TOP
PROFILE
MUSIC TUNE
BBS
LINK

2008年03月31日

眠い〜

さて本日深夜2時から開始されたサービス移行ですが、AM6時をもって全て無事完了しました。
つっても途中でSSISのタスクでエラーが出たのでドキッとしたけど、単純なケアレスミスでした。移行当日までに3回ほどリハーサルをしておいたこともあり、割と冷静に対応できたため事なきを得る(^^;

後続部隊が来るまでは待機なので、正直眠いけどまだ帰れず・・ドキュメントでも書いてようかと思ったけど、なかなか手につかないねぇ〜この時間だとさ。
さて後続が来て、朝飯を食べたらさっさと帰って寝るとしよ〜。

Posted by GAMMARAY at 07:07 | Comments (0) | TrackBack

休日深夜出社

実は今(AM1:00)職場に来ています。
休日のしかも深夜に出社しなければならないくらいのかなりヤバイ障害が!
ってことではなく、明日のカットオーバーに合わせてサービス移行を深夜にやるっていう計画的な深夜出勤なんですわ。
開始は2時からなので、待っている間ちょっと眠くなったりもするが、まぁなんとか無事に終わらせて、移行チームの連中と朝飯を食べて帰れるようにしよう(^^)
にしてもこんな夜中まで仕事するのってかなり久しぶりですなぁ〜、たぶん相当火を噴いてるようなPだと、当たり前なのかもしれないが・・。

Posted by GAMMARAY at 01:10 | Comments (0) | TrackBack

2008年03月29日

良いチームだわ

昨日は現Pのメンバーらで久し振りの夜フットサル。
3末から段階的にメンバーが抜けていくこともあり送別会的なサルでもあったんやけど、我らメタボFCは妙に高いテンションで騒いでいて、終始楽しいひと時だった(^^)
ちょうど同日の夕方くらいにPMと電車に乗ってた時に「PMやリーダってのは如何にメンバーが楽しく仕事ができるような場を作れるかってことがほんと大事なんだよねぇ」という話を二人でしたんやけど、ほんと現Pは良いチームだと思う。
妙な一体感はあるし、仕事もサルもやる時はやる!んでも言いたいことはお互いにはっきりと言い合うということがちゃんと出来ているとこがこのチームの良いとこだし、これが3Kといわれるこの業界にあって、現Pがスムーズにやってこれた理由だろう。

余談だが現Pの若手はランチを自分たちらで食べているのだが、結局最後のランチの誘いも、送別フットサルへの誘いもすべて断っていた・・新人の内は先輩に可愛がられるのもひとつの仕事だし、こういった場でコミュニケーションを太くすることも重要であるわけだが、最近の子はこんなもんなのだろうか・・まぁやや特別な感じもするが(^^;

Posted by GAMMARAY at 15:41 | Comments (0) | TrackBack

2008年03月26日

ここでも使われているEntLib

今日借りた日経ソフトウェアをパラパラと見ていたら、NTTデータがオープン化しているTERASOLUNAフレームワークの事が書かれており、構成概念図の中にさり気なくEnterprise Libraryが含まれているのに気づいた。
詳細は分からないがJava版ではSpring、Struts、iBatisなどいくつものオープンなフレームワークを取り込んでいるようなので、.NET版では最も現実的なEntLibを据えたということなんでしょうね。
弊社のACA以外では公の場で初めてみた拡張フレームワークのようです (まぁEntLib拡張か、ABをそのまま取り込んで使っている程度かは不明ですが)。
夏にはオープン化して.NET版を公開されるそうなので、一度中を見せて頂こう。

Posted by GAMMARAY at 00:52 | Comments (0) | TrackBack

2008年03月25日

久し振りの飲み

前の日曜に社会人大学の友人らと久しぶりの飲み。
みんな変わりはないようでまずは何より、色々と他愛のない話もあったが、他にも結構志ある話ができたので備忘録代わりに議事を残しておこう。

・欧米押し付け型ではなく、日本人の、日本人による、日本人のためのアジャイル方法論が必要ではないか?
・アジャイルをゼロベースで見直すという観点も必要ではないか?
・テストファーストひとつにしてもやれる事や、やれない事を明確化すべし、今はそこが曖昧になっているため、現場が混乱している
・画面定義書、システム振る舞い定義書、ER図、テーブル定義書があればアプリは作れる、これのどこにOOが入る余地があるのか?
・ウォータフォール再考も大事、目指すべきは実はウォータフォール2.0ではないか?
・アジャイルで著名な企業も実際はまったく現場でやれていない、この現実をどう受け止めるべきか?

などなど、討論会のネタにしたい話ばっかりだわ(^^;まぁ反論も多いことは百も承知ですが、この手の話って自分と同じくらいの世代で、ちょうど現場でバリバリやってるあたりの連中からはよく聞く話なのよねぇ〜だからこそもう上っ面の話はもうお腹いっぱいって感じ。

まぁこういったことを本音ベースで話せる数少ない場でもあるので、また飲みまひょ〜

Posted by GAMMARAY at 01:10 | Comments (3) | TrackBack

2008年03月19日

何をもって成功?

