力メンバーが絶好調だったこともあり当初は3連勝という順調な出足。この内の1チームが来週の対抗戦にも参加してくるAのチームで、しかもよく練習試合をやっているチームだったので面白かった。

んで悪夢の4試合目・・何が悪夢かっつうと、まぁ主力メンバーが一人負傷しちゃいました・・しかもあまりにも痛みが激しいということで、もう決勝トーナメントは辞退して品川の病院に向かったところ、結果は最悪の骨折・・。

な〜ん〜で〜や〜ね〜〜〜〜〜んorz

会社としても痛いが、チームではこれ以上の経験者メンバーがいないのでもっと痛い。来週の対抗戦も終戦という感じになってしまった・・1年やってきて最後の最後でアクシデントとは、ほんと呪われとるなぁ・・。まぁ参加することに意義があるってことで、当日は乗り切るしかないな。

Posted by GAMMARAY at 19:40 | Comments (0) | TrackBack

2008年11月24日

XBOX Liveが変わったぞ

チョイ前になんか更新がかかってXbox Liveの画面というか全体のUIが大きく変わったではないか!しかもアバターとかも作れて前回よりもずいぶんとエンターティンメント色が増して好印象だ(^^)ここに映画とか書籍とか色んなエンタメ情報を配信できるようになってくると、もともとインフラはしっかりしているだけにとてもおもろいことになっていくんだろうなぁとか思うが、日本でのシェア的にそこまではやらないかもね。

んで土曜は恒例のアジト詣でなのだが、結局鍋や焼き肉を食べに行くでもなく、アジトでまったりと過ごした。年末だクリスマスだっという俗社会とは隔離された世界がアジトなのであるw

Posted by GAMMARAY at 11:10 | Comments (0) | TrackBack

2008年11月22日

第3の要件

顧客の要求を機能要件と非機能要件に分けて分析していくのは周知の話であるが、実はそれなりの規模・期間のシステムになってくると第3の要件、つまり「将来要件」も十分に考慮する必要が出てくる。この将来要件という言葉はあまり一般的ではないかもしれないが、要は将来的に当該システムに影響を及ぼす要因についても要件として分析しておくということである。個人的には技術的な将来要件もそうだが、やはりビジネス上の将来要件がより重要と思っていて、RFPに記載されていないものは全てスコープ外と言って切り捨てるというのではなく、現場のエンジニアと言えどもこれら将来的に予測されるビジネス上の変化要因を鋭く察知して提案していくことが重要なのである。
SEといってもただ顧客の話をまとめていくだけの御用聞きSEではなくて、積極的に提案できるところは提案してく提案型SEってのが理想系なんだろうね。

Posted by GAMMARAY at 02:01 | Comments (0) | TrackBack

2008年11月18日

大規模かぁ・・

お客さんにも積極的に参加してもらってようやく基盤部隊が軌道に乗り始めてきた。こっちももうQ&A対応だけとか言ってられないのでまずは会社の壁を越えた結束こそが大事という方針でやってきたことが徐々に効果が出てきた感じ。とまぁこれは良いんやけど、色々と見えてきた今もう一度真っ向からシステムに向き合ってみるとさすがにこの規模になると一筋縄ではいかんなぁとつくづく思う。よく書籍などで全体最適やらEAやらってところを読むが、いざその場に立ってみるとあまりに多くの利害というか立場というか政治が絡んでくる・・ほんと理論だけうまくいくほど甘くないわってことね。やっぱり最後は人間系をフル動員してあたるしかなく、ここからが本当の勝負って気がする。

Posted by GAMMARAY at 22:19 | Comments (0) | TrackBack

2008年11月17日

ちょっと期待外れやなぁ

Amazonから届いた「System Centerファミリ リファレンスマニュアル」ですが、今のプロジェクトに直結する領域なので期待して読んでみたが・・ちょっとバイブルというにはお粗末というかなんというか。だって内容のほとんどがインストール手順(逆にこれは詳しいので便利)で、実際の内容がとっても薄い。せめてSQL ServerやMOSSのオフィシャルマニュアルくらいの内容にしてほしかったわ。この程度ならMSDNをちょっと当たればすぐ手に入る情報なんだよね。やっぱりコアなところはTechNetマガジンが一番のソースですな。

Posted by GAMMARAY at 21:51 | Comments (0) | TrackBack

2008年11月16日

マゴリアムおじさんの魔法のおもちゃ屋

なんとなく「チャーリーとチョコレート工場」のような感じなのかと思って観ていたが、メルヘン的なファンタジーってことでは同じだが、こっちはちょっと物足りない感じ。いまいちスティン・ホフマンがなんだったのか分からず、いつのまにかナタリー・ポートマンが魔法に開花?みたいな内容で、結局なんがフワフワしてたなぁ〜って感想しか残らなかった。