今しがた某書を読んでいて、その中で事例として出てきたんやけど、残業と徹夜続きだが、そういった困難な状況を乗り切って、なんとか予定通りにカットオーバーしたということを誇らしげに語っているというシチュエーション。
まぁこの手の武勇伝は良く聞く話ではあるが、これって本当に誇らしく成功と言えるプロジェクトなのだろうか?まぁシステムは誰のものかってところで最終的にお客さんが喜んでくれれば確かに成功ということになるのだろうが、その裏で開発者は悲惨な目にあっているわけで、まぁ往々にして形だけのマネジメントやら頭の見積もりの甘さ、誇大妄想な上流検討やらがこういった事態を招いていることが多いわけやけど、こんなとんでもプロジェクトでも最後の結果だけをもって成功と言ってしまうと、こういった本当の闇の部分まで美化されてしまうようで怖い気もする。

あ、これほんとに某書を読んで思ったことを書いただけで、他意はないっすよ (^^;

Posted by GAMMARAY at 00:35 | Comments (2) | TrackBack

Entlib4.0でね〜な

ロードマップでは3/15って書いてあったのに未だリリースされていない模様・・前の土日は何気に家でスタンバっていたんですが(--)
ドキュメント整理あたりが遅れているのか、何かリリースを遅らすような問題が発覚したのか、ただマンパワー的に遅れているのかまったく不明なんやけど、とりあえずCTP以下のβレベルでも良いので、モノを見たいんですけね〜 > PAGさん

Posted by GAMMARAY at 00:25 | Comments (0) | TrackBack

2008年03月18日

本音で勝負

昨日会社の何人かに社内討論会の開催についての呼びかけを行ってみた。
結構長文な内容で動機、狙いなどを書いてみたんやけど、要はおもしろい連中がいるんだから、なんか面白いことをやって、面白い会社にしようやってことなわけだ。
このメールに対して色々と反応が返ってきていて、どこかで取りまとめるわけやけど、ただここでひとつやりたいのは本音で話ができるような討論がやりたい!ってこと。
(でなければ討論会を開催する気はない)

よくIT系カンファレンスやらで、パネルディスカッションなどを見かけるけど、ぶっちゃけどのパネラーも教科書通りの100点満点的なことを言って終わるケースが多いのよねぇ。
俺に言わせれば「これて○×の本に書いてるよねぇ〜」とか「あぁ〜これ△■の雑誌で誰かが言ってた話と同じやん」ってところが露骨に分かっちゃうんだわ、まぁ自分も色々と読んでるからさ(^^;
まぁみんなが見てる場であまりに突飛なことをいえないって事情も分けるけどさ、世の中そんな綺麗事ばかりじゃないでしょって。

大学時代に誰かの講演で「教授たちは学会で建前を語り、講義で本音を語る」なんてことを言っていた方がいたが、ようするにそんな感じ。

さてこの企画、どうなりますか(^^;

Posted by GAMMARAY at 22:15 | Comments (0) | TrackBack

女帝

チャンツィイーはやっぱりこういう宮廷ものの役が良く似合う。
小悪魔的な表情を浮かべたかと思うと、次の瞬間には冷酷な顔になったりするので、もう権力闘争とか、女の闘いとか普通にこなしちゃうし、最後はどんな手を使ってでも絶対に勝つ!みたいな。
セットや衣装なども豪華なので見ごたえありな内容です。

女帝

Posted by GAMMARAY at 22:01 | Comments (0) | TrackBack

ファンタスティックフォー 銀河の危機

なんとなく作品の評判が悪かった気がするが、観てみると案外普通のアメコミでそれなりに面白かった。
まぁジェシカアルバはセクシーなので良いとしても、どうも他の主人公役の俳優が弱い気がするが、まあ4人でひとつってことで良いのだろう。

ファンタスティックフォー 銀河の危機

Posted by GAMMARAY at 21:57 | Comments (0) | TrackBack

2008年03月14日

ホワイトデー狂想曲

現Pの紅一点であるKちゃんが、ヴァレンタインの時にリボンのついた大きな箱一杯に駄菓子をつめて持ってきてくれたんやけど、そろそろホワイトデーが近づいてきたってことで、Kちゃんに気づかれないように男どもで何をお返しするかをこっそりと話していたり。
事前リサーチにより、どうやらリラックマや映画、紅茶がが好きということは知っていたので、自分なんかはホラー映画ベスト5を送ったらどうかと提案したが、軽く無視され結局独身で若い二人にゆだねることになった。
んでKちゃんの同期である寡黙なH君が買ってきたのが、コージーコナーのお菓子・・、んでサッカー野郎のKっちが買ってきたのが、金子達仁の「敗因と」と「蹴音」の2冊の本・・。
Kちゃんは良い子なので、素直に喜んでいたように見えたがなんとも微妙だ・・そもそもコージーコーナーって、あれだけ高級なお菓子の店をみんな教えてくれちゃっちゅうのにorz

やっぱり俺がホラー映画ベスト5を買ってあげるべきだったか・・。

Posted by GAMMARAY at 23:32 | Comments (4) | TrackBack

データセンタに行く

今日は夕方くらいから某所にあるデータセンタに行って来た。
現Pで開発しているアプリはDC上に置いてあるため、全ての作業はリモートで行っていることから、実際のサーバーを見るのはこれがはじめてなのだが、まぁこのデータセンタっちゅうところはどこも似たようなもので、寒い、うるさい、よどんだ空気と1時間も入ればうんざりしてくるんだよね。
ほんとここは堅気が働く場所じゃね〜よなぁ〜と昔からネタで行っていたが・・これに比べれは現在開発をやってるマンションの一室は天国に近いわ(^^;

Posted by GAMMARAY at 01:21 | Comments (0) | TrackBack

2008年03月10日

アプリvs.インフラ

この記事を読んでいてつくづくそうなんだよねぇ〜と思う。
アプリvs.インフラ,担当者はなぜ分かり合えない?
現在Pでは自分がアプリとインフラの調整役をやっているわけやけど、この手の調整をやっていて特に思うのがどうもお互いに牽制しあって、とにかく相手のことはウチには関係ないという方向に持っていこうとする傾向がある。

(1)お互いがインフラ(アプリ)のことを知らない
(2)プロジェクトの成功よりも自分の組織の成功を最優先に考える
(3)「相手が決めてくれないと自分の作業が進まない」という理屈が横行する

これ、ほんとリアルですわ(^^;
ほんと、お互いが相手の立場をほんの少し考えるだけで大きく状況が変わってくるもんだと思うんやけど、どうもそれが難しいようで・・まぁだからこそ調整役がいるわけではあるが、なかなか板ばさみなのよねぇ〜。

Posted by GAMMARAY at 23:54 | Comments (0) | TrackBack

2008年03月09日

2008祭り

さてやるかってことでASIAN KUNG-FU GENERATIONの新譜「ワールドワイドワールド」を聞きながら、自宅PCにWindows Server2008で仮想環境を構築し、SQLServer 2005を入れて、最後にTeam Foundation Server 2008をインストール。前回のTFSと比べるとWSS3.0をインストールした後に2つコマンドを打ち込むところさえ忘れなければ、後はデフォルトのインストールで大概出来てしまうところが良い感じ。なにせ前回は自宅環境に構築するのに3回ほどやり直した気がするし(^^;
しかもTFS2008用に既にPowerToolsが出ているようなので、これも後で入れておくかな。
Visual Studio Team System 2008 Team Foundation Server Power Tools
しかもVSTS2008からはDB Professionalもデフォルト入っているので、楽ですな。

これでPC上のVSTS 2008上で開発している某アンティークサイトをソース管理してしまえば、まぁいっぱしの環境(下手したらそこらの業務開発環境よりもリッチかもね)が揃うわけだ。

SQLServerも2008がやってくるし、いよいよ2008時代の到来ですな♪

Posted by GAMMARAY at 13:41 | Comments (0) | TrackBack

2008年03月05日

捻挫気味でもサル

ってことで大崎でフットサル。
以前やった調布の大会で捻挫して以来、まだちゃんと回復していない中でやってみたところ、ちょっと走っただけでやっぱりまた痛くなってほとんど動けなかった・・まぁおかげであまり体力を使わなかったけど、あちらのチームの女性メンバーの人から「今回はキレがないなぁ」とか言われていたらしい・・。
今度こそはリベンジしてやる!

Posted by GAMMARAY at 23:49 | Comments (0) | TrackBack

2008年03月01日

祭りじゃ祭り

ってことで今日は社内の勉強会 in LINQでした(^^)
しばらく開催されていなかったけど、やっぱり社内だとなんでも発言できるから良いですね〜幸い以前タッチダウンを受講していたので、比較的内容も分かったしね。
ただC#1.0の時代には「メモリ管理から開放された万歳」という明確なメリットと、後はC++のスモールセットみたいな感じで誰もが容易に書けたものが、C#2.0でジェネリックやら匿名デリゲートやらが入って多少敷居があがり、C#3.0になって確かに面白くもあり惹かれるところはあるが、やや混沌としてきたような気がする。
これがOOの厳格さ万歳の時代から、じょじょに構造化且つ動的というところへ向かっている過渡期特有の難しさ(周囲の理解やら)ということなのだろうか。

明確なメリットと使いどころってところを示さないことには、3.0の機能なんて規約の名の下に現場では完全に閉め出されてしまうだろう。これはなんとももったいないことなので、こういう勉強会でもっと色々と議論してみることが大事なんだよね。

Posted by GAMMARAY at 01:36 | Comments (0) | TrackBack