マゴリアムおじさんの魔法のおもちゃ屋

Posted by GAMMARAY at 22:27 | Comments (0) | TrackBack

フィクサー

かなり重厚な社会派作品で、扱うテーマもそれを演じるジョージ・クルーニーもとにかく重い。原作がマイケル・クレイトンではるが、スティーブン・ソダーバーグ監督がより一層重厚さを加えた感じも受けた。それにしてもクルーニーって役者は演じ方次第でがらっと雰囲気が変わるからさすがだ。

フィクサー

Posted by GAMMARAY at 22:21 | Comments (0) | TrackBack

ウォンテッド

ひさしぶりにカッコいいジョリー姉さんを観た。銃の弾道がありえない曲線で曲がったり、相手の銃を撃ち落としたりと無茶なアクションを実にクールにきめてくる。特にラストでジョリー姉さんとマカヴォイが対峙するシーンは見応え充分で、意外なヒット作といった感じ。

ウォンテッド

Posted by GAMMARAY at 22:15 | Comments (0) | TrackBack

レッドクリフ

観る前は中国お得意のワイヤーアクションを持ち込むんじゃないかと危惧していたけど、作品の中ではほとんど使われることはなく、派手な殺陣のシーンが多かったのは好印象。結果としてかなり迫力のある戦闘シーンが再現され、中村獅童もやっぱりこういう役をやると絵になる。内容としては三国志演技ばりに故孔明の神掛かり的な振る舞いは特になく、それ以上にトニーレオンの周喩がとにかくカッコ良かった。自分は三国志の中でも呉国派なので、これだけでポイントアップだw
最後にPart2の予告編が流れるようだが、ただの海上戦だけでなくかなり脚色して描かれるようなので、とても楽しみである。

レッドクリフ

Posted by GAMMARAY at 10:26 | Comments (2) | TrackBack

まぁ悪くない結果かな

昨日は調布で某会社チーム主催大会に参加。
これで3回目の参加ではあるが、12月のグループ対抗戦に向けての前哨戦的な位置づけなので、現在のチームの状況を見る上でも重要な大会なのである。結果としては予選リーグとトーナメントで2勝2敗2分だった。交代要員が1人だけという中で結果として優勝チームと準優勝チームが入っていた予選リーグで1勝1敗2分で行けており、特に前列と後列の間隔を上げずに効果的なプレスがかけられているシーンも多くあり、なかなかの結果だったと思う。3週間後の対抗戦も最後は体力勝負になってくるが、チームとしてもかなりこなれてきた気がして、少しは期待ができそうだ。

Posted by GAMMARAY at 10:16 | Comments (0) | TrackBack

2008年11月08日

S+S=チャンスかも?

昨日は定期MTGで本社へ帰ったんやけど、それが終わってからアメリカのPDCに参加していたafukuiさんから色々と最新テクノロジーについて教えてもらった。まずはM言語やけど、当初話を聞いてた時はyaccなどで構文解析をやったことを思い出したりしたけど、この手の技術が出てくる場合、MSは必ずその先のさらに先までのビジョンを描いて出してくるわけで、結局はライセンスビジネスと考えるとこれがどうMSさんのビジネスに影響していくのか?ってところを、帰りによっしーとカレー麺を食べながらちょっと話したのが面白かった。ただDSL自体がまだまだ定着していない状況にあってMSRの研究対象とかのレベルではなくて、もう次期VisualStudioに搭載されてくるってところがまぁMSの本気度を感じるというか。

あれそれからWeb版OfficeはやっぱりSilverlightベースということで、現在使っているGoogleよりもリッチなGUIを表現できそうやね。やっぱりこっちに乗りかえるかな、コンバータがあると良いけど。っていうかSilverlightってブラウザの外に出てくるらしいね。これはこれで良いことだと思うが、WPFはやっぱり消えるのか?まぁどう見ても今後使われるイメージがわかないからなぁ〜最後は客に訴求できなきゃ意味ないよ。

ただそれ以上に以前からなんかよくわからなかったのがクラウドなりSaaSなりS+Sってつまりどういうこと?ってこと。ただMSが描くS+Sのイメージはわかりやすくて、つまりアプリケーションのホストサービスって考えるとわかりやすい。わかりやすいだけじゃなくて、アバのようなカスタムでアプリを作ることがメインフィールドの企業にとっては、MSさんが描く「あなた方は今まで通りのやり方でアプリを作ってください。作った後はすべて我々が引き受けましょう、だからアプリという最も価値ある領域に注力してください」というイメージはSIerにとっては良いアピールになるだろうと思った。afukuiさんによると果てはインフラ構成などをモデリングしてアップロードすればそのとおりの構成でホストしてくる世界をMSさんは目指しているようだという話も面白かった。まぁSLを握るところの話は今後もずっと付いて回るだろうけど、サーバ統合は時代のトレンドだし、ある程度国内DCと提携すればいろいろとビジネスが出てきそうやね。もう少し早く出てくれていれば、今のプロジェクトでも運用・保守の負荷が相当高いため、ある領域なら提案できたかもしれないと思ったりもした。

いやはやなんか雲が少しずつ見えてきて、新しい何かがちょこっと見えてきた気がして楽しかったひとときでした(^^)

Posted by GAMMARAY at 10:57 | Comments (1) | TrackBack

2008年11月06日

他人事じゃねぇなぁ・・

JCBの新基幹システムが障害発生で止まったみたいね。
JCB、基幹系にも障害が発生、キャッシングが不能に
いや、ほんとこちらも基幹系システムのマイグレーションだからなぁ〜規模の違いはあれどマジで明日はわが身にならないようにしっかりやらないと。にしても与信にまで影響が及んだとなると現場は大混乱だろうなぁ・・。

Posted by GAMMARAY at 21:25 | Comments (4) | TrackBack

2008年11月05日

GTA犬すごい

色々と物議をかもしているグランド・セフト・オートシリーズの最新作ですが、こりゃ凄いですわ。ただ自由度が高いだけでなく、とにかく細部までこだわった作りになっていて、実際のNYの中心街をイメージして作られたらしいリバティーシティの中心街は圧巻の豪華さ&細かさ!しかも「こりゃさすがに18禁だろ」ってやばいノリだらけで、普通に人は轢き殺すわ、映画「HEAT」ばりの銀行強盗で警官やSWATは殺しまくるわでもうむちゃくちゃ。しかも最初は良心もあってか車の運転でなるべく人やほかの車に接触しないように注意したり、警官などは撃たないよう注意するものの、いつの間にか慣れてしまって邪魔なものはすべて殺る!みたいに状態になっている自分が怖かったりw
とにかくこのゲームは80億円近くの開発費をかけたそうやけど、日本のゲームがアニメの延長のようなありきたりの内容でただ一本道を進んでいくだけという単調なものばかりになってきている状況にあって、海外のゲームは自由な中にも細部に徹底的にこだわるというゲーム作りの真骨頂をみた感じです。

それにしてももうゲームの分野でも日本は海外には勝てなくなってきたのだろうか・・ITは壊滅状態なのでせめてエンタメの分野ではと思ってたけど。

Posted by GAMMARAY at 23:39 | Comments (0) | TrackBack

2008年11月01日

色々と出てきますが

PDCで雲型Windowsやら、雲型Officeやら色々と発表されたそうですね。他にもオスロだのVS2010だの、おいおいちょっと待てよって感じ。ちょっと前はソフト工場だのなんだのと騒いでいたと思ったら、今後は雲だってよ。ほんと一部の尖がった人たちを喜ばせるキーワードベースでは次から次へと出てくるよな、現場もお客さんもこんなのにかまってる暇あんのかねぇ、まぁその気があるのかどうかも不明だけど。まぁなんにせよとにかくシンプルで簡単に組めることを一番に考えとくれ、あまりパスワードに踊らされないようにってことで(^^;

そういえば最近技術書以外で読んでる本は、「マイクロソフト ビル・ゲイツ不在の次の10年」。
GoogleやらAmazonやらの未来を語る本は最近よく見かけるけど、MSは珍しいってことで買ってみた。人物紹介などは読んでても退屈なところもあるけど、筆者が考えるMSの未来像や現実の問題ってところは面白い。ただ上の雲対応も含めて迷走してるんだなってところもよく伝わってきて、なかなか興味深い一冊でしたわ。

Posted by GAMMARAY at 10:50 | Comments (1) | TrackBack

パラレルSCSIはNGかよ

Hyper-Vで仮想化されたVM同士をWSFC構成にすべく検証をしようと思ったら、共有ディスクにパラレルSCSIはNGってことでSANがiSCSIが必須ってことらしい。う〜ん、本番環境ならまぁSANも使うだろうけど、ちょっとした検証環境でSANなんて使うかっつぅの。ってことでどこぞの端末にiSCSIターゲットを入れてやれば動くんだろうと推測したが、次にServer Coreの場合にどうやってやるんだ?ってところで日本語ソースはほとんどない・・。面倒だから全部GUI付の方で組んじゃうかな。

あ、そうそうEntLib4.1がリリースされたようです。自分はもうこの辺触ってる余裕がなく、EntLib4.1よりも今日から正規リリースされるらしいVMM2008とSCOM2007の連携の方が最優先ですわ。ってことで4.1は会社の誰かに後で教えてもらおっとw

Posted by GAMMARAY at 10:30 | Comments (0) | TrackBack